オランの日常 ソードワールド日常掲示板
このフォームからは投稿できません。
name
e-mail
url
subject
comment

[記事リスト] [新着記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

記事No : 11987
タイトル おうちの賢者
投稿日: 2017/11/17(Fri) 14:31:06
投稿者ヨルニル
参照先http://bbs.swordworldweb.net/pc-list/read.cgi?no=611

 市場で真新しい羽根ペンを買って、僕は満足だった。どんどん減っていくペンとインクはいくらあっても困らない。
 そこでさらに、共通語の写本まで一緒に並んで売られているなんて。

 本という知識の宝は、もっともっと一般に広がって、だれもが気軽に手にするようになればいいとつねづね思う。
 そこでぜひとも売り上げに貢献しようと、1冊選んだのは、『オランの家庭料理』。
 こういう最新版のものは学院にもなかなかない。そもそも僕は、女性たちが担う家庭の仕事のもろもろについて、ほとんどなにも知らない。一般家庭の生きた知恵と伝承を、口伝だけに頼らず本に書き残そうという試みは、ほんとうに素晴らしい仕事だ。エルベレス・ギルソニエル。


 というようなことを考えていたら、もうひとつ、目にとまるものがあった。『初めての手編み』。

「ちょっと見せてもらっていいですか。
 …………なるほどなるほど、こういうふうに…………」

 編み棒と毛糸も、目の前にある。

「あの、この手引きと編み棒と毛糸を買うので、そこの隅でやらせてもらっていいですか?
 細かい部分を、実践で教わりながらやってみたいんです」



 そんなわけで僕は、青空の下、市場の手芸屋の横の木樽に座り込んで、脇目も振らずに熱心に編み物をしている。


「アリーシャさん、この糸のゆるみ具合とかどうでしょうかね?
 こっち、どうも目がひとつとんでしまったんですが……」

 ふわふわの毛糸のおかげで、手は温かい。



──────────────────────────────────────────
ロビン@PL:
無漂白の生成の毛糸で、一番単純なマフラーを編んでます。

■マーカスの文具店
・荒鷲の黒い羽根ペン:5ガメル
・ガチョウの褐色の羽根ペン:5ガメル
・赤インク:1ビン5ガメル
・青インク:1ビン5ガメル
・写本『オランの家庭料理』:一冊50ガメル。共通語で書かれたレシピ本

■手芸ショップ ハンド・ア・ハンドレッド
・毛糸 :1玉2G  ×3玉=6G 
・編み棒セット :3G
・『初めての手編み』 :5G

合計 84ガメル


余談
アウロラさぁぁん! しかしここはデューパパとの睦み合いを邪魔はしない。もう少し眺めるw
心当たりマッタクナイノデスカでゅーさん……やーい甲斐性なしー
(リュシは、ほら、心当たりがありすぎて、考えるのをやめた

【 投稿者修正】


- 関連一覧ツリー (▼ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
subject 入力禁止
Title 入力禁止
Theme 入力禁止
タイトル
URL 入力禁止
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
削除キー (英数字で8文字以内)
  プレビュー

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 削除キー