オランの日常 ソードワールド日常掲示板
このフォームからは投稿できません。
name
e-mail
url
subject
comment

[記事リスト] [新着記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

記事No : 12040
タイトル かえるのうたが
投稿日: 2018/06/05(Tue) 17:09:00
投稿者デュドネ
参照先http://bbs.swordworldweb.net/pc-list/read.cgi?no=558

突然の雨で、往来も慌ただしくなった。
濡れても気にも留めぬ者、急いでいずこかへ向かう者。
王都の住民は多く、よって反応も様々だ。

ひとりの少女が、ぱたぱたと駆けこんできた。
彼女も雨宿りということだろう。
先にいた私に今気づいたのだろう、小さく声を上げたので、私も軽く微笑んで会釈をした。
王都には人間が多い。すれ違う者すべてに声をかけていては一歩も進まないだろう。
・・・とはいえ。
わざわざ沈黙を保つほど厭世的ならば、私は冒険者になどなっていない。


闖入者のカエル氏がちょうどいいきっかけを作ってくれたようだ。

>「ふふっ あはあはっ お荷物にカエルが乗ってますよ」

彼女の反応が微笑ましく、私は目を細めた。
声の主は剣をはいた色白の少女。
私も色は白く、そのせいだろうか、強い日の光は苦手だ。
フードはもともと手放せなかったが、今は別の理由で手放せない。

「ちょうどコンサートが始まったようです。
 貴女も嗜まれるようですね」

軽やかな鳴き声が響く中、彼女の荷物から垣間見える、何かの楽器。
風貌からはおそらく同業、冒険者だと思われるから、つまり彼女は剣を扱う吟遊詩人、ということだろう。

「私のような武辺者でも、音楽は楽しいものです。
 カエルのコーラスもなかなか面白い」

小麦袋に乗った彼(彼女?)の声に釣られたのか、あちらこちらから姿の見えない声がころころと聞こえてくる。
雨の滴る音と合わさって、複雑なリズムを刻んでいる。

「彼が私の荷物に飽きるまでは、ここにいるとしましょう」




---------------------
PLより:
ツナツナさん、絡んでくださってありがとうございます〜。
ペチカちゃんかわいい!(語彙


- 関連一覧ツリー (▼ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
subject 入力禁止
Title 入力禁止
Theme 入力禁止
タイトル
URL 入力禁止
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
削除キー (英数字で8文字以内)
  プレビュー

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 削除キー