[リストへもどる]
一括表示
タイトルI am nobody(ある日 港湾区域)
記事No11907
投稿日: 2017/07/21(Fri) 23:47:50
投稿者サル
「……………」

状況についていくことができず、その場から動くことができない。


オランの港についたのは一刻程前。

船上では、小さな島から大陸の都へやってくることへ高揚感すら覚えていた。
しかし、何のことは無い。
現実は、ノラ族と毛皮取引をしている商人のツテで船の隙間に乗せてもらい、
ここまで運んできてもらっただけだ。
こうして一人きりになると、自分が何者でもない小さな存在なのだと思い知らされる。


船に乗り合わせていた人達は、互いに別れの言葉と抱擁を交わして散り散りに去っていった。
中には意気投合し、今晩酒場で合流しようと約束を交わして船を降りる人達もいたが、自分がその輪に加わることはできなかった。

船員達は、荷降ろしの指示に追われて、声をかけられる雰囲気ではなく、
勝手がわからず途惑っている間に、気づけば自分一人が取り残される形となっていたのだ。



港から出るには手続きが必要らしく、まずはその窓口を探さなければならないが、倉庫が多く猥雑なこの港ではそれも難しそうに思えた。

港の其処此処には守衛の姿があるが、
どこが通行可能で、どこが禁止区域なのかもよくわからない。

埠頭では、ガタイのいい人夫達が積荷を担いで忙しなく行きかい、
その隙間を縫って進むのも憚られた。




着いたばかりだというのに早くも後悔の二文字が頭をよぎる。

街は城壁に囲まれていて、まるで牢獄の中にいるような圧迫感がある。
石造りの建物がひしめき、石畳が敷き詰められ、樹木も生えていなければ地面も見えない。

こんなはずではなかった──。
大きな街だということは、もちろん覚悟していた。
しかし、この大きな街の全てが無機質な人工物だとは想像しようもなかった。

そして、一頻り後悔して思い出す。もう還る場所は無いんだということを。

「こんなところで挫けてちゃダメだ。 前へ進まなきゃ。
 まだ何もわかってない─。外の世界を冒険するのはこれからなんだから。」



沈みかけた気持ちを奮い立たせ、通関窓口を探す。

窓口の場所を尋ねつつ、港内をたらい回しにされてわかってきたことは、
通行証の有無や国籍などによって、手続きやその窓口が異なるということ。

オランの国民で通行証があれば、通行記録と通行税の支払いだけすむが、
商売が目的なら、荷検めや関税なども必要になるらしい。
下船後に、皆が散り散りに去っていったのは、こういうわけだったのだ。

自分の場合は、異邦人で通行証も無かったため、
その後も、さらにいくつかの屋舎をたらい回しにされることになったが、
なんとか無事、港の関門をくぐることができた。



迷走の末の情けない一歩だが、ともかく一人でやりきることができた。
誰もが当り前にできていることかもしれないが、自分にとっては、
この世界で自立して生きていく、その確かな自信となる一歩だ。

「さぁ、次は冒険者の店を探さなくちゃ。」

いい店に巡り合い、信頼を得られれば、足場を固めることができるはずだ。


港の周辺は、水運の影響からか商店が多く、市が立つように賑わっている。
港を利用する人向けの安宿も散見できるが、冒険者の店はどうだろうか。

この時期は、大陸でも日が長いようだが、港で時間を費やしてしまっている。
日暮れまでに見つけられるといいのだが─。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

かくしてオランへやってきました、よろしくお願いします。

PLとしては、5年ぶりの復帰となります。
時間的な負担から、プレイを退いていたのですが、
日常日記や軽めのセッションを中心に、細く長くのスタンスで再開できればと思っています。
初めましての方も、お久しぶりの方も、どうぞよろしくお願いします。

【 投稿者修正】

タイトルYou are somebody
記事No11908
投稿日: 2017/08/01(Tue) 18:49:28
投稿者マーク
我らが【角なしミノタウロス】亭は
南門から伸びるメインストリートに面して店を構えている。
しかも、東地区の中央広場へ繋がる大通りの一つと交わる角だ。
更に言うならば、チャ・ザ神殿もちょっと歩いた先にあったりで。
商売人からすれば垂涎物の立地なのである。


