オランの日常 ソードワールド日常掲示板
このフォームからは投稿できません。
name
e-mail
url
subject
comment

[記事リスト] [新着記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

記事No : 12000
タイトル
投稿日: 2017/12/07(Thu) 09:08:45
投稿者シオン

>「え、そんな、悪いです…けれど。」

なにやら一瞬言いよどむエリシアだったが

>「お言葉に甘えて、半分持って頂けますか?
> ありがとうございます。」

「ああ。ほら」

彼女から荷物を受け取り、そのまま歩く。
雪がしんしんと降るオランの都市は、やはり普段とは違う何かを感じる。


>「あ、そうだ。
> 寒いですし、少し暖まっていきませんか?」

エリシアの視線の先は、先程の豆茶の店。
見れば今度はデュドネが店先にいた。

すっかりと身体は冷えていた。
・・・あれから意外と時間が経っていたらしい。

>「…あはは。
> どうしましょう。
> 何だか気まずい、でしょうか。」

「いや、風邪を引くわけにもいかないだろう?
 暖まっていくか。」

何処か恥ずかしげに俺を見上げるエリシアに、微笑みながら答える。

「どれがいい?」

エリシアに注文を訪ねながら、俺は先程の包みを取り出す。


「そうだ・・・よかったら受け取ってくれ。

 この間の礼だ」

半ば押し付けるように、空いたエリシアの手に包みを握らせた。
-----
PL
上目使いのエリーとかあざといw


- 関連一覧ツリー (▼ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
subject 入力禁止
Title 入力禁止
Theme 入力禁止
タイトル
URL 入力禁止
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
削除キー (英数字で8文字以内)
  プレビュー

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 削除キー