オランの日常 ソードワールド日常掲示板
このフォームからは投稿できません。
name
e-mail
url
subject
comment

[記事リスト] [新着記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

記事No : 11882
タイトル 森の中の夢 6/20昼オラン郊外の森
投稿日: 2017/06/21(Wed) 00:54:53
投稿者ゾイ

俺はオラン郊外の森の中の陽だまりで寝転んでいる。

森の中を散策しているうちに、いい場所を見つけて、ここで寝転んでいる。

オランの森はいい感じだ。

爽やかな風に木々の葉も揺れている。

俺は森は好きなほうだ。

でなければ野伏の技術を習得したりしない。

鳥のささやくような鳴き声が聞こえてくる・・・

そして俺は眠りに落ちた・・・




(ゾイ、あんた、そんなでかい剣持てるのかい!私もびっくりだわ!)

{俺だけの力じゃ到底無理だよ。みんなが稽古つけてくれたからさ}

(あんたがいれば百人力!この傭兵団も将来安泰だね!期待しているよ!)

{期待に応えてやるぜ!}




周りの風景が血まみれだった・・・

巨大な何かに噛みちぎられたり、引き裂かれたりした死体が沢山ある・・・

ただ逃げまどい、傭兵団の老戦士達の手引きによって、なんとか逃げおおせた・・・

傭兵団の強者達は果敢に立ち向かうも、全然歯が立たない・・・

影で様子を見ていたのは・・・俺だ・・・

そして戦っている相手は・・・竜だ!

怖いながらも歯を食いしばって戦闘を見つめている・・・

どうして足が前に進まないのか・・・膝が笑っている・・・

・・・仲間が死んでいく・・・

・・・恐怖と怒りのあまりか、目から涙が溢れてきた・・・




「うわーーーーーーー」

俺は目が覚めた!

周りは青々とした木々があり、小動物の鳴き声が聞こえる。

小動物達が一斉に逃げていった。

どうやら昔の夢を見たらしい・・・。

頬には涙のあとが残っている。

今の俺では到底、竜を倒すことはできない・・・。

歯がゆいもんだな・・・

俺は赤いグレートソードを握りしめ、ゆっくり立ち上がり森の散策を始めた。

そういえば、この近くに初めての冒険で厄介になったエルフがたまに現れるかもと思ったが、無理かな・・・


=============
PLより
こきんです。
日常日記、初めて書いてみました。いかがでしょうか?

【 投稿者修正】


- 関連一覧ツリー (▼ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
subject 入力禁止
Title 入力禁止
Theme 入力禁止
タイトル
URL 入力禁止
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
削除キー (英数字で8文字以内)
  プレビュー

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 削除キー