※※※※※


「その割に新人が来ないのは、【古代王国への扉】亭あたりが有名過ぎるからなんだよなぁ。」

この王都冒険者の店は数あれど、立地は北東にやや集中している。
王城がある西地区の土地は金でもコネの面でも手に入りにくいし。
遺跡探索で一攫千金を狙いたくて冒険者になった奴は、パダに近い北東の店へ流れる。
その最たるである【古代王国への扉】亭がオランで最も知名度のある店になるのは必然なのだ。

「パダもいまや、相当に深く潜れないと千金な成果は難しいのにねぇ。」

なんて事を愚痴りながら、港湾地区前の公共掲示板へ羊皮紙の張り紙をペタリ。
何してるかって? 見ての通り、店の広告を掲示板に張っている。
学院への行き来で通るだろうからついでに頼む、
とジョージ氏に言われ、それに応じたってだけの事。

「おや?」

港湾地区の出口で佇む、如何にも都会慣れしてない人影一つ。
ついでに言えば旅慣れしているようにも見えんね。
それで斧、弓、盾に革鎧・・・となれば。

「冒険者志望かい?」

そう当たりを付けて、声をかける。

「店を探しているなら、ここから道沿いに南へ行ったところにある
 【角なしミノタウロス】亭がお勧めだ。
 常闇通りから距離が空いてるから、後ろ暗い仕事にゃ縁が遠いし。
 古代の遺跡へ依頼抜きでガンガン潜ろうって風潮もないから、新人の死亡率も低い。
 店主のジョージ氏も、あれでやり手だから悪質な依頼を掴まされる心配もあんまりない。」

まぁ、遺跡で一山当てて遊び暮らしたいって奴には
あんまり魅力的には聞こえないかもしんないけど。


PLより----------------------------------------------


どう話しかけるか散々迷った末、勧誘営業マンになったマークですどうもどうも。

わたくし悪根はSWWWへの参戦が5年前からと言う事もあって
当時は接点を持っておりませんでしたが
おかえりなさいませの一言を述べさせて頂ければ。

タイトルI wanna be somebody like you
記事No11919
投稿日: 2017/08/10(Thu) 01:18:53
投稿者サル
対岸へ目を向ければ、太陽は高台にそびえる城の向こうへと隠れつつある。
しかし、これは城の大きさゆえで、日暮れにはまだ少し時間があるだろう。

その向こうには、三本の尖塔がそそりたっているのが見える。
あれが話に聞く魔術師ギルドの三角塔だろうか。
どうやって石を積んだのか、なぜ、あの形で崩れないのか不思議に思う。


ここオランは、賢者と冒険者の国と呼ばれ、冒険者の店も多いという。
宿屋をあたっていけば、そのうち冒険者の店に行き当たるかもしれないが、
どういう店を拠点に選べばいいのか、経験のない自分にはよくわからない。

すると、それを見越したように声をかけてくれる人が─。

>「冒険者志望かい?」


不意にかけられた声に、はっとして振り返る。

身なりなどから、街で暮らす人間ではないとわかってしまうものなのだろうか、森を出てからここまで、好奇の目を向けられることも少なくなかった。
しかし、人目につく分、こうして親切に声をかけてくれる人も増えるもので、独行の身としては本当にありがたかった。


>「店を探しているなら、ここから道沿いに南へ行ったところにある
> 【角なしミノタウロス】亭がお勧めだ。
> 常闇通りから距離が空いてるから、後ろ暗い仕事にゃ縁が遠いし。
> 古代の遺跡へ依頼抜きでガンガン潜ろうって風潮もないから、新人の死亡率も低い。
> 店主のジョージ氏も、あれでやり手だから悪質な依頼を掴まされる心配もあんまりない。」

「えっと、どうもありがとう。
 ちょうど冒険者の店を探していたところで…、
 あっ、俺はサルっていいます。」


声をかけてくれたのは、張り紙をしていた男性で、
その羊皮紙にも、角なしミノタウロス亭の文字が書かれている。
話から察するに、この人は店に出入りする冒険者なのだろう。

