オランの日常 ソードワールド日常掲示板
このフォームからは投稿できません。
name
e-mail
url
subject
comment

[記事リスト] [新着記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

記事No : 12072
タイトル 俺、目立つのかな
投稿日: 2018/07/11(Wed) 20:56:50
投稿者ゾイ < >
参照先http://bbs.swordworldweb.net/pc-list/read.cgi?no=599

>「素晴らしい装備品だ、実に、歌になる。あんた自身、腕も立ちそうだ。
> よかったら今宵は、この王都の放蕩詩人に、あんたの武勇伝を聞かせておくれよ」


>「わたしも聞きたいです!」
>「あ・・・ペチカと申します」

さすがオープンカフェだ。
俺の容姿が目立つらしい。

銀髪のエルフと、色素の薄い髪が肩の上まである女に声を掛けられた。エルフのほうは自身を放蕩の吟遊詩人、人間の女はペチカと名乗った。
女は顔を真っ赤にしている。自分自身でも勢いで声を掛けたみたいで恥ずかしいのだろう。

「久々にオランに戻ってきてみれば、こんなに人に声を掛けられるとは思ってなかったぜ!
 放蕩の吟遊詩人、あんたの名前を知りたいな?
 それと、グラス一杯ワインを奢ってくれれば、最近の冒険の話をしてもいいぜ!

 ペチカさんか、俺の隣の席は空いているぜ、一緒にどうだ。この吟遊詩人殿が奢ってくれるらしいぜ!

 デュドネ、これでお前からも飲み物一杯奢ってもらうぜ。
 面白い話のネタ喋ってやるからさ。
 いいじゃないか。
 
 ああ、俺の名を名乗ってなかったな。俺はゾイ、血まみれのゾイさ。」

俺はみんなの表情を見ながら、笑みを浮かべた。

===========================

PLより

こきんです。

ロビンさん、ツナツナさん初めまして!

私が見る限りの最高Lvのリュシートさんにこんな事をするなんて、ゾイはなんでこんなアーパーなんでしょうか(笑)。

おまけに美人(?)なペチカさんを隣に置こうと考えるとは、また、惚れちゃったらどうしようかな(笑)。

今後の展開が面白そう!

【 投稿者修正】


- 関連一覧ツリー (▼ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
subject 入力禁止
Title 入力禁止
Theme 入力禁止
タイトル
URL 入力禁止
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
削除キー (英数字で8文字以内)
  プレビュー

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 削除キー