オランの日常 ソードワールド日常掲示板
このフォームからは投稿できません。
name
e-mail
url
subject
comment

[記事リスト] [新着記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

記事No : 11903
タイトル 短冊に願いを込めて
投稿日: 2017/07/16(Sun) 06:02:24
投稿者ゾイ

>>「これからどうするんだいジュリア」

>「これから?そうだなあ・・・。

> そうだ、ゾイ、もし時間があるんなら付き合えよ。
> 願かけの樹に行こう、短冊1枚おごるからさ。」

>願いは決まってる。
>竜の牙といえばドラゴンだろ?

>「私の願いは『ドラゴンを倒して牙をたくさん取りたい』だよ!」

ん、俺はジュリアの願いを聞いて驚いた。

「ジュリアの兄ちゃん、俺も、【竜殺し】が俺の夢さ!目的は違えど目標は似たもんだな。」

「俺も強くなるぜ!なぜ俺の夢がこれなのか願掛けの樹に行く最中教えてやるよ。」


>周りの風景が血まみれだった・・・

>巨大な何かに噛みちぎられたり、引き裂かれたりした死体が沢山ある・・・

>ただ逃げまどい、傭兵団の老戦士達の手引きによって、なんとか逃げおおせた・・・

>傭兵団の強者達は果敢に立ち向かうも、全然歯が立たない・・・

>影で様子を見ていたのは・・・俺だ・・・

>そして戦っている相手は・・・竜だ!

>怖いながらも歯を食いしばって戦闘を見つめている・・・

>どうして足が前に進まないのか・・・膝が笑っている・・・

>・・・仲間が死んでいく・・・

>・・・恐怖と怒りのあまりか、目から涙が溢れてきた・・・


「俺はこれで【竜殺し】が自分の恐怖という壁をぶち抜いて、自分をさらに高みへと強くなると思ったんだ。」

+++++++

俺はジュリアと願掛けの樹に着いた。

神官達に短冊をもらい、願い事をジュリアと書く。

これで、俺も先輩として見るだけでなく、友としてジュリアを信頼できるようになった。

「前はジュリアの兄ちゃんと言っていたが、これからはジュリアと呼ばせてもらうぜ!」

俺は軽くジュリアの肩を叩き、屈託のない笑顔を見せた。

====================================
PLより
じゅりたんへ、いつもありがとうございます〜。
リスペクトしてますので、これからもよろしくお願いします。

【 投稿者修正】


- 関連一覧ツリー (▼ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
subject 入力禁止
Title 入力禁止
Theme 入力禁止
タイトル
URL 入力禁止
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
削除キー (英数字で8文字以内)
  プレビュー

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 削除キー