オランの日常 ソードワールド日常掲示板
このフォームからは投稿できません。
name
e-mail
url
subject
comment

[記事リスト] [新着記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

記事No : 12116
タイトル 君肥ゆる秋
投稿日: 2018/10/19(Fri) 22:40:25
投稿者ペチカ

いらしました。

どかんバタンとお席につき、ため息をついては力んだかと思えば。

>「魔法のフレイルも、魔法の鎧も、魔法のラージシールドも、
>全く見つからないとは!?」

「くすくす」

>「ああ、ラーダよ!」

弱みを見せたがらないこのおかた、
知神はわたしよりもよくご存知でいらっしゃるはず。
ねぇ?

>「ふう、旨い。最近精神的な疲れが溜まっていてね。もう一杯貰えるかな?」

もちろんでございますわ――――

>「そうだな。せっかくパダからの凱旋祝いだ!パーッとやろう。
>ささみの蒸し焼き五人前と、ゆで野菜の盛り合わせ三人前、
>ベーコントマトペンネ大盛りで、後はミルクをジョッキで貰おうか。」

ふふふ、くすくすくす

「ふふ、あはははっ!
 そんなにお召し上がりになるの?サー・ハウリー。
 ふくくく」

「でも・・・ご安心を」

こんな事もあろうかと!

「すでにご用意しておきました!
 鶏の蒸し焼きをまるごと!根菜を詰めております。
 ゆで野菜をたんまり、ペンネはベーコントマト」

で。

「しぼりたてミルク、いまお注ぎしますね」

注いで。

「お隣、よろしいですか」

わたしだって、どかんと座っちゃいます!隣ですよ。
その「誰だっけ」みたいな表情していてもいいですよ、わたし構いません。

ペンネとゆで野菜をフォークにぐさぐさ刺してわたしも食べます。
おいひいなあ。んむしゃむしゃ。

「はうりーはま」

わたしいいこと思いつきました。

「ペチカをぎゅっとしてください」

そうしたらもっとホッとするはずです。


☆∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴.☆
PLより

玉はど真ん中に投げます。

いいこと考えました。
これ、夢オチにしませんか。

【 投稿者修正】


- 関連一覧ツリー (▼ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
subject 入力禁止
Title 入力禁止
Theme 入力禁止
タイトル
URL 入力禁止
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
削除キー (英数字で8文字以内)
  プレビュー

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 削除キー