オランの日常 ソードワールド日常掲示板
このフォームからは投稿できません。
name
e-mail
url
subject
comment

[記事リスト] [新着記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

記事No : 12019
タイトル 心臓が飛び出るとはこのこと。
投稿日: 2018/02/27(Tue) 00:32:10
投稿者エリシア


どこへ向かえば会えるか、と思案していたその時。

>「こんなところでどうしたんだ?」

「◎△$♪×¥●&%#?!」

突然その人の声が背後から聞こえたので、声にならない悲鳴をあげて全身で飛び上がってしまった。
胸に抱いていた木箱を落とさなかったのが奇跡だった、と思う。

変な叫びを聞かれてしまった気恥ずかしさで、その場から逃げ出したい衝動に駆られながら、わたしは恐る恐る振り返る。

「…シオン、さんっ!」

その顔を見ると、何故だかほっとする。
だが今は安心感よりも羞恥心の方が強かった。

「し、シオンさん…こそ、こんなところで、どう、したんですか?」

つっかえつっかえになりながら、なんとか声を絞り出す。

「わ、わたしは、その、えっと…。」

そこから先が続かない。
胸に抱いた木箱を押し付けるように彼の前に差し出す。

「こっ、これを、渡しに行こうかと!
 お、遅くなってしまったのですが、その、わたしからのささやかな、き、気持ちですっ」

なかなか動揺が収まらず、うまく話せない。

「そ、それでは、わたしは今日はこれで!」

慌ててくるりと背中を向けて、一刻も早くこの場から立ち去ろうと思った。

――――――――――――――――――――
@PL

シーフなシオンに背後から声をかけられたらびっくりするだろなぁ、とw

PL自身、たまに妙な悲鳴をあげてしまうことがあって、超恥ずかしいのでエリーだったらこんな感じ?


- 関連一覧ツリー (▼ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
subject 入力禁止
Title 入力禁止
Theme 入力禁止
タイトル
URL 入力禁止
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
削除キー (英数字で8文字以内)
  プレビュー

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 削除キー