オランの日常 ソードワールド日常掲示板
このフォームからは投稿できません。
name
e-mail
url
subject
comment

[記事リスト] [新着記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

記事No : 11168
タイトル 星空を見上げて。
投稿日: 2014/07/08(Tue) 08:16:44
投稿者エリシア

星祭り。
何となく神秘的な雰囲気を持つこのお祭りが、わたしは好きだ。
勉学を志すようになってからは、特にこのお祭りのいわれや、その収益の使い道に共感を覚えるようにもなった。

まずは献蝋のための蝋燭を買い、雛壇の燭台に灯す。
周囲はこの蝋燭の灯りで、ずいぶんと明るくなる。

次は、星還しのイベントに向かう。
蛍石の灯りが天に昇る前に、願いを込めると叶うと言われている。
願い事、か…。
風の噂で旅に出たという、少年のような魔術師の姿をふと思い出す。

『これまでの出会いと別れに感謝を。
 友人たちの健康と安全を。
 そして…。』

そして、何だろう?
ふと浮かびかけた想いを、何だか気恥ずかしくなって飲み込む。
これじゃあ、日々のお祈りと大して変わらない。

『わたしの大切な人たちが、幸せでありますように…』

そっと願いをこめて、わたしは空に昇っていく淡い光の群れを眺めていた。

***********

しばらくして、献蝋の灯りが消されていく。
やがて、夜の闇が辺りを染める。
空を見上げる。
満天の星空が広がっていた。

飽きることなく、わたしは星空を見上げ続けていた。

━━━━━━━━━━
@PL

星空を眺める、というとAcid Black Cherryの『君がいない、あの日から…』の曲を思い浮かべます。
指切りする相手はいませんけどw

60D6[1,4,5,1,2,6,5,6,1,5,6,6,5,5,2,4,1,6,6,4,2,5,3,5,5,5,4,3,5,5,2,3,3,5,6,6,6,6,6,1,4,6,1,5,2,1,4,2,6,2,6,4,5,1,6,3,6,1,5,2]

流れ星9つ見つけたー!


- 関連一覧ツリー (▼ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
subject 入力禁止
Title 入力禁止
Theme 入力禁止
タイトル
URL 入力禁止
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
削除キー (英数字で8文字以内)
  プレビュー

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 削除キー