オランの日常 ソードワールド日常掲示板
このフォームからは投稿できません。
name
e-mail
url
subject
comment

[記事リスト] [新着記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

記事No : 12051
タイトル 原初の音楽
投稿日: 2018/06/11(Mon) 13:39:43
投稿者デュドネ
参照先http://bbs.swordworldweb.net/pc-list/read.cgi?no=558

>「あ・・・申し遅れました。わたしペチカっていいます。

少女が自分の名を告げ、私は無礼を恥じた。

「私はデュドネ。
 先に名乗らせてしまうとは申し訳ない」

名を伝えると、その時、拍子木の音がした。
浅黒い肌の少年だ。
快活な印象を与えるが、礼儀正しい。


> 邪魔にならないようにするんで、一緒に演奏してもいいですか…?」

蛙と一緒に演奏をするという少年に、好感を覚える。


「いつかどこだかの村で、打楽器だけで構成される音楽を耳にしたことがある。
 とても原始的で、その分直接魂に響くような音だった。
 君の音は、その時感じたものを思い出させてくれた。
 是非、聴かせてくれないか」


あの時の音楽は、確か雨を願うためのものだった。
生活と願いが直結した音楽は、時に魂をゆさぶる。

ペチカの背が濡れていることに気付き、私は自分の立ち位置をずらして彼女をもう少し手前に戻るよう促したのだった。


-------------------
PLより:
わーい自由人さん!
サルのキャラクターシート、すっごい作りこまれてますねえ!
ペチカちゃんは濡れてはならぬ。


- 関連一覧ツリー (▼ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
subject 入力禁止
Title 入力禁止
Theme 入力禁止
タイトル
URL 入力禁止
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
削除キー (英数字で8文字以内)
  プレビュー

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 削除キー