オランの日常 ソードワールド日常掲示板
このフォームからは投稿できません。
name
e-mail
url
subject
comment

[記事リスト] [新着記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

記事No : 11851
タイトル また明日
投稿日: 2017/01/29(Sun) 16:11:03
投稿者ルピナス
参照先http://bbs.swordworldweb.net/pc-list/read.cgi?no=586


>「有難うございます。あたしもルピナスさんとマーシャちゃんを頼りにさせて頂きます。>
> でも、それを言うなら、ルピナスさんも、あたしとマーシャちゃんを頼ってくださいね。心配です。
> 心配なので、頼ってくれると約束してくれたら、嬉しいです」

クスクス笑った後にこちらを見上げ、リノがそう言ってきた。
心配してくれるその気持ちが嬉しい。釣られて自然と笑みがこぼれる。

「ん、約束はできないが善処はする」

頼りたく無い訳じゃない。ただ両親を亡くしてから殆どを一人でやらなくてはいけなかったから、頼り方を忘れてしまっただけ。
だから直ぐには出来ないかもしれないけれど、少しずつでも二人の想いに応えていけたらとは思う。
そんな想いを込めて、もう一度だけ軽く頭を撫でた。

- - - - -

>「うん。今日はね。お家となりだけどもうみんな寝ちゃってるかもだし。」

>「あたしも今夜はジョージさんのお店で休みますね。それなのでマーシャちゃんと同じ帰り道です。
> ルピナスさんに、では、送っていただきます。有難うございます」

>「あ、ありがとう。でも、ルピ君はどこに帰るの?」

「俺もミノ亭だよ。って事は全員ミノ亭か」

くすりと笑ってしまう。他にも冒険者の店は沢山あるのに、三人とも同じ店に泊まっていたなんてな。

>「これどうぞ、おうちで、食べてください。では、帰りましょう!」

マーシャと俺に渡されたのは、先程マーシャが食べていたはちみつバタークッキー。いつの間に。

「俺も良いのか?それじゃ本を読む時にでも食べさせてもらうよ。ありがとな」

- - - - -

>「〜""""」(赤面)

マーシャが俺の歌に合わせて一緒に歌う。
本人は恥ずかしそうにしているが、俺としては少し嬉しい。

>「あ!!・・は!」

突然、マーシャが大きな声を出した。

「どうした?」

>「ごめんね。ルピ君。ちょっと思い出したことがあって・・。さっきやろうと思ってたのに忘れちゃった。えっとね。あたい、アノス行ってる間に新しい曲作ったんだ。今度お店で歌う予定なんだけど。というか今の今まで忘れてた。ははは!初のあたいの持ち曲なんだ!」

「へぇ、曲まで作っちまうとは凄いな。なら初披露の時には必ず聴きに行かないとな。
 期待してるぜ?」

ミノタウロス亭が見えてきた。



「おやすみマーシャ、リノ。また明日な」

部屋へと戻る前に声をかける。
このPTで初めて受ける依頼はどんなものになるんだろうか。
とりあえず今日は、明日からに備えてぐっすりと休もう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
PLより
大変遅くなりましたが、お返事をば。
セッション始まりましたね!これからどうぞよろしくお願いします!


- 関連一覧ツリー (▼ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
subject 入力禁止
Title 入力禁止
Theme 入力禁止
タイトル
URL 入力禁止
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
削除キー (英数字で8文字以内)
  プレビュー

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 削除キー