オランの日常 ソードワールド日常掲示板
このフォームからは投稿できません。
name
e-mail
url
subject
comment

[記事リスト] [新着記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

記事No : 11879
タイトル 釣りの日
投稿日: 2017/06/19(Mon) 17:20:31
投稿者デュドネ

何やら暑苦しい気配が、街を支配している。
依頼を無事やりとげ、出会った魔物のことを文献で調べる日々を終え、私は久しぶりに街に出ていた。
結局あの魔物はなんであったのか、ギャビーさえも分からなかったらしい。
彼女で分からないのなら、私が調べきれなかったのも仕方ないというべきだろう。

うだるような暑さは、日差しのせいだけではなかった。
この時期、まだそこまで暑さは本格的ではないはずだ。
この暑苦しい気配は、祭りのせいだったのだ。

「つくづく、祭りの好きな街だな」

そうつぶやくも、これは悪いことではない。
住民に活気のある街は、栄える。
私には少々騒々しすぎるが、これもまた、人間世界の愉しみというものだろう。
森の老人たちには理解はされないだろうが。

しかし、暑さはともかく、日差しの強さは堪える。
白いフードをかぶっているから、直射日光は避けられるものの、やはり暑い。
筋骨隆々とした男たちが汗を飛び散らせながら出し物を披露しているのを目にすると、暑さでめまいを起こしそうだ。


と。
どうやら、釣りの競技もあるようだった。
筋肉は関係ないらしい。
ちょうど、焼き魚を食べたいと思っていたところだ。
竿と餌が用意されるならば、やって損はなさそうだ。
・・・「やって損はない」とは、また、ずいぶん人間じみた感性だな。
さすがに毒され過ぎているかもしれない。

釣りはいいとして、日向ではやっていられない。
日陰を探す。
あった。
ちょうどいい木陰ではないか。

エルフは気長な種族だ。
釣りは向いているといえる。
森の同朋たちは魚を食べなかったから、そんなことは知る由もなかった。

釣り糸を垂らし、ただ、待つ。

考え事に向いている遊戯だ。
食事もとれる。
なかなかに理にかなっている。






かかった。
大物だ。
力の入れ方というのもあるのだろうが、水中の魚の力は侮れないものがある。
しかし、それにしても、これは。
すさまじい抵抗力だ。


「ぐ、ぬ・・・!」


これは、私の力、では、手に余るかも、しれない・・・!




-------------------
PLより:
釣り大会に参加しまーす。

3匹釣って、最大は100pでしたー。
100pとか筋力9で釣り上げられるのか????
というわけで、誰か助けてください。
(でも最近の日常の様子だと気づかれずに終わりそう・・・!)
手伝ってもらったら失格とかでも別に構いませんw
目的は焼き魚ッ


17:05:50 たいまん@デュドネ 釣り 2d+4 Dice:2D6[3,4]+4=11
17:06:23 たいまん@デュドネ 3匹。大きさ 6d Dice:6D6[6,4,1,5,6,3]=25
17:06:41 たいまん@デュドネ 10,6,9


- 関連一覧ツリー (▼ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
subject 入力禁止
Title 入力禁止
Theme 入力禁止
タイトル
URL 入力禁止
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
削除キー (英数字で8文字以内)
  プレビュー

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 削除キー