オランの日常 ソードワールド日常掲示板
このフォームからは投稿できません。
name
e-mail
url
subject
comment

[記事リスト] [新着記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

記事No : 12013
タイトル 森の庵(2/16 郊外の森)
投稿日: 2018/02/16(Fri) 13:26:39
投稿者デュドネ

「やれやれ、ようやく一息つける」

オランに帰ってから、宿を引き払い、郊外の森へと移った。
テント暮らしをしながら、簡易な庵を少しずつ組んでいく。
もとより大工の技などない。素人のあつらえで、お世辞にも立派とは言い難い。
私よりもさらに非力とはいえ、3人分の手があったのは大きい。

『スー、セー、ソー、3人ともありがとう。
 これで雪はしのげそうだよ』

魔法生物のシーである彼らを従える羽目になった私は、必然的に街を避けて暮らすことになった。
賢者の学院に申請すれば、おそらく住居を得られただろうが、それは本意ではない。
読解さえできれば良いと放置していた古代語の会話を、この数週間で体得した。もともと理解はしていた言語だ。聞き取りに多少の難はあるが、話すことについてはもはや何の支障もない。

『さぁ、寝床の心配はなくなった。
 剣の稽古としようか。
 いや、その前に一服するかな。
 スー、茶を淹れてくれるかい。
 セー、ソー、剣の準備を』

一人に茶を沸かすよう頼み、あとの二人には修行の準備を指示する。



--------------------
PLより:
従者(?)を手に入れたので森でひっそりと生活するマン。
マスター・デュドネは3人のパダワンに修行をつけるのだ。


- 関連一覧ツリー (▼ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
subject 入力禁止
Title 入力禁止
Theme 入力禁止
タイトル
URL 入力禁止
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
削除キー (英数字で8文字以内)
  プレビュー

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 削除キー