[リストへもどる]
一括表示
タイトル十月のお祭りと市場風景
記事No11944
投稿日: 2017/10/02(Mon) 21:06:14
投稿者市場担当者
10月のお祭り…精霊祭

この日は、『神に祝福された先祖の御霊が現世に戻ってくる』と言われています。
地方の一部で土着的に信仰されていたものが形を変え、
今は市民参加のお祭りとして運営されています。

還って来た御霊と人間が鉢合わせになって、双方が驚かないよう
街の人々は仮装して賑やかに迎えることになっています。

この祭りには、なぜかカボチャが欠かせません。
街角には、魔物の形にくりぬいたカボチャが飾られ、
仮装した人々の手には、カボチャ型のランタンが持たれます。

なお、仮装した人間の中に本物の魔物が混じると言われていますが、
本当かどうか分かりません。


■仮想パレード■
街の人々が思い思いのモンスターの姿をとり、大通りを練り歩きます。
仮装は自分で用意するもよし、レンタルや買取で参加するもよし。

また、この日は仮装した子供達が家々を回り、
「お菓子をくれなきゃイタズラするぞ!」と叫んで
お菓子を貰う慣習があります。


■聖なる炎■
・厄除け人形:1ガメル
広場の真ん中では火が焚かれ、周囲で人々が輪になって踊っています。
この火は御霊の世界と人の世を結ぶ扉と言われ、神聖なものとされます。
この焚き火に、小さな木彫り人形に自分の名前を書いてくべると、
来年一年間の『厄』を焼いてくれると伝えられます。
===========================

===========================
■出店名:ミレイ惣菜店
ミレイ「さあさあ、今日はカボチャづくしだよ」

・カボチャのスープ:1ガメル
  カボチャを裏ごしして作られたポタージュスープ
・カボチャとキノコのソテー:一皿2ガメル
  薄切りのカボチャとキノコを炒めたもの。
・カボチャとカブのシチュー:一皿2ガメル
  カボチャとカブと肉がゴロゴロ入って食べ応えのあるシチュー
・カボチャコロッケ:ひとつ1ガメル
  カボチャとミンチ肉を混ぜ合わせ、団子にして揚げたもの
・カボチャの甘いパイ:一切れ1ガメル、ホール6ガメル
  カボチャをパイ生地に詰めて焼いたお菓子

※オランの下町で惣菜店を営むおばさん。出店では魔女の扮装で売ってます
===========================


===========================
■出店名:ワイルダー菓子店
ワイルダー「精霊祭の菓子はその日のうちに食べきるか、配りきるといいことがあるってさ」

・精霊祭用の飴セット:一籠1ガメル
  小さな網籠の中に飴が5つ入っています
・精霊祭用のお菓子セット:一籠3ガメル
  少し大きめの籠の中にクッキーと飴が各5個入っています
・精霊祭用ワッフル:一籠5ガメル
  御霊に捧げるために作られたと言われる特別のワッフルです。
  籠の中に3枚入っています。食べたり配ったりするためのものです

・干し果物セット:一袋5ガメル
  大き目のナツメの干したものが3つ入っています
・ビスキュイセット:一袋5ガメル
  木の実をふんだんに練りこみ、堅く焼き締めた焼き菓子
  一袋に5枚入っています
・ヌガー:一本1ガメル
  水あめを練って、木の実をぎっしり練りこんで固めたキャンディ
  保存が利かないので食べきること。歯にくっつくので注意!
===========================


===========================
■出店名 : 金物屋オーランド
店主名アリス:「この刃はいかな外皮をも斬り裂き断ち割る!」

・カボチャ加工:10ガメル
 精霊祭に付き物のカボチャ細工を行います。
 カボチャの皮が硬くて細工できないという方向け。
 値段はカボチャ1個込


・南瓜抜き鋏:3ガメル
 金物屋オーランド謹製の南瓜抜き鋏。ご自分で加工したい方向け。
 カボチャはご自分で調達してください。
 武器にするにはあまりに不向きです。

