[リストへもどる]
一括表示
タイトル心を映す物(5/6,裏通りの武器屋)
記事No12028
投稿日: 2018/05/06(Sun) 00:14:58
投稿者クロムウェル
参照先http://bbs.swordworldweb.net/pc-list/read.cgi?no=588
「御免」


裏通りの小さな武器屋。
そのくたびれたドアを、身をかがめるようにしてくぐる。

すでに夕暮れ迫る折、薄暗い店内にはしかしあらゆる武具が並ぶ。
剣、槍、戦斧、鎚矛、すべて人に武をもたらすための器たちだ。


「主殿、これを」


鉱山妖精の背丈に合わせた低いカウンターに、使い込んだ長槍を置く。
穂先は刃こぼれ、柄はひび割れ、我ながらひどい有様だ。
咎めるような主の視線に、黙して羞恥を示す。

騎士であった頃ならば伝来の鎧も受勲の剣も人一倍丁寧に扱っていたのだが、
独り身となってからはどうにも扱いが雑に……というか、
壊れてしまえと叩きつけるように扱うことが増えてしまった。

特に右手、”憎悪の呪い”を闇司祭から授けられてからは。
……チリチリと手の甲が疼く。


「修繕には如何ほど…いえ、新調は」


一旦は辞したものの、修繕依頼もこれで幾度目か。
軽量安価な木柄の素槍などではなく、もっと本式の武器を求めるべき頃なのかもしれない。

見積もりを待つ間、店内をうろつく。


..
...
....


(ポールアックス、ハルバート、ルーサーン…)


まず手にとったのはポールアームだ。
鉄柄のこれらはまさに戦うための道具、威力に優れ万能、耐久性も万全だ。
戦士としての私はこれらの武具の機能美に強く惹かれる。

だがはて、コレを持って私はどこの戦へ赴くのだろうか。
冒険者として持ち歩くには重いし、街中で不意に仇と出会ってもコレでは戦えないだろう。

しっくりと馴染む手応えに後ろ髪を引かれながらも、私は彼らを棚に戻した。






(バトルアックス、メイス、フレイル、ウォーハンマー…)


続いて見るのは戦斧を始めとする、威力に優れながらも一回り小ぶりな武具たちだ。
人間同士だけでなく、遺跡や辺境で怪異と戦う冒険者にもこれらを愛用する者は多い。
冒険者としての私は威力と携行性、そのバランスや良しとして彼らを選べとささやく。

だが冒険者として生きて、それで本当にいいのだろうか。
我が本懐は復讐、仇討ち。
王都の、それも恐らく大盗共のギルドに潜むという暗殺剣の使い手、
蠍の某を殺すためにこそ私はここにあるのだ。

奴の剣は速く、精密……魔獣の首を落とし、頭蓋を砕くに用足りる戦斧達では、
あの剣に対抗することは難しいだろう。

棚のマスコット的存在か、モーニングスターを愛でるように撫で、次へ向かう。





(やはり、剣…)


精鋭の二重傭兵たちが槍衾に切り込む両手剣。
冒険者はじめ流浪の剣士の象徴ともいえる片手半剣。
そして騎士のころから最も馴染み深い幅広の剣……私の心はどうしても無数の剣達の間にこそとらわれてしまう。


(隣国の曲刀か)


主自ら鍛えた武器ばかりが並ぶこの店では珍しく、工房都市エレミア風の曲刀も置かれていた。
熱い風が吹く彼の国では東国や西国風の板金鎧は主流ではなく、
もっぱら軽装を切り裂くための曲剣曲刀が好まれるのだという。

”獅子の尾”とあだ名される大曲剣、鞘から抜く音すら優美なソレを手に取る。


(…似ている)


我が妻子の殺されたあの日、あの時……ちょうど今のような夕闇迫る木立のなかで、
キラリと見えた刀身はこのような拵だったように思う。
いや、よく思い出せはしないのだが。


(おのれ、蠍)


茜色の空に、なお真紅く飛ぶ家族の血飛沫。
それを見た私は一瞬、呆気にとられ、次の瞬間には獣めいて咆哮を上げた。

朴念仁の私を助け、愛してくれた妻。
なかなか子宝に恵まれなかった我らの自慢の娘。

なぜ、なぜ先に私をその手にかけなかった蠍よ。
私はあんなものは見たくなかった。
女々しいと言われようと、私はあの時に死んでおきたかった。

病床の上で、無限に繰り返す”あの光景”。
そこから目をそらすために私は旅をし、こうして王都に流れ着いた。
復讐は未だ成らず……幸いにして。


..
...
....


ふと気がつけば外は宵。
すっかり暗くなった店内に、獣脂の明かりだけがポツンと灯っていた。
暗闇など気にしない主殿の、人間への気遣いなのだろう。

……だがもう少しだけ明るくしてほしい。
来るたびにそう訴えてはいるのだが。


「見積もりありがとうございます。
 ……うーん」


修繕見積もりのほどは、直すには高く、買い直すには届かず、微妙な金額が提示されていた。
値段交渉一切無用と質実さをアピールするこの店だが、
以前、騎士だったころからの経験で私は知っている……こう見えてドワーフは商売上手なのだ!


