オランの日常 ソードワールド日常掲示板
このフォームからは投稿できません。
name
e-mail
url
subject
comment

[記事リスト] [新着記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

記事No : 11587
タイトル お菓子配り
投稿日: 2015/10/25(Sun) 11:53:28
投稿者ロニ

> 「やーこんにちは、アタシはアヤガ。
>  アタシもこんなカッコしてるけど草原妖精、
>  わるぅ〜いTrickいっぱいやってるお姉さんよ?」

「アヤガさん,よろしくねっ。」
"わるぅ〜いTrick"って何かしらね。手品とかかしら?
小さいけれど,人生経験が豊富そうなお姉さんだわ。

> 「よく似合っていますよ。普段とは違う美しさがあります。

「そ,そうですか?ありがとうございますっっ
ドゥ,ドュドネさんも相変わらず素敵ですよっ」

びっくりしたのと恥ずかしかったのとで,噛んじゃったわ!
デュドネさんの提案で,まずは子どもたちにお菓子を配ることにした。

「そうですね。は〜いみんな,お菓子よ〜!ほら,順番にね!」

あっという間にお菓子に群がる子どもたち。すごい熱気だわ!
みんな思い思いの恰好をして,かわいいわね。私も小さい時は,
飴玉ひとつに夢中になったりしたっけ。

> 「さてこの籠、どうしたものか」

「籠ですか。う〜んと,果物とか薬草とか,身の回りの物を入れて
お部屋に置いておくとか…どうかしら?」

首をかしげつつ,アヤガさんを見る。手品で使ったりするかしら。

...........
PLより

遅くなりました〜!アヤガ「ちゃん」でなく「さん」または
「姐さん」と呼びたくなる何かを感じたロニであります。
デュドネさん安定のイケメン!イケメン!


- 関連一覧ツリー (▼ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
subject 入力禁止
Title 入力禁止
Theme 入力禁止
タイトル
URL 入力禁止
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
削除キー (英数字で8文字以内)
  プレビュー

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 削除キー