[リストへもどる]
一括表示
タイトル4月の祭りと市場の風景
記事No11403
投稿日: 2015/04/02(Thu) 23:57:34
投稿者市場担当
=============================================

★4月のお祭り…春駒市★

雪解け水が草原を濡らしきらきら光るさまは、別れと新しい出会いを予感させます。
そんな開放感あふれる季節のお祭りは郊外の野原で行います。

もともとはたくさん行われる馬の競り市のひとつでしたが、集まる馬の優秀さが評判を呼び、いつしか市そのものが大きなお祭りになりました。
ここには騎乗馬、労働馬だけでなく仔馬や牝馬、種馬、ロバもおり、遠くはミラルゴからやってきます。
馬を売る人買い求める人々に混ざり、一般の人々もピクニックを兼ねて見物に訪れ、露店や催し物も並んで賑わいを見せています。



■路出雄式流鏑馬
参加費:10ガメル
厳ついスタッフ「俺の馬は少し荒っぽいぜ!振り払われないように気を付けな!」


暴れる馬に乗りながら、3箇所に設置してある的を順に射抜きます。
馬を抑えながら的を正確に射抜く技術が求められます。


=遊び方=
1.制御判定:[筋力B+敏捷度B]を基準値に[2d6]を3回振ります。
達成値が10以上ならば、制御成功です。
 
2.射的判定:1の判定が成功した回数分、[ファイター/シーフ/レンジャー技能レベル+器用度B]を基準値に[2d6]を振ります。
(技能がない場合は、器用度Bのみを基準値として下さい)


2の達成値を足した値が結果になります。


【景品】
・達成値が30以上:[精巧な馬のフィギュア]をプレゼント

・達成値が20以上:[石製の馬のフィギュア]をプレゼント

・達成値が15以上:[木製の馬のフィギュア]をプレゼント


※いずれも非売品です。

===========================


===========================
■競馬
費用:1枚30ガメル 何口でも可
売り子「掛け金はこちらにお願いしまーす」


レーストラックに並んだ6頭の馬のうち、1着と2着の馬を予想します。
チケットは1枚30ガメル固定です。予想が当たれば掛け金は数倍にもなって戻ってきます。

=遊び方=
・買ったチケットの枚数だけ、平目の[2d6]を振ります

▽2から5のゾロ目が出れば※当たり※です。
 掛け金は【1.5倍】になって戻ってきます。45ガメルを受け取ることができます。
 
▽6のゾロ目※大当たり※です。
 掛け金は【3倍】になって戻ってきます。90ガメルを受け取ることができます。

▽出目5,6(6,5は不可)も※当たり※です。
 掛け金は【2倍】になって戻ってきます。60ガメルを受け取ることができます。

▽1のゾロ目は※大穴※です。
 掛け金は【10倍】になって戻ってきます。300ガメルを受け取ることができます。

上記以外の出目はハズレ馬券になります。

===========================



===========================
■出店名:馬喰ラファティ
ラファティ「いい馬が揃ってるよ、思い切ってマイ馬入手のチャンスだよ」

『馬喰』とは、牛馬の売買を斡旋する人のこと。良い馬を見分ける目を持ち病気を治す技術もあります。
馬喰の中でも特に目利きと評判で、貴族や富裕層からも信頼の厚いラファティの見立てた馬が並びます。
買わなくても見物や試乗OK、試乗する場合一頭につき5ガメル払ってください。

・荷馬:1500ガメル
・乗用馬:5,000ガメル
・軍馬:10,000ガメル

※表示金額は最低価格です。より優秀な馬は、これより高くなるでしょう。
 だたし、どんなに高くなってもシナリオでボーナスはつきません
※馬の種類はいろいろです。赤毛、栗毛、黒毛等、好みの描写でかまいません
※購入した場合、飼葉代や馬小屋代等、一月につき50ガメルの維持費を任意のタイミングで減らしてください

===========================



===========================
■出店名:馬具店『鉄の尻尾』
ニール「大切な馬には質のいい品物じゃないとね!」

・鞍(革製):50ガメル
・手綱(革製):5ガメル
・鐙(あぶみ)(鉄製):20ガメル

・馬用ブラシ:15ガメル
・ミニ飼い葉桶:20ガメル

・馬用リボン:3ガメル
・馬用ネームプレート:5ガメル
  首から下げられる木板。名前等好きな文言をその場で彫ってくれます。


※鞍などの色やデザインは好みのものに設定してもOKです。
 (ただしSWの世界観に反さない程度でお願いします)