「すみません、もう少しだけ見ていっても…?」


買うか、買わざるか。
店じまいの支度を始める主を尻目に、私は女々しい行いの第二幕を開始する。


───────────────────────────────────
───────────────────────────────────
-PLスキュラ-
久しぶりに無印日常を書いてみたり。
グレソとプレートを書いたくてお金を貯めてたんですが、
いざ買える額が貯まると迷ってしまったり……そんな心情を下敷きに書いてみました。
まようー

【 投稿者修正】

タイトル職人技
記事No12032
投稿日: 2018/06/01(Fri) 15:43:30
投稿者ヴェルケル
ふむふむ、良い腕よの。
店に並ぶという時点で腕利きなのは間違いなかろうが、これはなかなかの逸品。
さすがは王都オランというべきよのう。

小ぶりのマンゴーシュをいじくりながら、ぶつぶつと品定めをしておると。

同じような様子でぶつぶつと呟いている御仁がおる。
大柄な体格に見合う、大ぶりな武器を次から次に。

「そのグレートソード、お主に合いそうだの」

マンゴーシュを左に持ったまま、その御仁に話しかけた。

「この店、なかなかの職人を揃えておる。
 見てみい、このマンゴーシュを。
 強度を最高水準で保つこの曲線。
 受けのためのシールドの強度と取り回しの良さを極限まで追究しておる。
 そしてこの刃紋。
 切れ味と強度の兼ね合いは永遠の課題であるが・・・」

べらべらとこの手に持った武器の出来の良さを語り続け、ふと我に返る。

「うむ、済まぬのう。
 こちらのことを話しても詮無きことであった。
 そのお主の手にしたグレートソード、握りと刀身の見事なバランス。
 振り下ろされる勢いに合わせて計算されつくした刃の鋭さ。
 何度振り下ろしても欠けぬ強度。
 それだけの鉄を打つことは容易ではない。
 拙僧も職人の端くれとして云々」


・・・・また話し続けてしもうた。


「いや済まぬ。
 お主も武器を愛する者と思うてつい、の。
 いや、戦士にとって武器は命。
 他者が口を挟むことではない、とは頭では分かっておるのだがの、ファファファ」


大きく笑い、がっしと戦士殿の手を取る。


「今は叶わずとも、お主のごとき男であらば、いずれ必ず終生の友と呼べる武具と出会えよう。
 お主に良き武具との出会いがあらんことを」


-------------------
PLより:
ただの不審者だった。
お邪魔しました!

タイトル老の教え
記事No12043
投稿日: 2018/06/05(Tue) 23:24:57
投稿者クロムウェル
参照先http://bbs.swordworldweb.net/pc-list/read.cgi?no=588
>「そのグレートソード、お主に合いそうだの」


「む、貴殿は…」


不意に声をかけられる。
店の薄暗さを除いても、憶えのない顔の御仁だ。


>「この店、なかなかの職人を揃えておる。
> 見てみい、このマンゴーシュを。
> 強度を最高水準で保つこの曲線。
> 受けのためのシールドの強度と取り回しの○▼※△☆▲※◎★●


「はぁ。
 いや、確かに…」


単に世間話の相手を求められているのか、それとも自己紹介からすべきか。
考えている間にも相手、どこか眠たげな目をしたドワーフ殿は語り続ける。
寡黙にして頑固、だが駆け引きにも優れるという、私がミードで出会ったドワーフたちとは
また一風変わった人物であるようだ。

なんとか口を挟む隙間を見出そうと、じりじりとして待つ。


>「うむ、済まぬのう。
> こちらのことを話しても詮無きことであった。


「いえ、貴重なお話で――」


いまだ!……と、会話の主導権を得んとして切り出す。
だが踏み込みが甘い!


> そのお主の手にしたグレートソード、握りと刀身の見事なバランス。
> 振り下ろされる勢いに合わせて計算されつくした刃の鋭さ。
> 何度振り下ろしても欠けぬ強度。
> それだけの鉄を打つことは容易ではない。
> 拙僧も職人の端くれとして云々」


「はい…
 はい…
 ええ、本当に…」


結局、会話の第二ラウンドにおいても先制を奪われた私は、
ふたたび水車小屋の杵よろしく相槌を打つ機械と化すのであった。

この御仁、できる…!


>「いや済まぬ。
> お主も武器を愛する者と思うてつい、の。
> いや、戦士にとって武器は命。
> 他者が口を挟むことではない、とは頭では分かっておるのだがの、ファファファ」

>大きく笑い、がっしと戦士殿の手を取る。


「いえ、勉強になりました」


こちらもガシリと握り返し、人としての経験を積めたことへの感謝を伝える。
思えば我が騎士道の師、祖父からも『ぼんやりするな』とよく叱られていたものだった。
皆が豊かな髭蓄えるドワーフ族は、人間からは年の頃も分かりづらいが、
しかしこの武器への厚い見識……彼もまた、祖父の如き年の功の持ち主なのやも知れぬ。

年長者には敬意を払う、それもまた祖父の教えた騎士道だ。


>「今は叶わずとも、お主のごとき男であらば、いずれ必ず終生の友と呼べる武具と出会えよう。
> お主に良き武具との出会いがあらんことを」


「はい。
 ご老台もまた」


会釈をし、その場を離れる……やはり剣を持とうと、内心に決意を秘めながら。


───────────────────────────────────
───────────────────────────────────
-PLスキュラ-
ト○ネコ…!?と、イラストを見て思い、
そして大量の武器装備品を見てその認識を確かなものにしたスキュラです。
おいでいただき感謝感謝!