[リストへもどる]
一括表示
タイトル4月のお祭りと市場風景
記事No12025
投稿日: 2018/04/02(Mon) 11:10:12
投稿者市場担当者(代理)
===========================
★4月のお祭り…春駒市★

今回のお祭りは街中を飛び出し、郊外の野原で行います。

もともとはたくさん行われる馬の競り市のひとつでしたが、集まる馬の優秀さが評判を呼び、いつしか市そのものが大きなお祭りになりました。
ここには騎乗馬、労働馬だけでなく仔馬や牝馬、種馬、ロバもおり、遠くはミラルゴからやってきます。
馬を売る人買い求める人々に混ざり、一般の人々もピクニックを兼ねて見物に訪れ、露店や催し物も並んで賑わいを見せています。
 ※馬は主催者側が厳重に管理しているので、日記上で「暴走した」等の騒ぎは起こさないでね^^

■追い物射
お祭りのデモンストレーションのひとつ。いわゆる流鏑馬です。
・参加費:10ガメル
・馬や道具は主催側が貸してくれます。持ち込みでもOKです。
・馬を持参しても、参加費は必要です

まず、[冒険者レベル+敏捷度B、目標値7]で乗馬判定を行います。
落馬しても、サポートする人が傍にいるのでダメージは負いません
失敗してももう一度挑戦できますが、二度失敗すると参加を拒否されます。
その場合、参加費は戻ってきません。

乗馬に成功したら、そのまま全力で走る馬上から3つの的に向かって矢を放ちます。
射的判定は[FT、SH、RNから任意の技能+器用度B]に-4ペナです。
技能の無いPCは平目で判定してください。

的は徐々に小さくなります。
目標値は、1つ目の的が8、2つ目は10、3つ目は12です。

1つめの的に矢を当てると10ガメル、2つ目は20ガメル、3つ目は50ガメルの賞金がもらえます。
三つ全て当てると、ボーナスとしてさらに100ガメル上乗せでもらえます


■ホースランコーナー:利用料金は出展者に寄る、自前の馬を持ち込む場合10ガメル
ドッグランならぬ、ホースラン(笑)。馬を自由に走らせることの出来る場所です
売りに出された馬の試乗や、露店主の乗馬サービスコーナーにも利用できます
===========================

===========================
■出展名:食事処ダキス
ダキス「ミラルゴから来たんだ、口にあうかね?」
市の一角で大きなテントを張り、テーブルや椅子を並べた簡易レストランです。

・馬肉のシチュー:一皿2ガメル。
・羊の茹で肉:一皿2ガメル。山盛りの骨付き肉を手づかみで豪快に
・馬の炙り肉:一本1ガメル。串に刺し、塩で味付けしたもの
・馬の挽肉焼き:一皿3ガメル。馬肉を挽き、香辛料を一緒にこねて平たい団子にし焼いたもの

・乳茶(スーティーツァイ):1ポット3杯で1ガメル:紅茶の葉を沸騰させたミルクで煮出したもの。
・馬乳酒(アイラグ):一杯1ガメル。馬の乳を醗酵させて作った白酒。
           ヨーグルトのようなさっぱりした口当たりで度数はあまり高くない
===========================


===========================
■ヨギ屋の弁当売り
ヨギ「青空の下で食う飯ほど、うまいもんはないだろ?」

・バケットサンド:一本1ガメル。バケットに炙った肉、チーズ、青菜、玉葱をはさんだもの
・果物:2つ1ガメル。大きなバスケットの中に、リンゴ、オレンジ、グレープフルーツ、トマトが無造作に入っています。
    そこから好みの果物をチョイスできます
===========================


===========================
■出店名 :ウルクスの旅人の店
ウルクス「ウチの商品は旅をより便利にしますよ」

・1人用テント:200ガメル
・2人用テント:230ガメル
 それぞれ一人用、二人用のやや小型なテント、男女のパーティでプライバシーを守りたい時に
・薪セット:20ガメル
 一辺20cmくらいの小箱に薪と初期燃焼用の燃料が入った簡単キャンプファイヤーキット
・充実調理キット:80ガメル
 複数の鍋や調理器具、調味料などが入ったセット、それぞれサイズが違うので一番大きな鍋にまとめて入れられます
投射式ランタン:50ガメル
 ランタンの内側3方に鏡を貼り前方に強い光を向けるランタン、洞窟などにどうぞ
・美味しい保存食:1個10ガメル
 やや保存可能な期間が短くなった物の味が良くなった保存食


元々は冒険者相手の一般雑貨を売る店をしていたが
商売相手との差をつけようと少し高くてちょっと便利なモノを扱うようになった店

※3月に引き続き、彩月さんの案を採用させていただきました
===========================


===========================
■出店名 :超絶美形裁縫店アルクーナ
アルクーナ:「変身願望は誰にでもあるもの…。それがもとの姿とかけ離れていればいるほど、強いのです」

