オランの日常 ソードワールド日常掲示板
このフォームからは投稿できません。
name
e-mail
url
subject
comment

[記事リスト] [新着記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

記事No : 11197
タイトル つれてきてくれよ。
投稿日: 2014/07/14(Mon) 00:53:44
投稿者ラヴェンデル

芝生の公園を見つけて、てきとうなところに座った。
おれのほかにも、ランタンとか蛍石を持ってる人が何人かいる。
ランタンのシャッターを閉めて、寝っころがった。
手の中で蛍石が光ってる。

「願い事、かぁ……」

料理は練習しなきゃうまくならないしなぁ。
戦うのだって、それはきっといっしょだ。

冒険者になってはじめての仕事で、はじめて人と戦った。
相手の攻撃をぎりぎりのところで避けながら、とにかく必死で、
余裕なんてこれっぽっちもなくて……。
あのとき夢中でふり回した斧のあたりどころが悪かった。
冒険者になっても、自分が人を殺すことになるなんて思ってなかった。
動物とか魔物だったら殺していいってわけじゃないけど、
でも人はおれにとって、守るはずのものだったのに。

おれがもっと強かったら、あんなことにならなかったのかな。
おれがもっとしっかりしてたら、
ちゃんと仲間を守りながら、敵にも手加減できたんじゃないか。

「おれ、もっと強くなる」

だれもケガしなくても解決できるくらい、強くなるんだ。

「……あ! いまのなし!」

いまのは願い事じゃなくて、がんばるっていう決意だから!
えっと、願い事、願い事……そうだ。

「いろんな人と、会わせて」

オランに来てまだちょっとだけど、すごくいい人たちと知り合えたんだ。
その人たちともっと仲良くなりたいし、これからもたくさんの人と話してみたい。
運はおれの力じゃどうしようもないから、頼むよ、蛍石。

あ、いつのまにかまわりの灯りが消えはじめてる。
おれもランタンのシャッターをおろして、空を見上げた。

「うわぁ……」

星ってあんなにたくさんあったっけ?
なんで夜にしか見えないんだろう。
どれくらい高いところで光ってるんだろう。
ときどき流れ星も見えながら、1時間はあっという間だった。
ランタンのシャッターを開けると、ハムサンドがあったことを思い出す。
思い出したら、おなかが空いてるのに気づいた。
それと、いまならちゃんと料理できる気がする。
明日の朝、いちばんに厨房に行こう。


――――PL――――
思い切り独り芝居でしたが、満足です(
しかし長くなってしまいました。

23:17:08 紫乃@ラヴィ 2d6 Dice:2D6[6,6]=12
23:17:14 紫乃@ラヴィ 2d6 Dice:2D6[6,6]=12
23:17:23 紫乃@ラヴィ 60d6 Dice:60D6
[6,5,4,3,4,2,5,1,1,3,5,6,5,6,1,2,1,1,3,3,2,6,1,3,5,1,5,6,2,5,6,4,2,6,2,6,3,3,5,4,5,6,2,4,1,6,5,3,5,6,3,3,1,2,3,3,1,3,5,1]=212

ハムサンドが6ゾロである意味を教えてください……
コイン2つゲットです。
あと、この後バンダナ買って3ガメル消費。


- 関連一覧ツリー (▼ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
subject 入力禁止
Title 入力禁止
Theme 入力禁止
タイトル
URL 入力禁止
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
削除キー (英数字で8文字以内)
  プレビュー

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 削除キー