オランの日常 ソードワールド日常掲示板
このフォームからは投稿できません。
name
e-mail
url
subject
comment

[記事リスト] [新着記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

記事No : 12008
タイトル 温もり
投稿日: 2017/12/16(Sat) 12:06:33
投稿者シオン

荷物を持ったまま、広場へと着く。
一つ一つの包みを袋の中から取り出しエリシアに渡すと、彼女はもみの木に下げていった。

しばし繰り返していると、下の方があらかたつけ終わったのか

>「あの、これをあの辺りにつけて頂いてもいいですか?」

エリシアが困ったように俺を見上げてきた。

「ああ。
 
 ・・・この辺りか?」

彼女の指示で、上の方へと幾つか包みを下げていく。
しかし、随分な量を用意したものだ・・・

この作業をしている間ずっと、彼女は慈愛に満ちた表情をしていた。

そんな姿を見ていると、やはりエリシアは大地母神に仕える者なのだと思う。
 
 
 
>「あ、これ、見てもいいですか?」

「勿論だ。気に入るかどうかはわからないが・・・」

俺がさっき渡した包みをエリシアが開けて櫛を取り出す。

>「わぁっ、素敵です。
> こんないいものを頂いてしまって良いのでしょうか?」

「受け取ってもらえないとむしろ困るな」

思わず苦笑する。
・・・どうやら多少は喜んでもらえたらしい。


>「これはさすがに、わたしにも少しお返しをさせて下さい。
> さぁ、先程お約束した通り、香草亭に行きましょうか。
> お礼にお礼を返すのもおかしいかもしれませんけれど、今度はわたしがご馳走します。」

言うが早いか、エリシアは俺の手を握りさっさと香草亭へと歩き出す。

「ちょっ・・・エリー。」

慌てて並んで歩きだす。
掌からは彼女の温もりが伝わってくるようだった

-----
PL
場所も変わるし、この辺りが落としどころかと。


- 関連一覧ツリー (▼ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
subject 入力禁止
Title 入力禁止
Theme 入力禁止
タイトル
URL 入力禁止
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
削除キー (英数字で8文字以内)
  プレビュー

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 削除キー