オランの日常 ソードワールド日常掲示板
このフォームからは投稿できません。
name
e-mail
url
subject
comment

[記事リスト] [新着記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

記事No : 12122
タイトル Mental imagery(秋 四つ葉砦)
投稿日: 2018/11/08(Thu) 12:36:20
投稿者アース

オラン北郊外─。

エストン山脈を源流とするハザード川は、蛇行を繰り返して南へと進み、
その内側は、堆積した砂地となっている。

走り込みを行えば、より足腰を鍛えることができ、
堅い石畳のように関節を痛めることもない。 鍛錬には最適の場所だ。


「ハッ、ハッ、ハッ・・・!」

日課の走り込みを終えて、肩に担いだ砂袋を地面へと落とす。


「ふぅ、動くとまだまだ暑いな。
 これなら、干しておいた装備もそろそろ乾いた頃かな。」

午前中の鍛錬に一区切りつけ、川辺の林に建つ小屋へ向かう。

小屋の名は、四つ葉砦─。
数年前、四人の冒険者によって建てられた樹上の家だ。



    *    *    *



縄梯子を登り、枝にかけておいたグラブとブーツに手をあててみると、
このところ続く秋の陽気に、もうすっかりと乾いている。

品質保持の魔力なのか、海中から持ち帰ったとは思えないほど状態はよく、
これなら塩抜きも不要だったかもしれない。

「どうも魔法の武具には慣れないな。」


扱いに慣れていないこともそうだが、
自身の身体で戦う戦士としては、魔法の武具に頼ることへも若干の抵抗がある。
その力に依存して、戦士としての本分を見失いたくない。

「特に、このブーツには気をつけたいところだ。」




「まぁ、でも使い方ひとつか。」

左手にオープンフィンガーの革手袋をはめる。

パリー・グラブ─。

携行性に目が行くが、このグラブの利点は、敵の攻撃を前で捌けるところにある。
攻撃を受け止めなくていい分、より攻撃的に守ることができ、
当然、斬り返しも速くなる。

「実体のある盾じゃ、こんな取り回し方はできないからな。」




「蛮剣は質感が変わったな。材質が硬化したみたいだ。」

試しに薪を地面にたて、軽く剣を振り下ろすと、
殆ど抵抗を感じることなく、薪はスッと二つに割れて倒れた。

「あとは自分しだいだな。」




これだけの報酬を受け取ってしまったが、先の戦いは酷い内容だった。
特に、あの砂竜との戦い。

敵の巨体に惑わされ、戦闘において最も重要な距離感を狂わされてしまった。
なにしろ、相手は身体を少し捻るだけで、間合いが自在に変化するのだ。

「人型の魔物なら、相手の動きも予測がつくんだけどな。」



そこへいくと、デュドネの戦い方は見事だった。
あの鋭い突撃─。 あれだけ思い切り飛び込めば、間合いや距離感は関係ない。

よほど繰り返したのだろう、あの戦い方を、完全に自分ものにしていた。

「腕の立つ仲間と組むと得るものが多いな。」



とはいえ、自分に同じ戦い方ができるわけではない。

人型でない魔物に苦戦するのであれば、
経験を積んで、対応できるようになっていくしかないだろう。

「さぁ、稽古を再開するか。

 砂竜のイメージは、しっかり頭に残っている。
 繰り返し戦っておこう!」



PLより───────────────────────────────


ひとまず冒険者レベルを上げて、打たれ弱さを補強。

数年の空白期間があるので、新しい技能を覚えるなら今がチャンスだけど、
プリーストはキャラじゃないし、シャーマンはサルと被る…。

この先は、セージとレンジャーを上げていくか。


- 関連一覧ツリー (▼ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
subject 入力禁止
Title 入力禁止
Theme 入力禁止
タイトル
URL 入力禁止
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
削除キー (英数字で8文字以内)
  プレビュー

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 削除キー