===========================



===========================
■出店名 :マイアー衣装品店
マイアー「春物の羽織ものありまーす。この日だけの特別価格ですよー」

・毛織物のストール:60ガメル
 ふわりと柔らかくボリュームもあるストール。
 でもとっても軽く、暑苦しさがありません。
 ベージュと赤、もしくはベージュと青の2種類から選べます。

・麻のフード付きマント:35ガメル
 きつく編んだ麻はパリっと硬く、風に強く濡れても乾きが早いです。
 15ガメルを別途支払えば、イニシャルも施します。

・フェルトのマフラー:50ガメル
 薄いフェルトで出来たマフラーは、ほんの少し寒い時にとても有効。
 プレゼントにも良いです。
 好きな色を選んでください。

・毛布:50ガメル(古い毛布を下取りしてもらう場合は30ガメル)
 今まで使っていた毛布、擦り切れていませんか?
 ここでならキレイな毛布を新調することができます。
 使っていた毛布は、ここで引き取ってもらうことができます。
 その場合、新しい毛布は4割引きで購入できます。

・羊毛の手提げ袋:15ガメル
 冒険用品もすっかり入るいつもの大きさのトートバッグ。
 もこもこした手触りでかわいい。
(一般装備品の手提げ袋に同等)

・帆布の手提げ袋:13ガメル
 羊毛のと同じ大きさのトートバッグ。
 冒険者の店で売っているものと同じサイズ。
(一般装備品の手提げ袋に同等)

・羊毛の小袋セット:12ガメル
 小袋が2つ合わさったセット価格。
 灰色をしていて柔らかい。
(一般装備品の小袋が2つです)

・帆布の袋セット:10ガメル
 パリっとした帆布の小袋。
 何度でも繰り返し使いたくなる。
(一般装備品の小袋が2つです)

※ミラルゴの家畜素材の商人です。
 女達が作ったものを代表して売りに来ました。

===========================



===========================
■出店名:食事処ダキス
ダキス「ミラルゴからまた来たんだ、口にあうかね?」

・馬肉のシチュー:一皿2ガメル

・羊の茹で肉:一皿2ガメル
 山盛りの骨付き肉を手づかみで豪快に

・馬の炙り肉:一本1ガメル
 串に刺し、塩で味付けしたもの

・馬の挽肉焼き:一皿3ガメル
 馬肉を挽き、香辛料を一緒にこねて平たい団子にし焼いたもの

・羊肉の串焼き:1本1ガメル
 羊肉を串に刺して、塩で味付けしたもの

・乳茶(スーティーツァイ):1ポット3杯で1ガメル
 紅茶の葉を沸騰させたミルクで煮出したもの。

・馬乳酒(アイラグ):一杯1ガメル。
 馬の乳を醗酵させて作った白酒。
           ヨーグルトのようなさっぱりした口当たりで度数はあまり高くない


※市の一角で大きなテントを張り、テーブルや椅子を並べた簡易レストランです。

===========================



===========================
■出店名 :リサの飲み物売り
リサ「いらっしゃいませ。動くと喉が渇きませんか?」

・レモン水:1ガメル
 屋外ですから水は大事です。
 レモンの香りをつけて、いつでもどこでもスッキリと。

・花茶:1ガメル
 乾燥させた小花を湯で煮出しました。
 ほんのり緑の香りと、草の味のお茶。

・シードル:2ガメル
 軽いリンゴ酒。ほんのりとピンク色なのは赤いリンゴの皮のせい。
 瓶に入っています。飲んだらリサイクルにご協力を。

・いつものワイン:2ガメル
 赤か白かを選べます。
 飲み過ぎ注意で!

