オランの日常 ソードワールド日常掲示板
このフォームからは投稿できません。
name
e-mail
url
subject
comment

[記事リスト] [新着記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

記事No : 11857
タイトル 新年を迎えて、変わるもの、変わらないもの
投稿日: 2017/02/28(Tue) 03:29:47
投稿者ゾエ・プロトプサルテ


えっくしゅん!

…うう、風邪ひいたかも…。
(滝行なんて、いきなり馴れないことするからよ。身体は資本、修行も少し我慢なさい)
そ、そうね…お勤めもありますからね…。
(医者の不養生、そのまんまじゃないのよ。精々、患者さんに風邪うつさないようにね)
ええ…は…ふぁ…えっくしゅん!

風邪引きはよろよろとした足取りでパダからオランへと、日も落ちかけて寒風吹きすさぶ街道を往く。

「身体を芯まで清めるつもりが、まさか風邪を引いてしまうとは。鍛え方がまだまだ足りませんね…へっぷしゅん!」

(あ、これダメなやつだわ。私ちゃん、今すぐ火を熾して夜営しましょ)

---

一寸ばかり山登りをして、滝に打たれてきて、思い切り風邪引いて帰ってきた頃にはもう年明け。
(あたしたちには年明けなんて関係ないけど、オランの市中の人々には重大関心事みたいねえ)
…あ。新年といえば神殿めぐり、のお手伝い。修道院には帰るとして、その辺りはどうしましょ…
とりあえず、この冷えきった身体を暖めてから考えることにしましょう…うう、震えが。

「すみません、薬草酒のお湯割りをくださいな。んと、3杯分のお酒に1杯分のお湯でお願いします」

広場の薬品店で薬草酒を頂く。
…あれ、なんだか既視感が。
(確か…去年もここで飲んでたわね、オランに着いた初日)
ああ、そうそう、そうでした。

「そっか、あなた様からは去年もお酒をいただいて…確かあの時は、お湯抜きでしたかしら」

去年との違いは、少しだけお湯を入れていただいたこと。去年と同じなのは、やっぱり風邪を引いていたこと。
お湯を入れたことで、自分の身体にちょっとは気遣いしたつもり、なんですけど…。
自分の不摂生と飲兵衛加減に苦い笑みをこぼしつつ、受け取った薬草酒のお湯割りを一気にあおる。飲み方はやっぱり、変わらない、変えられない。

「ふふ、変わらぬ良いお味。できることなら、私の部屋に常に1瓶、持っておきたいくらいです」

…はー。これで牛乳で作ったポリッジを食べて、すぐに寝れば少しは良くなるかしら。
(でもさ、行くんでしょ。神殿のお手伝いに、なにより自分の診察室に)
ええ。ちょっと開けすぎました。キリーさんのお店の事を皆様に話してから、またすぐに修行に出ていましたからね。
(いい加減、勉強会と論文が溜まってるんじゃないかしら。ところで、この1年のご奉仕と冒険を通じて、何か良いテーマは見つかったの?)
え、あ、うーんと、その…
(…私ちゃんって、思ったより肉体派よね)
う、うるさいっ。あたしさんだって頭より先に手を出すでしょっ。
(頭なんかで考えてたら行動間に合わないでしょ?生死の境目は身体の一瞬の反応で決まるのよっ)

同じ"私"だってのに、どうしてこうも性格が違うのかしらねっ。ほんとにもう…。
私は、己の内にいる"あたし"と仲良く押し問答しつつ、マーファ神殿へと"帰る"のでした。

---散財

薬草酒3杯分:3G

---PLより

書き貯めてあったけど忙しさにかまけてUPりそびれたので。
市場掟破りの1ヶ月遅れかも;;詳しくは2月市場のあとがきにて。

あ、この時、中の人が実際に風邪引いてました;;


- 関連一覧ツリー (▼ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
subject 入力禁止
Title 入力禁止
Theme 入力禁止
タイトル
URL 入力禁止
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
削除キー (英数字で8文字以内)
  プレビュー

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 削除キー