・草刈り用ナタ:2ガメル
 草刈り、木の枝の処理に使える頑丈ななた。
 武器としては使えません

・包丁:1ガメル
 包丁です。それ以上でそれ以下でも有りません。
 武器としては使えません

※特に刃物の品質について自信を持っているお店。
 今回は自身の店の宣伝も兼ねて出店。
 品物は夫のランデルが作成し、店で売るのは妻のアリス。
 基本的に嫁の方が強いらしい。

出展者:イーロンさん
===========================


===========================
■出店名 :超絶美形裁縫店アルクーナT&T
アルクーナ:「私の美貌を称えないといたずらするわよ。それはそうと変身願望は(以下略)」

・仮装用衣装:買取20ガメル、レンタル10ガメル

 「ジャック・オー・ランタン」
  …目・口・鼻に穴が開いたカボチャマスク。

 「バンパイア」
  …漆黒の衣服とマント。顔を青白くする顔料と付け牙もセット。

 「リザードマン」
  …本物の爬虫類のうろこを使用した着ぐるみ。
   頭部はリザードマンの口に当たる部分から顔を出せるフードになっている。
 
 「ファンガス」
  …綿を入れた布で再現したキノコが全身にくっついている服。

 「ゴブリン」
  …ゴブリンのお面と全身タイツのセット。
   どうやら二月の豆祭りで作られたものと同じモノ。

 「ケンタウロス」
  …下半身のみの馬の着ぐるみだが、臀部に馬の下半身のハリボテがついている。
   実は三月の馬市の売れ残り。

 「ブラッディー・ペタル」
  …ヘアバンドの一種で、これをつけていると
   あたかも頭から花が生えているかのように見える。
   五月の花祭りで売られてた『頭がお花畑』の花びらが赤くなっただけ。
  
 「バグベアード」
  …でかい目玉のデザインをした帽子。
   長い毛がたくさん生えていて、成人男性の場合かぶると
   腰までが毛に覆われることになる。

 「フンババ」
  …一つ目フードとたてがみのついた一本足の着ぐるみ。
   これを着たまま歩くのは難しい。

 「メデューサ」
  …布と綿で作ったヘビが無数に固まっているかつら。

 「コカトリス」
  …どうみてもニワトリの着ぐるみ

 「デーモン」
  …尖った髪の毛のついた白い顔色・青黒い眉毛のマスクと、
   光り物がたくさんつけられた派手なコスチューム。
   実在するどのデーモンともまるで似ていない。

 「フェアリー」
  …背中に透き通った羽をつけた薄絹のコスチューム

 「ツインテールキャット」
  …男は全身黒タイツ、女性は黒いミニワンピース。背中に尻尾が2本ついている。
   猫耳ヘアバンド付き

 「ヴァルキリー」
  …金色の鎧と兜と盾(模造品)に白いドレスのコスチューム

 「ゾンビ」
  …ボロボロの服と、皮膚が土気色になるメイクセット

 「フェザーフォルク」
  …背中に背負う用の翼セット

※いつもの変な服屋。今回は出血大サービス。
 精霊祭の仮装用の衣装を扱っている。
 店主いわく、世界を旅して回って様々な魔物を知っている私が作ったのでリアルだとのことだが…。
 T&TはTrick and Treatの略。お菓子をもらってもいたずらする。

 なお、ここで判明したモンスターが実際の参加シナリオで出現し、
 それが初めての遭遇であれば知名度判定を振ってくださいねw
 
出展者:ブライトさん
===========================


===========================
■出店名 :ウルクスの旅人の店
ウルクス「ウチの商品は旅をより便利にしますよ、今回は出店の規模を大きくしました」
※精霊祭 特別商品※
・松明用の燭台:20ガメル
剣の柄の部分だけのような形をした松明用の持ち手
中央に松明を差し込んで使用する
松明が燃える際に手に火の粉が落ちてこないように広がった鍔がついており、
その鍔にはサラマンダーの装飾が施されている