・着ぐるみ「常用馬」:50ガメル
 馬の着ぐるみ。色は鹿毛。

・着ぐるみ「荷馬」:50ガメル
 背部にバックパックの着いた馬の着ぐるみ。色は葦毛。

・着ぐるみ「軍馬」:50ガメル
 なんとなく軍馬っぽい気がする馬の気ぐるみ。色は青鹿。

・着ぐるみ「ロバ」:50ガメル
 ロバの着ぐるみ。

・着ぐるみ「ペガサス」:100ガメル
 背中に羽根のついた馬の着ぐるみ。羽は動かせない。色は白。

・着ぐるみ「ユニコーン」:100ガメル
 額に一本角がある馬の着ぐるみ。色は白。

・着ぐるみ「バイコーン」:100ガメル
 額に二本角がある馬の着ぐるみ。色は黒。

・着ぐるみ「ヒッポカンボス」:100ガメル
 下半身が魚になっている馬の着ぐるみ。色は水色。

・着ぐるみ「ヒッポグリフ」:100ガメル
 上半身が鷲になっている馬の気ぐるみ。色は茶色。

・着ぐるみ「ヘッドレス・ホース」:50ガメル
 馬の着ぐるみ、ただし頭だけ無い。色は鹿毛。

・着ぐるみ「ケンタウロス」:100ガメル
 下半身のみの馬の着ぐるみだが、臀部に馬の下半身のハリボテがついている。

・着ぐるみ「"金色の尾"」:200ガメル
 上に同じ、尻尾のみ金色。

※世界中を回ってさまざまな文化を見てきた服飾デザイナー。
 三月の祭りの屋台での成功に勢いづき、馬市で馬の着ぐるみを作って売るという果敢な挑戦に挑む。

出展主:ブライトさん
===========================


===========================
■タバサの毛皮売り
タバサ「今日は馬革ばかり集めたよ、手にとってよーく見ておくれ」

・レザージャケット:5ガメル
・レザーシャツ:2ガメル。
・レザースカート:2ガメル
・レザーパンツ:3ガメル

・ベルト:1ガメル
・手袋:2ガメル
・ブーツ:5ガメル

・背負い袋:50ガメル。ポケットがたくさんついて収納に便利
・手提げ袋:10ガメル
・ベルトポーチ:15ガメル

※2月の市に続いて登場です。
 服は性別、種族すべて対応。色は栗色、黒、灰色、赤、白が揃っています
===========================


===========================
■ウォルフの楽器屋
ウォルフガング:「馬にまつわるもんといえばこいつかなあ。」

・「馬のしっぽ」シリーズの楽器:各100G。
・「やっぱり馬は馬」アクセサリー:10G〜

※「馬のしっぽ」これは、ウォルフの知り合いの通称であり、作品のシリーズ名でもある。
 彼女の作品は、例外的によく扱うことにしているらしい。
 ラインナップとしては、横笛、リュート、リラ、ハープを始めとして色んな楽器がある 特徴としては、意匠として『馬のしっぽ』があしらわれている事。

 アクセサリーのほうは、「馬のしっぽ」の弟の作で。お世辞にも上手とはいえない。
 が、店番代わりをしてもらうついでに、商品の陳列を許した。
 「これ買ってくれたら、こっちおまけするよ?」
 一応は、楽器を売ることには積極的なのだ。

出展主:光矢さん
===========================


======================================================
■出店名 :“善人”なるアーニー
アーニー:「あんたたちの大事な馬にどうだい?
      品質? まかせろ、大丈夫だ、問題ない」

・鞍(くら)革製   50G
・手綱(たずな)革製 5G
・鐙(あぶみ)鉄製  20G

※全ての商品にアーニーの刻印である、馬の蹄をモチーフにした刻印が施されている。
 購入者には干し草のサービス付。
 商品のイメージは購入者の心の中に…ということで。
 他に小物も揃っていますので、適当に一つ1Gくらいで置いてあると思っていただけましたら。

出展主:がるふぉさん
======================================================


======================================================
■出店名 :“偽善者”コーディ(アーニーの弟)
コーディ:「あんたたち、馬に乗ってみないかい?
      風を切って走るのは気持ちいいぜ。
      もちろん気に入ってくれたら、馬を買ってくれても構わないよ。
      兄貴の作った馬具も一緒に買ってくれるのならば大歓迎だよ。
      品質? まかせろ、大丈夫だ、問題ない」

・乗馬コーナー。
 5Gで馬に乗せてくれるサービス。
・蹄鉄型のお守り:コーディの乗馬コーナーで馬に乗った人にもれなくプレゼントされます。
         蹄鉄のお守りは邪気を払い、幸運を呼び込むと信じられています
         手のひらサイズで、バックや腰に吊り下げることができます

※全ての馬にはアーニー製の馬具が付いている。
 (いわゆる見本市のかわりも兼ねて)

出展主:がるふぉさん
======================================================


======================================================
■出展名:馬喰ラファティ
ラファティ「いい馬が揃ってるよ、思い切ってマイ馬入手のチャンスだよ」

