オランの日常 ソードワールド日常掲示板
このフォームからは投稿できません。
name
e-mail
url
subject
comment

[記事リスト] [新着記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

記事No : 11814
タイトル ロングスピアー(12/24朝 森)
投稿日: 2016/12/24(Sat) 03:21:39
投稿者クロムウェル
参照先http://bbs.swordworldweb.net/pc-list/read.cgi?no=588

暮れも近い冬だが、王都に雪の舞う日はほとんど無い。

故郷ミードでは南と東から吹く風が山脈と衝突してしばしば雪となり、
大いに不便をもたらしたものだったが…
雪の無ければ無いで、なんだか物足りぬ冬であった。

だがおかげで足場が濡れず、鍛錬の場所に事欠かぬのはありがたい。

今日私は、以前二人の剣士と出会った森に来ていた。
秋のころから使いはじめた、槍の稽古のためだ

「97、98、99、100………ふう」

雪は降らずとも冬の森の空気は冷たく、吐く息も白い。
体を温めるための素振りを終えた私は、
体から湯気をあげつつ木刀を収め、持ってきた槍の封を解く。

(ううむ、長い)

身の丈を大きく超える槍を構える…長い、長すぎる。
本当は槍ではなく剣が欲しかったのだが、予算の都合でこうなった。
いずれ冒険者として研鑽を積み、もっと収入が増えればそのときは剣を…
この槍はそんな望みを託してのいわば『繋ぎ』だ。
だが繋ぎといえども命を預けることに変わりはない。
使いこなさねば。

(ランスならまだ解るのだが)

兵たちが使うような長柄の槍は、これまでの私には縁遠い武器だった。
もちろん騎士として一通りの扱いは知っているつもりだが…
ブンと振ってみると、槍に振られて体が崩れてしまった。
思った以上に間合いは遠くバランスも難しい。
これではゴブリン一匹を仕留めるのにも苦労するだろう。

「覚え直しだな」

簡素な木柄の素槍だが、その扱いは奥深い物があるようだ。
初心に戻り、まずはまっすぐ突くことから始める。

「1、2、3…」

素振りを再開。
ふたたび汗が吹き、白い息と湯気が上がり始めた。


─────────────────────────────
─────────────────────────────
-PLスキュラ-
キリー服飾店で一回も槍を使わなかったので日常で。


- 関連一覧ツリー (▼ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
subject 入力禁止
Title 入力禁止
Theme 入力禁止
タイトル
URL 入力禁止
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
削除キー (英数字で8文字以内)
  プレビュー

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 削除キー