オランの日常 ソードワールド日常掲示板
このフォームからは投稿できません。
name
e-mail
url
subject
comment

[記事リスト] [新着記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

記事No : 12026
タイトル お馬の稽古
投稿日: 2018/04/24(Tue) 23:46:52
投稿者サル

季節は進み、ここオランも暖かい日が多くなってきた。
冬枯れの寒々しい景色は一変し、街の郊外では春の野花を見ることができる。

食用となる野草を採りに郊外へ出てみたところ、
いつもは何もない草むらに、なぜか人だかりが出きている。

集まっている人に尋ねてみたところ、
馬の競り市にともなって祭りが催されているのだそうだ。



「馬かぁ…、
 冒険者なら乗れて当然らしいけど、乗馬の習慣なんてなかったからなぁ。」

これまで馬の背に跨ったのは、
貴族の依頼を受けた際に、帰路を馬で送ってもらった時の一度だけだ。

「この先、火急の依頼で早馬に乗ることもあるだろうし、
 もう少し馬に慣れたおいた方がいいかもしれないなぁ…。
 せっかくの機会だし、ちょっと練習させてもらおう!」


    *    *    *


乗馬コーナーで、5ガメルを支払い、
初心者向けの馬を貸してくれるようお願いすると、
どの馬も乗馬用の調教がされているとのことで品質に問題はないとのこと。



「なるほど、前歯と奥歯の間に隙間があるのか、
 この隙間のおかげで手綱をつけられるようになってしまったんだな…。」

これに轡を噛ませようと考えた人間の発想力には感心させられるけど、
この発明は、馬にとって災難だっただろうな…。



馬装を整え、ロープで仕切られた馬場に入ると、
手綱と鬣を掴み、鐙に片足をかけて、いっきに馬の背に跨る。

乗り手のぎこちなさが伝わるのか、
馬は忙しなく耳を動かし後ろを警戒しているようだ。

「不慣れな乗り手でゴメンよ。
 今日は、俺に騎乗技術を教えて欲しいんだ。」

馬の首筋に手を当て、耳元でお願いをする。




上手い人の乗り方を観察してみても、人により騎乗スタイルは様々だ。
軍用や乗用など、馬の用途が様々なのだから、それも当然だろう。
しかし馬に負担がかからない乗り方という点は、皆共通しているように思う。

自分もそんな風に乗れればいいのだが、なかなかそうもいかない。
難しいのは、走る速度によって馬の歩様が異なることだ。
四本の脚の運びで、鞍上へ伝わる揺れが全く違うものになる。

「おっと、またリズムを間違えて馬を止めてしまった…。

 ふぅ、頭で考えてもこなせそうにないな。
 俺はキミの動きに体を預けるよ。」



    *    *    *


下手な乗り手に嫌気がさしたのか、それとも疲れただけなのか、
馬が動いてくれなくなったので、乗馬の練習は終了。

短時間での上達は望むべくもなかったけど、
ここで経験を積めたことは、きっとこの先プラスになるはずだ。




最後に、追い物射へ挑戦してみる。

乗馬だけで手一杯なので、自分の場合、当たるかどうかは運頼み。
こんなことで今日一日の成長を測ることはできないけど、面白そうだったのでつい…。



「うぅ、この揺れと速度で手綱を握れないなんて…。」

こんな不安定な状況で戦える騎士って、やっぱり凄いんだな…。
ミラルゴの遊牧民なんて、鞍も手綱もない裸馬に乗れるっていうけど…。

「だけど、この場合は的が動いていないんだ!
 なんとか、一つくらいは……!」



──────────────────────────────


自由人@サル : 乗馬判定(目標値7) 2D6 → 3 + 2 + (7) = 12 (04/24-23:40:03)
自由人@サル : 射的判定(目標値8) 2D6 → 6 + 1 + (3) = 10 (04/24-23:41:01)
自由人@サル : 射的判定(目標値10) 2D6 → 4 + 2 + (3) = 9 (04/24-23:41:44)
自由人@サル : 射的判定(目標値12) 2D6 → 2 + 2 + (3) = 7 (04/24-23:42:14)


乗馬   -5ガメル
追い物射 -10ガメル
賞金   +10ガメル(1つ目の的)


- 関連一覧ツリー (▼ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
subject 入力禁止
Title 入力禁止
Theme 入力禁止
タイトル
URL 入力禁止
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
削除キー (英数字で8文字以内)
  プレビュー

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 削除キー