人出の多い中、一人の人間を目に留めて、冒険者志望と見抜く洞察力。
本物の冒険者はやはり凄い。

自分もこの人のように、冒険者として洞察力を身につけ、何気ない親切ができる人間になりたいと思う。

「この道沿いを南か…、
 詳しい話をありがとう、行ってみます!」


話を聞けたおかげで、自身の冒険者としての方向性も見えてきた気がする。

遺跡には興味があるけれど、財宝目当てに無理な探索をしたいとは思わない。
それよりも、人の役に立てる依頼の方がやりがいを感じられそうだ。

常闇通りというのはよくわからないが、暗黒街とかいうやつだろうか?
いずれは、そういう面にも向き合っていかなければならないと思うが、
後ろ暗い仕事には手を染めないでいよう。



大通りを南へ少し向かうと、左手に斧と角を意匠化した看板が目に入った。

「あった、ここだ。
 角なしミノタウロス亭。」

夜の仕込みをしているのか、中からは良い匂いが漂ってくる。
客の気配もしており、店は開いているようだ。

大きく一呼吸してから、扉に手をかけ、店の中へと一歩踏み出す。
ここから冒険者人生の始まりだ!


──────────────────────────────

悪根さん、ミノ亭への誘導、ありがとうございます!
キャパシティが話題になるほど賑わっていたミノ亭ですが、
最近は新人が不足していたんですね!><

【 投稿者修正】

タイトルI have a pen I have an apple
記事No11920
投稿日: 2017/08/10(Thu) 20:43:07
投稿者ハウリー・マード
参照先http://bbs.swordworldweb.net/pc-list/read.cgi?no=604
「うーむ・・・」

初依頼を見事に成功させ、英雄譚を作って啓蒙活動に勤しんでいる今日この頃、
より人々に訴えかける詩に改善するべく片手にペン、片手に紙を持ち、
ここミノタウロス亭で粘り続け黙考する事、既に数時間・・・

「ぜんっぜんっ思いつかん!」

ていうかそんな簡単に思いつくものなら、神官戦士辞めて詩人を目指すという話だ!
こんな事してるのは、ひょっとして無駄な時間なんじゃないだろうか・・・

「いや!そんな事は断じてない!!
その証拠に私の熱烈なファンが既にいる!・・・はず。」

「シャクッ」

・・・!ていうか上手いなこのリンゴ。シャキシャキとしっかりした歯ごたえ。
これくらい硬い方が好みだ。甘酸っぱさは甘さの方が強く蜜がしみ出ている。

「祭りの出店でテイクアウトしたカットフルーツだから期待はしてなかったが
大当たりを引いた。旨い!」

気分も良くなった事だし、ペンを握りしめてもうひと頑張り・・・
ん?新しい客か?
・・・武装はしているが覚束ない、場慣れしてないあの雰囲気・・・
間違いない・・・このハウリー様のファンだな。(ニンマリ)
わざわざ店まで会いに来てしまったというわけか。困ったものだ。(苦笑)
・・・だがファンを大切にするのも英雄の務め。温かく迎え入れなくては。
ちょうどペンも持ってるしサインくらいなら応えてあげよう。

「やあ君、そんな入口に立ってないで、こっちへ来たまえ。
ほらリンゴはどうだい?なかなかイケるよ。」(満面の笑み)

PL寿より_________________

初めまして。
まだここに参加させて頂いて1か月の寿と申します。
思い込みの激しいハウリー君ですが、良ければ呆れずに絡んで頂ければ幸いです。
今後、セッションでご一緒できるのを楽しみにしています。
無印の参加者は貴重ですからw

タイトルI'm glad to see you.
記事No11923
投稿日: 2017/08/12(Sat) 13:47:07
投稿者マーシャ・イフォーム
>「あった、ここだ。
> 角なしミノタウロス亭。」

あたいが自習室行く準備していると、新たな声がしてきた。
武装もしてない。ということはあれかな、依頼人?