===========================



===========================
■出店名 :ウィリスの焼き菓子
ウィリス「四月馬鹿のためのお菓子を焼いたよ!」

・フールクッキー:5個入り5G
  クッキーだと思って食べたら、パンでした。
  その歯ごたえに裏切られる。ちょっぴりパサパサ。

・フールチーズケーキ:一切れ5G
  チーズケーキのようだけど、実は卵のキッシュです。
  甘いと思って食べたら、塩味。でも美味しい。

・フールパンプキンパイ:一切れ5G
  これこそ!まさに!パンプキンパイ   ではありません。
  人参で色付けしたマッシュポテトを、平たく伸ばしたパスタで包んだもの。
  お菓子ではなくもはや食事。

・フールカヌレ:1個5G
  あなたはわかります。これはカヌレではないと。
  なぜなら匂いがお肉だったから。
  半分に割ると、ミンチした肉の中に野菜が詰め込まれています。
  美味しい。

・フール煎りナッツ:一袋8G
  パッと見、ナッツ。だけどよく見たら、こんなナッツありません。
  そう、これは貝の身なんです。

===========================



===========================
■出店名 :キャラバンついで配達
配達人のヒッカーク「届けたいものがあるって?東方語が通じる範囲なら届けられるよ」

・お届け物依頼:15ガメル
 お好きなものを、お好きなメッセージを添え、配達人にお渡しください。
 プライバシー厳守・深入りしないビジネス配達が彼らのモットーです。
============================

タイトル賭け日和
記事No11406
投稿日: 2015/04/06(Mon) 12:26:51
投稿者ミハイ
「行けッ、メグロガジョエーン!」

右手に馬券、左手にエール。
オイラは特設競馬コーナーで熱い戦いを繰り広げていた。

「あっ、バカ野郎、そうじゃねえよ、ギャアアア!」

天を仰ぎ、外れた馬券をビリッビリに破く。
こんな馬券食ってやる。
ムシャムシャ。

ギャーギャー盛り上がって、結局10戦やった結果、3勝。
トータルで165Gのマイナスだ。


「ま、他力本願なギャンブルなんざこんなもんだろ」

やるときゃ思いっきり盛り上がって、終わったらオシマイ。
気持ちの切り替えは早いぜ。
いちいちのめり込んでたらギャンブルなんざできねえよ。

「おやじ、馬肉の串と馬乳酒」

馬には馬だ。
っても、馬乳酒はあんまし好みじゃあねえんだけどな。
祭んときは、珍しいもんを頼むのさ。


さぁて、腹を膨らましたら、本業に勤しむかね。
祭ってのは稼ぎ時だからな。
文字通り、財布のひもが緩んでるやつが多いんだ。
どんだけ稼がせてもらえるかね、ヒヒッ。




------------
PLより:

競馬は-165Gでした。
あと適当に食べ物と酒で合わせて200ガメルくらい消費しときます。ハイ。

どなたか市場に現れたら絡みに行きます(わきわき

12:10:38 たいまん@ミハイ 日常競馬 10口300ガメル投資 20d Dice:20D6[6,1,3,3,2,4,1,5,4,5,2,2,2,1,4,5,2,2,5,2]=61
12:11:53 たいまん@ミハイ 3ゾロ45G、2ゾロ2回90ガメル

タイトル流鏑馬
記事No11408
投稿日: 2015/04/09(Thu) 00:26:40
投稿者ハトハ
オランにも春が来た。

土の中に潜っていた生き物がのそのそと出てきたり、寒いからと家に閉じこもっていた人々が笑顔で街に出てきたりする。
私はいつも薄着なのだけれど、それを見て「見てるだけで寒い!」なんて言われなくなったのは良いことだ。

その日は郊外でお祭りがあると言うので、たまには浮かれた気分になるかと出かけることにしてみた。

『春駒市』

馬を買えるほどお金に余裕はないけれど、試乗も出来るという噂に惹かれた。
馬は好きだ。あったかいし大きいし、目が優しい。
船には馬はいなかったけど、たまに輸送船に当たるときがあって、そんな時は戦利品の世話は私の役目だった。


◇ ◇ ◇



ふわふわとした雰囲気に出店を冷やかしながら歩いていると、何だか毛色の違う一角があった。
暴れ馬に乗ったまま的を矢で射る、流鏑馬と言うものをやっているらしい。
見ていたらそわそわしたので、早速参加することにした。

>「俺の馬は少し荒っぽいぜ!振り払われないように気を付けな!」

「うん、がんばる」

渡されたのは大きな黒い馬と、射的用の弓と、矢が3本。
ブルブルと鼻をならすその子の首筋をポンポンと叩くと、ピンとたった耳がこっちを向いた。

「よろしくね、じゃじゃ馬さん?」

馬は結構表情豊かだ。耳や尻尾、動作でいろんなことを教えてくれる。
ひらりと鞍に飛び乗れば、待っていられないとばかりにその子は前足で地面をかいた。


「まずは1つ!」

鐙に乗った足に力を入れて、腰を浮かせる。膝で馬の胴体を挟み込めば、なんとか弓を構えられるようにはなった。
近づいてくる的に意識を集中して、上半身と下半身の意識を分ける。

タンッ!