・携帯酒樽(精霊祭特別仕様):70ガメル
高さ30cm直径20cmほどの木製の小さな樽
樫材を使い、様々な酒類を長期保存及び冒険への携行を可能にする
一樽およそ30杯分の容量
今回のは樽の側面にウンディーネの姿が彫り込まれた特別仕様

・風笛:40ガメル
穴の開いた小さな陶器の笛に紐がついた不思議な楽器
紐の端を持ち、笛を回転させると陶器に開いた穴から風が入り
高い音を響かせる事で一部の偵察兵など使用されている
持つ時の紐の長さを調整する事で音の高低を調節できるが
これで演奏を行う事は難しい
またこの笛を鳴らすと巨大な虫が近寄ってくるという噂があるが
真偽は定かではない
小さい為よく見ないと判らないが、陶器にはシルフの姿が彫られている

・スコップ:20ガメル
野営する際に焚き火の下に少し穴を掘ったり、
テントの周りに排水溝を掘るのに役立つ小さなスコップ
金属製で表面にはノームが装飾されている


※一般雑貨※
・1人用テント:200ガメル
・2人用テント:230ガメル
それぞれ一人用、二人用のやや小型なテント
男女混合のパーティでプライバシーを守りたい時に

・薪セット:20ガメル
一辺20cmくらいの小箱に薪と初期燃焼用の燃料が入った
簡単キャンプファイヤーキット

・充実調理キット:80ガメル
複数の鍋や調理器具、調味料などが入ったセット、
それぞれサイズが違うので一番大きな鍋にまとめて入れられます

・風覆い:50ガメル
高さ30cm、幅50cm程度の薄い金属板3枚を繋ぎ合わせた焚き火用の風防覆い、
左右に当たる金属板には上部に切り込みが入っており、
そこに鉄の棒を掛けて、鍋を吊るす事もできるようになっている

・ベルト付き背負い袋 70ガメル
通常の背負い袋の下部に携帯酒樽を取り付けるためのベルトを追加した物
ベルトは4本ついており、酒樽1つに対して2本使用する
なお、既存の背負い袋にベルトを追加するサービスも
2本(酒樽1つ分)20ガメルで承っております

・フック付きロープ(10m):20ガメル
両端に鉄製の鉤がついたロープ、繋ぎ合わせる場合は勿論、
特別な技能がなくてもクサビなどを使用する際に
しっかりと固定できるように工夫されている

・改良型ベルトポーチ:25ガメル
ベルト部分にダガーやダーツなどを挟めるスリット、腰脇に剣の鞘を固定できるフックを追加したベルトポーチ

・使いきり水浴びセット(1回分):15ガメル
体をこするのに使う目の粗い布と小さな石鹸、
洗髪用の液体石鹸のセット
石鹸+液体石鹸詰め替え用は5回分20ガメル

・エチケットセット:20ガメル
冒険中でも最低限の身嗜みを整えるためのセット
毛先を整える程度の小さな鋏、カミソリ、くしの3点入り


元々は冒険者相手の一般雑貨を売る店をしていたが
商売相手との差をつけようと少し高くてちょっと便利なモノを扱うようになった店

※出展者:彩月さん
===========================


===========================
■出店名 :かえる印のファミリアショップ
使い魔のための小さなお店。エサやアクセサリーなどを売っています。
街の人は気味悪がって近づきませんが、そのスジでは有名です

老魔女「いらあしゃい」 黒猫「みゃ〜」

・各種動物の新鮮なエサ :2G
  カエルちゃんから猫ちゃんまでのエサを用意してあります。
  大体1食分からおやつ程度の量。

・各種動物の長持ちなエサ :2G
  こちらは、保存がひと月の間可能なもの。
  水と一緒に食べさせてあげて。

・リボン:1ガメル
  たくさんあるカラーバリエーションから一つ選んで。
  幅1cm長さは40cmほど。手芸にも使える。あなた自身にも使える。

・動物用手ぬぐい:5G
 木綿が何層にも重ねられた、肌触り優しくしっかりしたタオルハンカチ。
 これがあれば、あなたの使い魔をいつもキレイにすることが出来ます。
 誰でも使える。

・ケージ:30G
 白木で出来た釣鐘型のケージ。
 着色されたものもあります。

※出展者:しょうさん

※十月の一日に投稿するものでしたが、遅れて申し訳ありませんでした。

タイトル一匹でも2羽鳥
記事No11951
投稿日: 2017/10/09(Mon) 22:31:14
投稿者ペロー
ふむ。これが「コカトリス」か!

