オランの日常 ソードワールド日常掲示板
このフォームからは投稿できません。
name
e-mail
url
subject
comment

[記事リスト] [新着記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

記事No : 11706
タイトル 戦士の鍛錬
投稿日: 2016/06/24(Fri) 11:35:14
投稿者エーリアン

その行動に大した理由はなかった。

俺は、ただ早くに目が覚めたからのんびりと市街の海岸線を歩いている。
いつか見た夢では、ちょうどこんなふうに、どことなく神秘的な雰囲気の水辺で俺は小さな船に揺られていた。
その船に乗っていれば俺はどこにでもいける自由があるし、船の上でずっと読書を楽しむのだって自由だ。

夢のなかでの、何の根拠もない考えだがあの世界ではきっとそうなのだろう。

なぜ人は夢を見るのか、そんな何度も繰り返し考えたような、
それでも解明しないテーマに思いを馳せながら歩くと、波止場から人の声が聞こえた。
それと同時に聞こえるこの音は、刃が空を切る音だということも…俺は判断することが出来た。

「…デュドネか?」

一心に細剣を振るう姿に見覚えがあった。
その姿はどことなく優雅でありながらも、鬼気迫るものを感じる。

「強くなってるんだな」

少し離れたところで俺は適当な壁にもたれかかり、その訓練を眺めることにした。
特に声をかけるでもなく、かと言って覗き見しているわけでもない。

ただ俺は、芸術作品を眺めるような穏やかな気分で、
徐々に目覚めつつある空と、厳しくも優しい表情を見せる海を背に、鍛錬を積む戦士の姿を眺めている。

==================
PL・デュドネももうすぐレベル4なのですね…おめでとうございます!

話しかけようかと悩みましたが、あえてここは邪魔せず見守るスタイル。
なお、全く隠れる様子もなく見ているだけなのでちょっと視界に入ればすぐ気がつくはずー
目が合っても特に何も反応しませんが、話しかけられたら気さくに返事をしたりしますー

なおエーリアンは散歩に来ただけなので、珍しく鎧などを着ていません。
一般人スタイル!(武器は持ってるかな?)


- 関連一覧ツリー (▼ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
subject 入力禁止
Title 入力禁止
Theme 入力禁止
タイトル
URL 入力禁止
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
削除キー (英数字で8文字以内)
  プレビュー

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 削除キー