オランの日常 ソードワールド日常掲示板
このフォームからは投稿できません。
name
e-mail
url
subject
comment

[記事リスト] [新着記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

記事No : 11838
タイトル 俺よりも…(修正有)
投稿日: 2017/01/10(Tue) 07:20:06
投稿者ルピナス
参照先http://bbs.swordworldweb.net/pc-list/read.cgi?no=586

>「ルピナスさん、本が好きなんですね。ルピナスさんはどんな本を読むのが好きなんですか?」

「本を読み始めた頃は冒険譚とか好きだったけれど、最近は割と色々だな。
 知らなかった事を知るのは楽しいし」

冒険者を続けている理由も似たようなものかもな。
村や街に居るだけじゃ知る事の無い、様々な事を体験出来るのだから。

-------

それぞれへと注文した物が運ばれてくる。
どれもこれも美味しそうだ。腹が減ってるから余計に。

>「あちちちち!」

うにょーんとチーズを伸ばしながら、ピザを食べるマーシャ。

「火傷すんなよー?」

>「おいしーい!」

「うん、美味い。この店教えてくれてありがとな、マーシャ」

シチューの野菜も肉も、程よく柔らかく煮込まれていて、口の中でホロリと崩れ。
スープも両方の旨味が見事な調和で溶け込んでいる。
偶にはこんな店での食事も悪くは無いな。しょっちゅうは無理だけど。
二人と賑やかに過ごす食事は、一人で食べる時よりも何倍も美味しく感じられた。



>「ねえねえ!」
>「これからさ、一緒に冒険しない?」

唐突にマーシャがそんな事を言い出した。
驚いた。
それはつまり俺達三人でパーティを組まないかという誘い。

組もうと声を掛けてくれた事は凄く嬉しい。
恐らくこの二人とのパーティは、とても楽しいものになるだろう。
出会って間も無いが、二人とも俺が信頼できる大事な冒険者仲間だ。
だからこそこの二人には、俺の想いを話すべきなんだと思った。

「誘ってくれたのは凄ぇ嬉しい。だけど俺は、さ」

「頭が良い訳でも、力がある訳でもない。体力とかも冒険者としては人並みだしな。
 強いて言えば手先がちょっと器用な位だ。
 主な武器は弓だし、鎧だって軽装だ。剣も使えない事も無いが、あまり振るった事も無いしな」

「つまり何が言いたいかって言うと、俺じゃ二人を事前に危険から守る事も、いざという時に前へ出て守る事も出来ないんだよ」

自分で吐いた言葉に胸が痛み、俯く。
そう、守れる自信が無い。少なくとも今は。
二人に万一の事があったらと考えるとゾッとする。

「だから俺なんかよりも、他の奴と組んだ方が良いと思う」

顔を上げ、ずきずきと痛む心をひた隠しにして、二人へそう伝える。
きっとその方が二人にとっても、良い事なんだと自身へ言い聞かせながら。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
PLより
うわぁ、面倒くさい奴ですみません!!
ああは言っていますが、マーシャやリノがそれでも組みたいと言ってくれれば、ちゃんと加入する予定ですのでご安心を。
本来はもうちょっと軽い感じで確認するだけな筈だったんだけどなー。おかしい…

>シチュー美味しいですよね♪。
今の時期は温まりますし、特に美味しいですよね!
煮込み料理とか大好きです♪

加筆修正お疲れ様です!<睡蓮さん
PTの話ありがとうございますー!
焼きたてピザも美味しいですよね。焼けてとろけたチーズが食べたくなります。

追記:PTをパーティに修正しました。ご指摘ありがとうございます!

【 投稿者修正】


- 関連一覧ツリー (▼ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
subject 入力禁止
Title 入力禁止
Theme 入力禁止
タイトル
URL 入力禁止
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
削除キー (英数字で8文字以内)
  プレビュー

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 削除キー