オランの日常 ソードワールド日常掲示板
このフォームからは投稿できません。
name
e-mail
url
subject
comment

[記事リスト] [新着記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

記事No : 11833
タイトル 目的の場所へ
投稿日: 2017/01/05(Thu) 07:30:41
投稿者リノ

>「じゃあ、暗くなる前に行ってみましょう! あたし、お腹結構すきましたし!」

>「いいね!そうしよう!」

>「んじゃ行くか。道案内頼むぜ、マーシャ」

「はい、マーシャちゃん、宜しくお願いしますね!」

お腹、かなりペコペコなので、直ぐ食べるところにいけるのは嬉しい!
どんなお店なんだろ、楽しみ!

「じゃあ、ジョージさん、ちょっと行ってきますね」

あたしはワクワクしながら、マーシャちゃんとルピナスさんに続いてお店を出た。

**

その店は結構暗かった。スラムほどじゃないけど、ちょっと一人で通るのは怖い道かな。
今はマーシャちゃんとルピナスさんがいるから、大丈夫だけど……。
マーシャちゃん、こんな道一人で通ってるとしたら、怖くないのかな……?

>「マーシャ、もしかして一人で歩く時もさっきの暗い道通っているのか?
>一人の時はあの道じゃなくて、そっちの道を通る方が良いぞ。時間もそんなに変わらないし、人通りも多いしな。
>リノも、もし学院へ行く時があればこっちな」

「はい! そうですね……人気のない道って、怖いですよね……」

ルピナスさんも同じことを考えてたみたいだ。あたしはコクコク頷いて同意する。
そのマーシャちゃんの純粋なところがあたしは大好きだけど、マーシャちゃんにはできれば、その純粋さで傷ついて欲しくない。
何かいい伝え方がないかな、と考えて、自分がお手本になろう、と考える。

「今日はみんながいるから大丈夫ですけど、あたし、次、来るときはちゃんと人気の多い道を通りますから。一人だと襲われたら怖いので、そこは気を付けます」

**

そんな話をしてる間に学園に着いた。

>「ん、とりあえず学院入るか。お土産渡してくるんだろ?」

「はい、あたしたちは外で待ってますから、いってきてくださいな!」

あたしはマーシャちゃんへ言う。

外で待っているとルピナスさんが話かけてきた。

>「そういえばリノは学院には来た事あるのか?」

「学園ですか……? 来た記憶はないです。ルピナスさんは来たことあるのですか?」

学園がどんなところなのか、少し興味が沸いた。ルピナスさんが来たことあるなら、どんなところか聴いてみよ。

「楽しそうなところではありますよね、マーシャちゃん、本当に楽しそうですし」

マーシャちゃんの楽しそうな姿を思い出して、あたしは少し微笑んだ。

**

>「着いた!」

お店、ついに到着した! どんな料理が出てくるお店か楽しみ!

「案内有難うございます、マーシャちゃん! どんな食事が食べられるか、楽しみです」

―――――――――――――――

PLより

こんな感じに書いてみました!
人さらいの話は話を広げちゃって大丈夫かな、と不安だったけど、書いてみました。

食事屋さんはどんなお店かわたしも楽しみにしていますね♪。


- 関連一覧ツリー (▼ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
subject 入力禁止
Title 入力禁止
Theme 入力禁止
タイトル
URL 入力禁止
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
削除キー (英数字で8文字以内)
  プレビュー

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 削除キー