[リストへもどる]
一括表示
タイトル通り雨(6/1 噴水広場)
記事No12033
投稿日: 2018/06/01(Fri) 16:09:49
投稿者デュドネ
郊外に庵を構えてから、すでに季節は初夏を過ぎた。
魔法生物もエルフも、時間に頓着しない種族としては共通していて、一旦街を離れると時間の感覚のズレが甚だしい。
森に引きこもる同朋たちとこれでは変わらないではないか。
多少の危機感と、必要物資の買い出しのために街に出たものの。
大通りを歩いていると、雨が降り出した。
今日は降るまいという予測は完全に外れた。
狼耳を隠すためにフードはかぶりっぱなしであるから、私自身に問題はないのだが、物資が濡れる。
特に小麦は濡れると良くない。


「やれやれ」

噴水広場で木陰に入る。
おそらく通り雨だろうから、やり過ごすとしよう。

「上空のシルフの動きを読み損ねたか。
 精進が足りんな」

重く立ち込めた黒い雲。
目を遠くにやれば、晴れ間すら見える。
天気は気紛れだが、流れを読めばある程度は予測できる、はずなのだが。


 「げこ」


鳴き声に釣られてそちらを見れば、小麦を詰めた袋に、アマガエルが一匹乗っていた。

「君に雨宿りは必要ないだろう」

雨に釣られて草むらから出てきたのか、彼は喉を震わせてころころと音を立てている。

「ちょうどいい。
 退屈しのぎに君の歌を聴かせてもらおうか」

ふっと微笑んで、雨の音に混じる軽やかな声に、私は4つの耳を傾けた。




------------------
PLより:
そろそろ冒険もしたいのでリハビリリハビリ

タイトル6月になっちゃいました
記事No12035
投稿日: 2018/06/01(Fri) 20:32:35
投稿者ペチカ

「ん?」

額に大きなしずくが飛んできました。
誰のくしゃみでしょうか。

   ポタ。
   
次は鼻にしずく。

「・・・。
 あれ?」

下を見ると地面に水玉模様ができています。
驚いて空を、見上げれば「わぁ」厚そうな雲。いつの間に?

――――考え事をしていました。
フェリクス様のことを考えていました。
ゆく先はわかるのに行き先がわからない、困った人。
ねぇわたし・・・西まで来ちゃいました。ここは少し天気が違います。
いきなり大粒の雨が降るんですよ!

普段ならこの程度の雨、平気です。
だけど今日はこのあとを決めていないので急ぐことができません。
なので雨のせいにして。

公園の大きめの木に飛び込んだら・・・ お先のお客様がいらしていました。

「!」

・・・これで声をかけない、のは・・・。

「ぁ・・・」

わたし無礼者です・・・でも怖そうでっ。

そのお方はフードを被っていて、連戦練磨といった感じのする男性のようです。
お話の糸口どうしようと固まっていたら

   「げこ」

「うん?」

何度も聞いたことのある初夏の声。とっても近くから響きました。

まさかと思ったら――――

「ふふっ あはあはっ お荷物にカエルが乗ってますよ」

なんか、緊張の糸−−−−なくしちゃいました。

「かわいい」


------------------
PLより:
こんにちは。すみません勝手にやっていいものかわかりませんでした。

タイトルかえるのうたが
記事No12040
投稿日: 2018/06/05(Tue) 17:09:00
投稿者デュドネ
参照先http://bbs.swordworldweb.net/pc-list/read.cgi?no=558
突然の雨で、往来も慌ただしくなった。
濡れても気にも留めぬ者、急いでいずこかへ向かう者。
王都の住民は多く、よって反応も様々だ。

ひとりの少女が、ぱたぱたと駆けこんできた。
彼女も雨宿りということだろう。
先にいた私に今気づいたのだろう、小さく声を上げたので、私も軽く微笑んで会釈をした。
王都には人間が多い。すれ違う者すべてに声をかけていては一歩も進まないだろう。
・・・とはいえ。
わざわざ沈黙を保つほど厭世的ならば、私は冒険者になどなっていない。


闖入者のカエル氏がちょうどいいきっかけを作ってくれたようだ。

>「ふふっ あはあはっ お荷物にカエルが乗ってますよ」

彼女の反応が微笑ましく、私は目を細めた。
声の主は剣をはいた色白の少女。
私も色は白く、そのせいだろうか、強い日の光は苦手だ。
フードはもともと手放せなかったが、今は別の理由で手放せない。