後ろで音がしたから、多分的には当たっただろう。
確認する余裕はなく、次の的がやってくる。

「2つ!」

タンッ!

あ、今のは何か良かった。矢が的に吸い込まれる軌跡をイメージできた。

「最後…ッ!」

気合を入れたのが馬にも伝わったのか、ダン!と音がした時には、私は浮遊感に包まれていて。

振動がなくなって視界が安定する。
まっすぐ。ただそれだけで良かった。

そうして手から離れた矢は、それ自体が意志を持つように的の真ん中に吸い込まれていったのだった。


◇ ◇ ◇


「ありがとう、楽しかった」

最後のジャンプは驚いたけど、結果的に良かったし。
私は面白がるような顔を見せるその子に向かってお礼を言って、商品を受け取る。

「さて次は…」

美味しそうな匂いがしているし、屋台でも冷やかしてみようか。



_________________________________________
PL柑橘より
達成値が30以上で[精巧な馬のフィギュア]をゲット!
見事な腕前を見せたハトハに誰か奢ってくれてもいいんですよ!(金欠

23:39:38 柑橘@ハトハ 流鏑馬1 2d+5 Dice:2D6[5,3]+5=13
23:39:46 柑橘@ハトハ 2 2d+5 Dice:2D6[6,4]+5=15
23:39:53 柑橘@ハトハ 3 2d+5 Dice:2D6[1,5]+5=11
23:40:36 柑橘@ハトハ 射的1 2d+7 Dice:2D6[1,5]+7=13
23:40:47 柑橘@ハトハ 2 2d+7 Dice:2D6[6,3]+7=16
23:40:58 柑橘@ハトハ 3 2d+7 Dice:2D6[5,5]+7=17

タイトルその名もクロ
記事No11411
投稿日: 2015/04/10(Fri) 11:03:17
投稿者アウゴ < >
>「いい馬が揃ってるよ、思い切ってマイ馬入手のチャンスだよ」

今月も市が立ったか。
街をぶらぶらと歩けば、やけに家畜臭い...

>「ボクは馬だが、キミたちは徒歩だ。
>ボクが主、キミたちが従。」

ふと脳裏によぎった依頼主の言葉。
あの高みから見下ろす感じ、悪くない。
そんなことを思いながら、馬つなぎにつながれている数頭を眺め歩けば、そのうちの一頭となぜか目が合う。
艶のある黒毛、鬣の中ほどに一房白い部分があり、俺と同じように左の耳に鍵裂きが見える。

「店主殿、こいつを譲っていただけぬか。」

店主を呼び、馬の首筋をポンポンと叩く。

-----
買い付けたばかりの馬を引き、市を通り抜けようとすると、一角から大きな歓声が聞こえる。

>「最後…ッ!」

聞き覚えのある声と、見覚えのある褐色の肌。
馬上で矢を放ったのは、ハトハのようだ。
見事に的の中央に矢が吸い込まれるのが見える。

「よぉ、ハトハ。
海の上に馬の上、不安定な場所が得意のようでござるな?」

馬を返して馬場から出てくるハトハに、声をかける。

-PLより-
ニカさん、お祭り投下ありがとうございます!

わはは、馬飼っちゃう、5,000ガメルで乗用馬。
描写の通りの黒毛、左耳に傷があって鬣にメッシュ入り(中二)

タイトルぼろ儲けなるか
記事No11412
投稿日: 2015/04/10(Fri) 19:04:41
投稿者マリア
何とはなしに市へ出てみた。
先立つものがまるでないのだけれど。
それでも、こういった明るい雰囲気の場所に出て気分よくなりたかったのだ。