「やっほー!あとその隣のかたも!」
なんかここのお店でバイトしているように見えないこともない。

「・・お仕事ならあたいも手伝うけど。」

まぁね。お金に困ってはいないんだけど。
なんて思ってたら

>「やあ君、そんな入口に立ってないで、こっちへ来たまえ。
>ほらリンゴはどうだい?なかなかイケるよ。」

「ハウリー君なんでペン?」
〜〜
とりあえず座って自己紹介。
そのひとが言うには、冒険者志望らしかった。依頼人じゃないっぽい。
「あたいはマーシャ・イフォーム。よろしくね!
一応このお店の仕事を請け負ったりして一年くらいかなぁ。
住んで16年するからもしよければこの町の案内とかもするけど。」

==
@すいれん
自由人さんはじめまして。
去年くらいにこのサイトに入った無印寄り(一応2.0もやってはいる)の睡蓮と申します。

マークもお久しぶりのような気がします・・といっても迷宮ごはんで一緒ではありましたけど
→自由人さん御指摘ありがとうございます。そして修正が遅れて申し訳ありませんでした

マーク君にあいたかったなぁ(笑)

ハウリーは三連続ですね(笑)文章が面白くて結構好きなのです(といっても今回ほぼ絡んでないですけど

文字数:490

【 投稿者修正】

タイトルGreen Man
記事No11924
投稿日: 2017/08/15(Tue) 21:59:32
投稿者サル
店に入って店内を見回すと、カウンターの中に店主らしき人物。

まずは、この人に話を通さなければと真っ直ぐにカウンターへ向かうと、
一人笑みを浮かべていた男が、入口の方へ話しかけている。

>「やあ君、そんな入口に立ってないで、こっちへ来たまえ。
>ほらリンゴはどうだい?なかなかイケるよ。」

もしかして、こちらに話しかけていたのだろうか?
しかし、自分の世界に入り込んでいるようだし、きっと勘違いだろう。
邪魔をしないようにしておこう。




「お世話になります、よろしくお願いします!」

店主の仕込みが一段落するのを待ってから、簡単な面談をしてもらい、
まずは軽めの依頼で、仕事ぶりを見てもらえるということになった。

いちばん安い大部屋の寝台をあてがってもらい、背負い袋を床におろす。
天井と壁に囲まれた部屋の圧迫感にはまだ慣れないが、
窓を開ければ、店は大通りに面しているので視界はそれなりに開けている。

「ふぅ、気持ちいいな。
 これなら、なんとか暮らしていけそうだ。」




「そういえば、さっきの人、緑の髪をしてたなぁ。
 あれは染髪してるんだろうか?」

都会にはいろいろな人がいる。
自分のような田舎者は浮いてしまうんじゃないかと心配していたが、
むしろ、都会の方が紛れられていいのかもしれない。


緑髪の男を含め、酒場にいた何人かは店の冒険者のようだった。
寝床も決まって落ち着いたことだし、挨拶に酒場へ降りてみることにする。

夕方近くなり、酒場にも人が増えはじめる時間。
多くの人と交流できれば嬉しいのだけれど。

「カイオス島から来たノラ族のサルです、よろしく!」


──────────────────────────────

寿さん、初めまして。
強烈なキャラクターですね。どうぞ、お手柔らかにお願いします。

うまくボケを拾えそうになかったので、
放置プレーという形で応酬してみました。すいません。
その後、こちらからご挨拶したということで。

それから、うちのPC、移動中だったので荷物は全て持っていたはずですが、
街中ですので武装はしてないと思いますよ。

>思い込みの激しいハウリー君ですが、良ければ呆れずに絡んで頂ければ幸いです。

感じ方は人にもよりますので、PL同士の交流ができてからの方が無難かもしれませんね。
PCの対人能力が必要なセッションもありますので、
場面に合わせて、寿さんの方で調節されれば大丈夫だと思いますよ!




睡蓮さん、初めまして。
話しかけてくれて、ありがとうございます!

もう誰も来ないだろう思い、〆のつもりで前回の日記を書いたので、
実は、マークさんに店への案内をお願いしておりません。

悪根さんの投稿にも、そういった文言はありませんし、
他のPCの描写はできないということになっておりますので、
修正していただけると幸いです。

もしよろしければ、また絡んでやってください。m(_ _)m

8/26追記
ご対応ありがとうございました!^^

【 投稿者修正】