オランの日常 ソードワールド日常掲示板
このフォームからは投稿できません。
name
e-mail
url
subject
comment

[記事リスト] [新着記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

記事No : 12109
タイトル 飲む口実
投稿日: 2018/09/10(Mon) 01:20:29
投稿者ゾエ・プロトプサルテ
参照先http://bbs.swordworldweb.net/pc-list/read.cgi?no=575


ここには何ヵ月ぶりに来たかしら。
…まあ、そんなことはどうでもいいわね。
肝の臓が、頗る元気に「酒精が足りない」と宣ってるものだから。
今日は休日だし、今までカンヅメだった分を取り返すくらいは飲んでおこうかと。


「マスター、ニシンのマリネにチーズと黒パン、あとは…とりあえずエールを3杯」

うん、日常のお粥生活と比べればちょっとした贅沢。
玉葱も鰊もはっきり言って好きではないんだけど、何だかんだで食べちゃうのよね。なんでかしらね。
本当に久しぶりのミノ亭、相変わらずのようでほっとするわね…
チーズと鰊を肴に2杯のエールを平らげて、3杯目のゴブレットに手をかけたところ。
…おや。

> ああすまぬがご主人、もう一杯エールを」
>景気づけに一杯飲み干したあと、作業の供にもう一杯をテーブルの隅に置く。
>道具を取り出し、ネットを手に取る。

ドワーフの職人さんが、仕事道具の修理をしてるわね。
あたしも小道具を使う身、興味深いわね。
…おや。

>俺はエールの入ったジョッキを片手に冷やかしがてら、話しかける。
>「ドワーフのおっさん、面白いことやってるじゃないか!

お久しぶりな彼。しばらく見ない間に、随分と大きく逞しくなって。お姉さん嬉しいわあ。
せっかくだしご挨拶がてら景気づけでも。
…おや。

>「いやあ、こうしてお店でのんびりしているだけでも
>新鮮で興味深いことだらけです。」
>それにしても冒険者の方とはいつにあったら出会えるのでしょうねえ・・・

あちらのエルフ、初顔さんかしら。それにしても良くこの場を観察してる。
んん、非凡な人材なのは間違いなさそうね。

よし。自分の手にあるエールをぐいと飲み干し、つかつかと歩き出す。

>「ご主人、もう一杯いただけますかの」

「マスター、あたしも。こっちに4人分頂戴」

よくよく見ればドワーフの職人さんは、以前に荷車を押してたときに出会った方じゃない。ご縁に感謝。

「職人さん、またお会いしたわね。なかなか興味深いお仕事をされているようで。
 こういうの拝見するの、好きなの。よかったら、側で見せていただいてもいいかしら」

いつのまにか熟達した戦士にまで登りつつある彼には、肩と肩を軽く触れ合わせて。

「ゾイさん、久しぶりじゃない。しばらく会わないうちに、かなりの研鑽を積んだみたいね。
 あなたもこういうお仕事には興味があって?こちらの世界もなかなか良いものよ」

それに、先程からあたりをしきりに見渡しては新しい発見を積み重ねてる彼を捕まえて。

「ふふ。初めまして、エルフさん。お目当てのものは何か見つかったかしら。
 こちらの様子も気にしてるみたいだし、良かったらこっちの席で皆で飲まないかしら?」

まあまあ。ここで集まったのも何かのご縁よね。
一人飲みはいつものことだけど、人と語りながらいただくのも良いことよね。きっと言葉の潤滑油になるでしょう。

「ああ、全員分エールで頼んじゃったけど、良かったかしら?飲めないなら無理しないで、あたしが頂いちゃうわよ」

(さてさて。あたしさん、いきなり飛ばしてますけど…どんな流れになりますかね…?)

---PLより

てことで全員集合させてしまえっと。どうも、黒ゾエです。
丁度4日でしたのでPCは遠慮なく飲ませていただきます(→設定


改めて皆様ご無沙汰しています。帰ってきたとは申せ、しばらくセッションは難しそうです。
まずは日常からリハビリしていきます故、適当につっついていただければと。どうぞ宜しくお願いします。


- 関連一覧ツリー (▼ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
subject 入力禁止
Title 入力禁止
Theme 入力禁止
タイトル
URL 入力禁止
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
削除キー (英数字で8文字以内)
  プレビュー

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 削除キー