「ちょうどコンサートが始まったようです。
 貴女も嗜まれるようですね」

軽やかな鳴き声が響く中、彼女の荷物から垣間見える、何かの楽器。
風貌からはおそらく同業、冒険者だと思われるから、つまり彼女は剣を扱う吟遊詩人、ということだろう。

「私のような武辺者でも、音楽は楽しいものです。
 カエルのコーラスもなかなか面白い」

小麦袋に乗った彼(彼女?)の声に釣られたのか、あちらこちらから姿の見えない声がころころと聞こえてくる。
雨の滴る音と合わさって、複雑なリズムを刻んでいる。

「彼が私の荷物に飽きるまでは、ここにいるとしましょう」




---------------------
PLより:
ツナツナさん、絡んでくださってありがとうございます〜。
ペチカちゃんかわいい!(語彙

タイトルフルコーラス
記事No12045
投稿日: 2018/06/07(Thu) 23:26:51
投稿者ペチカ
気まぐれ雨宿り。
分厚い雲がお空を覆い、深い春の小洒落た街角にゆっくり翳りがさしていきます。
深呼吸したくなる素敵な街・・・初めての場所は少し心細くて、新鮮。

わたしが声をかけたら、かの殿方がこちらへ意識を向けてくださいました。

>「ちょうどコンサートが始まったようです。
> 貴女も嗜まれるようですね」

「そうなんです、少しだけですが」

ハッとして両手を上げると、わたしのベルトポーチからパンパイプが覗いていました。

「まだ見よう見まねなんです。
 音程を追うだけにならない、耳に心地よい声や音色やリズムを出すのは
 まだまだ難しいです・・・でも、好きだからやっちゃいます」

>「私のような武辺者でも、音楽は楽しいものです。
> カエルのコーラスもなかなか面白い」

優しそうな口調でそうおっしゃいました。

カエルが喉を膨らませてはしぼめています。

     ポタン

すぐ上の木の葉に雨が落ちました。
そしてほどなく私の耳には、

     ケロン ゲコ コロロ ゲコ 

温度を感じる合唱が始まりました。

>「彼が私の荷物に飽きるまでは、ここにいるとしましょう」

「あ・・・申し遅れました。わたしペチカっていいます。
 早く雨が通り過ぎるといいですね」

お荷物を持つ腕が疲れちゃいますからね。

わたしは今のうちにと、湿った空気を肺にいっぱい吸い込みました。


---*---*---*---*---*---*---
(PLコメント)
文章がまとまらず(T_T)
オチもなくてすみません。

タイトルセッション(追記修正)
記事No12049
投稿日: 2018/06/08(Fri) 12:50:12
投稿者サル
石畳を打つ雨音と、蛙の鳴き声─。
自然の奏でるメロディは、故郷の祭礼に通じる懐かしさがある。


カンカンカン、カカカカカァン♪


「あ、ゴメンなさい。
 心惹かれる音色につい…。
 邪魔にならないようにするんで、一緒に演奏してもいいですか…?」

図々しいと思いつつも、二人と一匹に会釈をしてお願いする。


「こうして雨に降られるのも、たまにはいいですね。」



PLより───────────────────────────────

デュドネさん、ツナツナ@ペチカさん、はじめまして。

パンパイプが好きで、つい乱入してしまいました。すいません。
実は自分でもサンポーニャを持ってるんですよ。

皆さん、仰ってますが、ペチカちゃん可愛いですねー。


※追記
うわー本当だ! 昼休みの終盤に慌てて読むからこんなことに…。
パンパイプのくだりだけ修正しておきますね。
変な人になっちゃいましたが、書いてしまったので仕方ない。(笑)
お捻り不要なので、どうぞ聴いてやってください。

【 投稿者修正】

タイトル雨天特典。
記事No12050
投稿日: 2018/06/08(Fri) 21:09:24
投稿者ペチカ

耳を・・・すましてなくとも「んっ?」聞こえました。

   カンカンカン、カカカカカァン♪

「ふふふふふ あははっ」

なんか、おもしろいお方がやってきました!

>「あ、ゴメンなさい。
> 心惹かれる音色につい…。
> 邪魔にならないようにするんで、一緒に演奏してもいいですか…?」

「いい雨音ですよね。
 もちろんどうぞ。
 雨天緊急ミニコンサートってやつですね」

と、一歩二歩下がります。

以前いたお屋敷の、一番近かった青果店で
雨が降ると表示の価格から数割引していたことを思い出しました。

・・・というか、わたし、雨宿りしていた木から下がりすぎたのか、ちょっとポツポツ雨が背中に当たります。

演奏が始まるのを待ちつつ、右手にコインを握りしめて、いつ”おひねりを投げてもいい”状態にしました。

---*---*---*---*---*---*---
(PLより)
サルさん、宜しくおねがいします。
おもしろくて乗っちゃいました(^o^)
ペチカは何も演奏していませんー。楽器に一瞥を投げて終わっております。

タイトル原初の音楽
記事No12051
投稿日: 2018/06/11(Mon) 13:39:43
投稿者デュドネ
参照先http://bbs.swordworldweb.net/pc-list/read.cgi?no=558
>「あ・・・申し遅れました。わたしペチカっていいます。

