オランの日常 ソードワールド日常掲示板
このフォームからは投稿できません。
name
e-mail
url
subject
comment

[記事リスト] [新着記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

記事No : 11849
タイトル 幸せな夜
投稿日: 2017/01/19(Thu) 18:40:06
投稿者リノ

>>「でも、自然なマーシャちゃんの笑顔はあたしにとって大切なのでこれからもあたしも守っていきたいです。
>>ねっ、ルピナスさん!」

あたしはニコッと微笑む。
ルピナスさんは、ぐ、と詰まる。でも、口を開いてくれる。

>「まあ、そうだな。何かあったら遠慮無く頼れよ?」

あたしも真面目に頷く。

「はい、マーシャちゃんに何かあったら、直ぐルピナスさんを頼りますから」

>「リノも、な。
> 俺は、マーシャと同じ位リノの笑顔からも力を貰っているし、守りたいと思ってる。
> だからリノも何かあれば俺かマーシャに言ってくれな」

ルピナスさんに頭を撫でられた。ルピナスさんが照れ隠しなのが分かるので嫌ではないけど、何だかあたしも少し照れくさくて……クスクス笑ってしまう。
あたしは、ただひたすら、嬉しかった。
いつでも頼ってもいいし頼ってももらえる仲間が出来るのって本当に素敵なことだよね。

「有難うございます。あたしもルピナスさんとマーシャちゃんを頼りにさせて頂きます。
 でも、それを言うなら、ルピナスさんも、あたしとマーシャちゃんを頼ってくださいね。心配です。
 心配なので、頼ってくれると約束してくれたら、嬉しいです」

あたしのこの嬉しい気持ちが少しでも伝わればいいな、という想いを込めて、ルピナスさんをそっと見上げて言った。

**


>「じゃ、いくよ〜『かんぱ〜い!!』」

>「乾杯!」

「かんぱいです!」

あたしたちはパーティ結成を記念して、祝杯をあげた。

**

>「今度ね、あたい、誕生日なの!!それで、16歳になるんだ!」

「そうなんですね! 誕生日、楽しみですね!」
あたしは驚いて、でも、同時に嬉しくなった。
マーシャちゃんの誕生日、是非祝ってあげない、と。どのように祝ってあげるか、色々楽しみだ!

>「でも今年はお家でパーティするのかなぁ?わかんないや。」

>「そうなのか。少し早いがおめでとさん。
> 去年も祝ってもらえたんだろ?
> 久々にこっちに戻って来たんだし、今年も祝ってもらえるさ」

あたしもルピナスさんの言葉に同意し頷く。

「はい……その……家族の方もマーシャちゃんの誕生日、祝うの楽しみにしていると思います」

でも、依頼とか急に入って祝えなくなったらかわいそうなので、祝えるうちに祝った方がいいか。それなら、今、あたしだけでも祝っちゃお、誕生日祝えるようなら、改めて、祝えばいいよね。

「でも、少し早いですけど、お祝い言わせてください! ハッピバースディ、ディア、マーシャちゃんです!」

プレゼントは……よっし、あたしは後で渡すことにしよう。今はさすがに用意しきれなかったし……。

**

>「あれ?」
>「ピザ知らない?」

>「おいおい、さっき美味しそうに食べてただろ。
> 食べ足りないなら追加でもう一つ頼むか?」

ピザ……確か、マーシャちゃんがさっき食べてたような……。
盗賊の記憶力で思い出してみても、どう考えてもマーシャちゃんが食べたような記憶しかない。

「えっと……その、ピザ、足りないなら、追加で頼みましょう」

時間は遅いけど、テイクアウトにしてもいいし、マーシャちゃんが食べ終わるの待ってもいいしね。
そこは臨機応変にいけばいいよね。

**

>「ごちそうさまでした!おいしかった!」
>「どうする?帰るんだけど、まぁ今日はお店で寝よう。明日お家帰ればいいもんね。」
>「みんなはどうする?」

>「御馳走様でしたっと。どれもこれも美味かったな。
> マーシャはミノ亭か?リノは何処に行くんだ?
> もう夜だし暗い道もあるからな。二人共送らせてくれ」

「あたしも今夜はジョージさんのお店で休みますね。それなのでマーシャちゃんと同じ帰り道です。
 ルピナスさんに、では、送っていただきます。有難うございます」

あたしはここの店の人に、はちみつバタークッキー、をテイクアウトでさらに頼んでおいた。
自分の分とマーシャちゃんの分とルピナスさんの分、それぞれ1個ずつだ。
自分の分は研究用だ。
マーシャちゃんの誕生日プレゼントには、あたしのクッキーを沢山作って送るつもりだった。これと同じ味のクッキーも、マーシャちゃんに作ってあげたかったのだ。
何だかマーシャちゃん、凄く幸せそうにこのクッキー食べてたしね。

でも、とりあえずはテイクアウト用のクッキーの袋を、あたしはマーシャちゃんとルピナスさんに手渡す。
「これどうぞ、おうちで、食べてください。では、帰りましょう!」

**

「〜♪」

ルピナスさんが鼻歌を歌っている。
あたしも知ってる歌だった。あたしの実家の酒場でも、歌われていた歌だった。
暗い道もこうして歌声でルピナスさんの存在が分かるから、怖がらずにいられる。マーシャちゃんが隣にいるから、怖がらずにいられる。
3人ともこれからも一緒にいれたらいいな、とつい願わずにはいられなかった。

―――――――――――――――

PLより

歌はリノ、知っていることにさせて頂きました!

マーシャちゃんは誕生日、おめでとうございます! PLからも、お祝い言わせてもらいます!
この日記内で祝って欲しいとのことでしたので、日記内にてあのような形でリノは祝わせていただきました!

【 投稿者修正】


- 関連一覧ツリー (▼ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
subject 入力禁止
Title 入力禁止
Theme 入力禁止
タイトル
URL 入力禁止
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
削除キー (英数字で8文字以内)
  プレビュー

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 削除キー