『馬喰』とは、牛馬の売買を斡旋する人のこと。良い馬を見分ける目を持ち病気を治す技術もあります。
馬喰の中でも特に目利きと評判で、貴族や富裕層からも信頼の厚いラファティの見立てた馬が並びます。
買わなくても見物や試乗OK、試乗する場合一頭につき5ガメル払ってください。

・荷場:1500ガメル
・乗用馬:5,000ガメル
・軍馬:10,000ガメル

※表示金額は最低価格です。より優秀な馬は、これより高くなるでしょう。
 だたし、どんなに高くなってもシナリオでボーナスはつきません
※馬の種類はいろいろです。赤毛、栗毛、黒毛等、好みの描写でかまいません
※購入した場合、飼葉代や馬小屋代等、一月につき50ガメルの維持費を任意のタイミングで減らしてください
====================================================

タイトルお馬の稽古
記事No12026
投稿日: 2018/04/24(Tue) 23:46:52
投稿者サル
季節は進み、ここオランも暖かい日が多くなってきた。
冬枯れの寒々しい景色は一変し、街の郊外では春の野花を見ることができる。

食用となる野草を採りに郊外へ出てみたところ、
いつもは何もない草むらに、なぜか人だかりが出きている。

集まっている人に尋ねてみたところ、
馬の競り市にともなって祭りが催されているのだそうだ。



「馬かぁ…、
 冒険者なら乗れて当然らしいけど、乗馬の習慣なんてなかったからなぁ。」

これまで馬の背に跨ったのは、
貴族の依頼を受けた際に、帰路を馬で送ってもらった時の一度だけだ。

「この先、火急の依頼で早馬に乗ることもあるだろうし、
 もう少し馬に慣れたおいた方がいいかもしれないなぁ…。
 せっかくの機会だし、ちょっと練習させてもらおう!」


    *    *    *


乗馬コーナーで、5ガメルを支払い、
初心者向けの馬を貸してくれるようお願いすると、
どの馬も乗馬用の調教がされているとのことで品質に問題はないとのこと。



「なるほど、前歯と奥歯の間に隙間があるのか、
 この隙間のおかげで手綱をつけられるようになってしまったんだな…。」

これに轡を噛ませようと考えた人間の発想力には感心させられるけど、
この発明は、馬にとって災難だっただろうな…。



馬装を整え、ロープで仕切られた馬場に入ると、
手綱と鬣を掴み、鐙に片足をかけて、いっきに馬の背に跨る。

乗り手のぎこちなさが伝わるのか、
馬は忙しなく耳を動かし後ろを警戒しているようだ。

「不慣れな乗り手でゴメンよ。
 今日は、俺に騎乗技術を教えて欲しいんだ。」

馬の首筋に手を当て、耳元でお願いをする。




上手い人の乗り方を観察してみても、人により騎乗スタイルは様々だ。
軍用や乗用など、馬の用途が様々なのだから、それも当然だろう。
しかし馬に負担がかからない乗り方という点は、皆共通しているように思う。

自分もそんな風に乗れればいいのだが、なかなかそうもいかない。
難しいのは、走る速度によって馬の歩様が異なることだ。
四本の脚の運びで、鞍上へ伝わる揺れが全く違うものになる。

「おっと、またリズムを間違えて馬を止めてしまった…。

 ふぅ、頭で考えてもこなせそうにないな。
 俺はキミの動きに体を預けるよ。」



    *    *    *


下手な乗り手に嫌気がさしたのか、それとも疲れただけなのか、
馬が動いてくれなくなったので、乗馬の練習は終了。

短時間での上達は望むべくもなかったけど、
ここで経験を積めたことは、きっとこの先プラスになるはずだ。




最後に、追い物射へ挑戦してみる。

乗馬だけで手一杯なので、自分の場合、当たるかどうかは運頼み。
こんなことで今日一日の成長を測ることはできないけど、面白そうだったのでつい…。



「うぅ、この揺れと速度で手綱を握れないなんて…。」

こんな不安定な状況で戦える騎士って、やっぱり凄いんだな…。
ミラルゴの遊牧民なんて、鞍も手綱もない裸馬に乗れるっていうけど…。

「だけど、この場合は的が動いていないんだ!
 なんとか、一つくらいは……!」



──────────────────────────────


自由人@サル : 乗馬判定(目標値7) 2D6 → 3 + 2 + (7) = 12 (04/24-23:40:03)
自由人@サル : 射的判定(目標値8) 2D6 → 6 + 1 + (3) = 10 (04/24-23:41:01)
自由人@サル : 射的判定(目標値10) 2D6 → 4 + 2 + (3) = 9 (04/24-23:41:44)
自由人@サル : 射的判定(目標値12) 2D6 → 2 + 2 + (3) = 7 (04/24-23:42:14)


乗馬   -5ガメル
追い物射 -10ガメル
賞金   +10ガメル(1つ目の的)