オランの日常 ソードワールド日常掲示板
このフォームからは投稿できません。
name
e-mail
url
subject
comment

[記事リスト] [新着記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

記事No : 12004
タイトル お返しに。
投稿日: 2017/12/10(Sun) 01:19:14
投稿者エリシア < >


デュドネさんと会話をしている間に、シオンさんが会計を済ませてしまった。

「あ、ごめんなさい。
 頂き物までしたうえに、お会計まで。」

両手で豆茶の入ったカップを包む。
豆茶の温かさが、少しかじかんだ手をじんわりと温めてくれる。

デュドネさんとシオンさんが何やら話しているのを見ながら、温かい豆茶を一口飲む。
ミルクで苦さの柔らげられた豆茶が、香ばしさを伴ってふんわりと身体を暖めてくれる。

>「・・・そうだな。これだけ寒い日にはホットワインなんかもいいだろう」
>「エリー・・・ただし飲むなら一杯だけ、な。」

『あら、シオンったらあなたの性癖知っちゃってるわけ?』
性癖とか言わないでください。
そういえば、前にミノ亭で宴会が行われた時は、少し飲みすぎて頭がガンガンしていましたけれど。

「なに、だらしないこと言ってるのよ。
 たまには付き合いなさいって。」

″わたし″がまた勝手に言葉を紡ぐ。

「あ、いえ、そういうことではなくて。
 このお礼の品物まで頂いて、さらにはここの豆茶のお会計までしていただいたのでは、わたしが申し訳ありませんから…。」

″わたし″の失言を取りなすように、言葉を繋ぐ。

「もし、良かったら…広場にこのプレゼントを詰めに行ったら、一緒に行きませんか?
 もちろん、飲みすぎたりはしませんから。」

――――――――――――――――――――
@PL

さらにお誘い。


- 関連一覧ツリー (▼ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
subject 入力禁止
Title 入力禁止
Theme 入力禁止
タイトル
URL 入力禁止
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
削除キー (英数字で8文字以内)
  プレビュー

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 削除キー