ふん ふん ふん
コッ コッ コッ こけっ!
ふん ふん ふん
コッ コッ コッ やぁ!!

「ビスキュイ、一袋ほしいのだ!!」

PL====
コカトリス(にわとり)の着ぐるみで行進からの、ビスキュイ5枚の購入

【 投稿者修正】

タイトル6袋でも7ツメ
記事No11953
投稿日: 2017/10/10(Tue) 17:00:50
投稿者デュドネ
精霊祭。
危うく見送られる側になるところだったが、そうならずに私はここにいる。
初めての時は驚いたパレードだったが、もう驚くことはない。
仮装した人々を面白く眺めることができる。

菓子に興味はなかったが、ナツメの詰め合わせが売っているのを見つけ、近寄る。つまみに良さそうだ。
ニワトリの恰好をした子どもが、買い物をしている。
微笑ましいことだ。
彼(彼女かもしれない)が商品を受け取ったあとで、注文をする。

「ナツメを一袋もらえるか。
 あぁ、ついでに菓子セットも頼む」

すぐ横に仮装した子どもがいる。
この祭りでは菓子を要求されるのだ。
要求されたときに答えられないのも、かわいそうだろう。



---------------
PLより:
ペローと気付かずとなりでお買い物します。

タイトルひとり逝く?or鳥ーと?
記事No11955
投稿日: 2017/10/10(Tue) 20:34:12
投稿者ペロー
ナツメは、3つで5ガメルか…

>「ナツメを一袋もらえるか。

ピキーン

> あぁ、ついでに菓子セットも頼む」

   トリック…

…オア…
      トリートぉ !!!!!

「あ、デュドネ」


……
………

「もう、怪我は良いのか?
デュドネは、一人で無理しすぎるのだ。もごもご」

手の甲に傷が残っている。

「・・・」

空を見上げる。

「誰かわからないけど、見守ってくれている人がいるのだ。
その者も、独り戦い逝ったのかの… 大事にだぞ。デュドネ」

デュドネの籠から、もう一つ飴を取る。

PL=======
注)ペローに不思議な能力はありません。   

タイトル逝かない!
記事No11956
投稿日: 2017/10/11(Wed) 03:42:27
投稿者ジュリア
なんだあの可愛さ。
グラランってみんなあんなに可愛かったか?

ああ!何か食べさせたい!

それは小動物を餌付けしたい衝動に似ていた。

私が今持っているお菓子は、栗、栗しかないな。
もっと持ち歩くべきだった。
いやいや、せっかくの市場だ、何か買い与えるべきか?
あ、誰か来た。
あれは…、デュドネ!
く、先を越された。
私だってペローと話がしたいんだ!

「やあ、こんにちは。」

後ろから二人に声をかけた。

「二人でパレード見学かい?

デュドネ、そのマント似合ってるな。
いい色だ。

ペロー…」

か、可愛い!

「く、栗、食べる?」


***


PLより


この間まで一緒だったので、ジュリアに絡まれても迷惑かなー、と遠慮してたのですが、デュドネが来てガマンできなくなりました。
デュドネの日記もありますが、裸は恥ずかしくて見に行けないw

