オランの日常 ソードワールド日常掲示板
このフォームからは投稿できません。
name
e-mail
url
subject
comment

[記事リスト] [新着記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

記事No : 11775
タイトル 雨の時間(9/10 昼 雨 学院近くの喫茶店)
投稿日: 2016/09/10(Sat) 20:59:00
投稿者エーリアン

暑い夏が終わりを告げようとしている。
こうして居るうちにも秋がやってきて、そして冬が来て、春が来て、また夏がやって来るのだろう。

俺がオランにやってきて、そろそろ1年位か?
それとももうそれ以上に経ってるのか…毎日忙しいと時間の流れが微妙にわからなくなってくるな。

例の動物博覧会での事故の犠牲者の追悼に訪れた墓地を後にして帰宅する途中、小さな喫茶店を見つけた。
特に急ぐ用事でもないし、見上げれば厚い雲が空を覆っている、もしかしたら一雨降るかもしれない。
もし降らなかったとしても、この小綺麗な店に立ち入らないのは少々もったいない、そう考えた俺は入店を決意する。

カランカランというあの独特の入店ベルの音を聞きながら入った店内は、木目調の家具が美しく落ち着いた雰囲気を放っている。

「おっ、結構お洒落で落ち着いてていい雰囲気じゃねぇの。
 気に入ったぜ、席は…そこだな」

適当に見繕った席に座り、荷物を下ろす。
鞄の中に入っているのは大抵は本や衣服に少しのお金と飲水なんかだが、その中でも存在感を発するのはこの盾だ。
中心にエメラルドが取り付けられた美しい盾『勇気ある者の盾』なんというか最近はどこに行くにでも持ち歩いている。
愛着はもちろんあるし、何となく常にそばにおいておきたいという気持ちが大きいためだ。

しかしまぁ、金目のものだと思われてスられてもたまらない(こんな盾スレる奴は居ないだろうが)
ので、包帯などで宝石の部分を隠してから普段は持ち歩くようにしている。戦闘時にはもちろん邪魔だから外すが。

「勇気かぁ…、難しいもんだよな」

盾を見つめて、ポツリと呟く。
本を読んでも精神的なものというのはこれだと断定することが出来ない為難儀する。
それだから人の成長というものの深みが出るのだろうが…まぁ考える前に何か注文するか。

「あー、そうだな。温かい紅茶をくれないか?
 砂糖もつけてくれ、甘いのは好きなんだ」

ちょっと寡黙な雰囲気のマスターに注文をつけて、ひとまずのんびりと過ごすことにする。

ぐるりと店内を見渡すと、落ち着いた店に落ち着いた客、ということなのか比較的穏やかで知的な客が多いようだ。
まぁ、わざわざこういう隠れ家的なお見せに来るのだからそれなりにこだわりも強い人が多いのだろう、身に付ける衣服やアクセサリーもこだわりを感じさせるものだ。
大抵の人物は友人と会話しているが、一人で静かに本を読んでいる客も多い、この辺りは確か学院が近いからその学生だろうか?

何にせよ、観察するのが好きなクセというのは中々抜けそうにない。
自分も本でも読んで過ごそうか、それとも…そう考えていると外からパラパラという音が響きだした。

――雨が降り始めたらしい。
こんな日はどうしても昔のことを思い出してしまう。

目を閉じて、雨の音に耳を澄ませる。
たまにはこういう時間もいいものだ。

============================
PL・久々の日常ー
通りすがったおしゃれな喫茶店でのんびりとするのです。
(喫茶店あるよね…?)

格好は鎧姿ではなく普段着ですが、布が巻かれた盾っぽいものを持ってるからちょっと目立つかも。
のんびりしたい人はどうぞー


- 関連一覧ツリー (▼ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
subject 入力禁止
Title 入力禁止
Theme 入力禁止
タイトル
URL 入力禁止
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
削除キー (英数字で8文字以内)
  プレビュー

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 削除キー