少女が自分の名を告げ、私は無礼を恥じた。

「私はデュドネ。
 先に名乗らせてしまうとは申し訳ない」

名を伝えると、その時、拍子木の音がした。
浅黒い肌の少年だ。
快活な印象を与えるが、礼儀正しい。


> 邪魔にならないようにするんで、一緒に演奏してもいいですか…?」

蛙と一緒に演奏をするという少年に、好感を覚える。


「いつかどこだかの村で、打楽器だけで構成される音楽を耳にしたことがある。
 とても原始的で、その分直接魂に響くような音だった。
 君の音は、その時感じたものを思い出させてくれた。
 是非、聴かせてくれないか」


あの時の音楽は、確か雨を願うためのものだった。
生活と願いが直結した音楽は、時に魂をゆさぶる。

ペチカの背が濡れていることに気付き、私は自分の立ち位置をずらして彼女をもう少し手前に戻るよう促したのだった。


-------------------
PLより:
わーい自由人さん!
サルのキャラクターシート、すっごい作りこまれてますねえ!
ペチカちゃんは濡れてはならぬ。

タイトル嗚呼、わが友よ
記事No12055
投稿日: 2018/06/14(Thu) 00:16:37
投稿者ハウリー < >
参照先http://bbs.swordworldweb.net/pl-list/read.cgi?no=1422
「・・・雨か。」(空見上げ)

今の自分にはぴったりだ。
ちょうど雨に打たれたい・・・そんな気分だしな。(アンニュイ)
それにしても・・・

「オランに帰るのも久しぶりだ。まるで何年も留守にしていたようだ。」

6月の雨には・・・ため息がよく似合う・・・ふう・・・(とぼとぼ)

・・・

・・・ん?あれは?楽器の音?

「サルではないか!久しいな。元気にしていたか?」

思わぬ所で思わぬ知己に。
逞しくなった。どうやら冒険者としてそれなりの実績を積んだようだ。
うむ、憧れの先輩としては、嬉しい限りだ。(妄想)

そばにいる女性は?・・・まさか!いやそうに違いない!!
演奏で・・・女性を口説いている最中だったのか!
なんぱというやつだな。声をかけて悪い事をしてしまったなあ・・・

「初めまして、可愛いお嬢さん。
私はサルの友人で、ラーダの神官戦士、ハウリー・マードと申します。
いやあサルはいい奴ですよ。演奏の腕もいい。」

サルの憧れの先輩としては、フォローしてやらねば。(妄想)

「いや済まない。邪魔者は消えるとしよう。」

しかし、そばにはもう一人、フードの男が・・・
仕方がない。サルのためだ。邪魔者を排除して二人きりにしてやろう。

「・・・あーーー、そこの君・・・あれ?なんだデュドネではないか?
フードで解らなか・・・!!」(慌てて視線逸らし)

・・・なんだあれは!?猫耳?猫耳か!?(きょどきょど)
デュドネ・・・そういう趣味があったのか・・・(チラチラ)
いや!趣味嗜好がどうであろうと友には変わりない!(視線逸らし)
たとえそれが変た・・趣味であっても・・・神よ!何という試練を!!(天を仰ぐ)

触れるべきか?いや気が付かないふりをするべきか?
いや・・・だが・・・しかし・・・ええい!ままよ!

「デュドネ!何があっても私は貴様の友だ!強く生きるのだぞ!
世間の目など気にするな!ありのままの自分でいればいいのだ!」(福々しい目)

・・・・・・

「じゃ!私は用事を思い出した。またな!」(そそくさ)

ラーダよ。わが友デュドネに祝福を・・・

タイトル袖振りあえば。
記事No12058
投稿日: 2018/06/15(Fri) 21:44:16
投稿者ペチカ

>「いつかどこだかの村で、打楽器だけで構成される音楽を耳にしたことがある。
> とても原始的で、その分直接魂に響くような音だった。
> 君の音は、その時感じたものを思い出させてくれた。
> 是非、聴かせてくれないか」

小麦袋を抱えたデュドネさんも、明るい役者さんをお招きしました。
同時にわたしへ無言のエスコートをしてくださり、・・・こんなのは初めてです!
優しくて器用なお方。

>「サルではないか!久しいな。元気にしていたか?」

また別の明るいお声がこちらに届きました。
そのお方はなんとわたしへ話しかけてくださいました。

>「初めまして、可愛いお嬢さん。
>私はサルの友人で、ラーダの神官戦士、ハウリー・マードと申します。
>いやあサルはいい奴ですよ。演奏の腕もいい。」

「こっ こんにちは、マードさん。はじめまして。わたしはペチカといいます。
 お二人はご友人なのですね」

なるほど、お二人の正面からグイグイ来るパワーが共通しています。
わたしはそれに少し足を竦めてしまいます。

>「いや済まない。邪魔者は消えるとしよう。」

と、

>「デュドネ!何があっても私は貴様の友だ!強く生きるのだぞ!
>世間の目など気にするな!ありのままの自分でいればいいのだ!」

なんと、マードさんはデュドネさんともお知り合いだったようです。
なるほど”地元”というやつですね。

とりあえずわたしも馴染めるようになりたいと、思いました。


---*---*---*---*---*---*---
(PLより)
よろしくおねがいしますっ。