タイトル8粒でも9り
記事No11957
投稿日: 2017/10/11(Wed) 14:30:24
投稿者デュドネ
>「あ、デュドネ」


「なんだ、ペローか。
 はは、子どもかと思って菓子を買ってしまったよ。
 飴とナツメ、どちらがいいかな?」

ニワトリの正体はペローだった。
笑いながら、子どもにするように籠と袋をふたつ差し出す。
無論、彼は子どもではない。


>デュドネは、一人で無理しすぎるのだ。もごもご」


「そうだな、反省しているよ」

空を見上げるペローにつられて、私も見上げた。
シルフの機嫌も良さそうな、良い空だ。



>「やあ、こんにちは。」

聞き覚えのある声がした。
しかし、何やら上ずっているようにも感じる。

>「く、栗、食べる?」


ふ、と思わず口から息が漏れてしまった。
なぜ緊張しているのだ、ジュリアは。


「君の指輪も似合っているよ。
 ところで、私にはいただけないのかな、ジュリア」


くっくっ、とこらえた笑いを漏らして、私はそう尋ねたのだった。




---------------
PL@たいまん
ジュリアかわいいw

タイトルエサを与えないでください
記事No11958
投稿日: 2017/10/11(Wed) 19:20:42
投稿者ペロー
>「やあ、こんにちは。」

「あ、じゅりたん」

>「二人でパレード見学かい?
>ペロー…」
>「く、栗、食べ…
       (パクっ)

「もぐもぐ。ほりっふ ほあ ほひーほ」

食べてから言う。

PL======
「待て」の出来ない犬…

タイトル二尾の猫
記事No11964
投稿日: 2017/10/15(Sun) 08:38:11
投稿者サル
精霊祭という名前に惹かれて街へ出てみると、そこかしこに仮装姿の人々。
なんでも、亡くなった人の魂を迎えいれるというお祭りなのだそうだ。

ノラ族では、死者の魂が精霊界へ還る妨げにならないよう、
故人の名前を呼ぶことも禁じられている。
所変われば死生観もずいぶん違うものだなとしみじみ思う。


「仮装って言っても、何を着たらいいんだろう…。
 あっ、あれは…。」

尻尾が二本ある猫。
集落の岩絵にも描かれていた猫族だ。




 幼い頃の遠い記憶─。

 森の中で見かけた一匹の黒い猫。
 尻尾が二本あるような気がしたのは見間違いだったのだろうか?

 気になって後をつけてみると、導かれるように忌み地へと辿り着いた。
 かつて精霊の理の外にあった場所─、初めて目にする古代の遺構。

 猫は一度こちらを振り返ると、茂みの中へと消えていった。




あれは、本当に自分の記憶?
それとも幼い自分が作りだした妄想だったのだろうか?

「こんなところで目にするなんて、これも何かの縁かな。
 すいません、この衣装を下さい!」


──────────────────────────────

仮装用衣装「ツインテールキャット」男性用一着を買い取ります。

【 投稿者修正】

タイトルラーダの神官として邪教は見逃せん!
記事No11969
投稿日: 2017/10/17(Tue) 10:51:17
投稿者ハウリー
参照先http://bbs.swordworldweb.net/pc-list/read.cgi?no=604
全く、けしからんな・・・何が精霊祭だ。

「あ、おばちゃん、カボチャスープを一つ。」(ズズー)

一旦、神の御許に召された魂が現世に舞い戻るなど、神々への冒涜ではないか!!

「カボチャパイも一個貰おうか。」(モグモグ)

しかも人間が死んで精霊になるとは!?あきれ果ててものも言えんな。

「飴を一籠、頼む。」(なめなめ)

世に三界あり。即ち精霊界、妖精界、物質界・・・
神々は精霊界に力を封じ、妖精界にそれを正しく物質界に届けさせ、
物質界に命を生み出し形を与えた。常識ではないか・・・

「ヌガーも・・・ありがとう。」(パクパク)

一体、どこの土着の宗教か知らないが、とんだ邪教があったものだ・・・

「すみません、このバンパイアの衣装、試着できますか?」(メイクぬりぬり)

そんな得体の知れないどこぞの蛮族の風習がオランで流行るとは、嘆かわしい限り。

「あ、こっちのデーモンの衣装も一緒に。」

まったく、けしからん。こんな祭は取り締まるべきだな。