オランの日常 ソードワールド日常掲示板
このフォームからは投稿できません。
name
e-mail
url
subject
comment

[記事リスト] [新着記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

記事No : 12076
タイトル 美味しいのか、不味いのか?
投稿日: 2018/07/12(Thu) 20:55:01
投稿者ゾイ < >
参照先http://bbs.swordworldweb.net/pc-list/read.cgi?no=599

さて、前準備が整ったところで、デュドネ、リュシート、ペチカを交え、俺は話しを切り出す。

「俺はパダに単身行ってきてな、そこで発掘し終えた遺跡に怪しい二人組がいるから、追い出してくれっていう依頼を受けた。
 実際、一人でもできる依頼だと思った。
 
 結構、話は簡潔にしているが、詳しく言うととんでもなく長くなるんでな。

 それで遺跡を張り込むと、案の定、二人組が現れたさ。
 俺は斬り付けようと、突っ込んだが、途中で思いとどまって、この二人組と交渉することにしたんだ。

 二人組の容姿は一方は古びた仮面を被って、フード付きのローブを着て、グローブをし、素肌を一切みせない女盗賊みたいなのと、スーツアーマーをきてえっちらおっちらと歩いているラーダの神官だったんだ。
 そこから俺の運命は急展開をしたんだ。
 ・・・まて、誰か俺を呼んでいるが・・・」

>「あー、ちょうど良いところにゾイさんが。
> アルマジロの肉をブラウンソースでじっくり煮込んだシチューがあるけど、食べる?
> お肌つやつやになれるよー」

そういう目で見るな、メルフィー、肌がつやつやなろが俺には関係ないと、心の中で思いながら、メルフィーに言う。

「この料理、これだけか?
 ここの同じテーブルにいる奴らに振舞えるほどあるか?
 あるなら持ってきてもいいぜ!
 その代わり、金は1ガメルも払わないからな!

 この食事を持ってきたのは古代魔法とスリングの使い手のメルフィーだ。
 以前、冒険を一緒にした事がある、俺の幸運の女神さ!気はないがな。ただ相性がいいだけだ。」

今日はやけに知人が多いな・・・嬉しいが

===========================

PLより

こきんです。

定俊さんお久しぶりでございます。

こんな大人数になるとは思いませんでした。

手料理、振舞ってくださいませ。

【 投稿者修正】


- 関連一覧ツリー (▼ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
subject 入力禁止
Title 入力禁止
Theme 入力禁止
タイトル
URL 入力禁止
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
削除キー (英数字で8文字以内)
  プレビュー

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 削除キー