>「掛け金はこちらにお願いしまーす」

いろいろと回って気分よくなっていたところに、そんな声が聞こえてきた。競馬をやっているのだという。
掛け金は一口30ガメル。手持ちは50ガメル。

運が良ければ、何倍にもなる。

「せっかくだから、勝負にでてみようか……」

しばし悩む。しかし、こういうこと場合、悩んでも結局やってしまうのが私の性分だ。
気がつけば購入。そして、見事に負け。

哀れ、私の軽い軽い財布はよりいっそう軽やかになり、宙に舞うのではないかというほどになりつつある。
「今日からさらに倹約生活か……ひもじいなあ」

市でいい気分になったのもつかの間、重い足取りで私は市を去ることになった。
__________________________
PLより

めでたくすりました。残金は20ガメルに。無念ナリ。

トシ : 競馬に挑戦 2D6 → 4 + 5 = 9 (04/10-18:42:13)

タイトル故郷へ
記事No11413
投稿日: 2015/04/11(Sat) 02:15:03
投稿者エーリアン
「馬!うま!ウマ!
 どっち向いても馬ばかりだ、今日は馬まつりってか?」

人々が行き交う路上で、ぼんやりと林檎をかじりながらあたりを見回す。

馬具店や公益店、競馬もあれば流鏑馬と来た。
尤も、競馬についてはノーコメントだが。

実際、競馬場の前で客の様子を見ていると
叫び声やら、泣き声やらで実に賑わっている。

「春だからって、浮かれ過ぎじゃねぇの〜?
 見てるだけで金が儲かるなんてウマい話はないぜ」

「ウマだけにな!」

恒例のギャグを誰も聞いちゃいないが、とりあえず言っておく。

「さって、観察は終わりだ
 油売ってると、間に合わなくなっちまう!」

かじりついていた林檎をゴミ箱に放り込み、
再び人混みをかき分け進んでいく。
そして、目当てのキャラバンを見つけ出した。

「よぉ、あんたら届け物をしてくれるって聞いたんだが」

>「届けたいものがあるって?東方語が通じる範囲なら届けられるよ」

この祭りで配達を請け負ってくれるキャラバンが居ると聞いた俺は
ある場所へ配達を頼めないかと交渉をする為にやってきたのだ。

「ああ、エレミアなんだけどよ。
 エレミアの…ああ…そうだ、グリムライト孤児院だ、ちっさいとこだよ」

俺がずっと過ごした孤児院。
恩知らずにも飛び出しちまったのは、少しだけ反省している。
だが、後悔はしちゃいない。外にでるという決断は間違ってなかった。

「で、荷物なんだが…学習書6冊と…絵本を2冊
 後は…現金で300ガメルだ。まぁ、仕送りみたいなもんだよ
 昔世話になったとこでさ…あっ、送り主の名前居るか?」

唐突だが、「エーリアン」という名前は偽名だ。
本当の名前は、グリムライト孤児院でつけてもらった。
だが、正直なことを言うとあまり自分の名前が好きじゃない。
付けられた名前が大層なもんで、それでよく笑われたからだ。

俺はただの一般市民で、物語の英雄じゃねぇってのにな。

「うん、名前はいいのか?
 そいつは重畳、ありがたい話だぜ
 ついでに荷物の送り先も黙っててくれ、バレたら迎えに来そうだからな
 でもって、すんげー叱られる!へへへっ」

配達人と軽い談笑を交わしながら、故郷を思い出す。
 
今の俺は大した金も持ってねぇが
冒険者として成功すれば、錦を担いでエレミアに帰るつもりだ。
世話になった孤児院を立派にしてやりたい、チビどもに、色んな話を聞かせられるしな。

「そいじゃあ、任せたぜ
 大食らいのロクデナシからの最初のプレゼントだ」

契約書に簡潔なサインを施して、荷物を受け渡しその場を離れた。

ーーーーーーーー

「あーまた財布が軽くなっちまった…
 特に予定入ってないし、祭りをモチっと眺めますかねぇ」
 
ボケーッと春らしく間の抜けた顔で辺りを見回すと見知った顔が見えた。

「おっ、ありゃあ…ハトハか!
 流鏑馬なんかやってらぁ、お手並み拝見と行くか」

外したら茶化してやろう。
そんないたずら心を胸に秘めて注目する。

タン!

タン!

タン!

「…上手い!
 こりゃ俺も負けてられねぇぜ!」
 
金欠だというのに、魂に火がついた!
こうなった俺は誰にも止めることができない、と自称する。

>「俺の馬は少し荒っぽいぜ!振り払われないように気を付けな!」

息巻くいかつい男に威勢よく言い放つ。

「仮に落ちても平気なくらいタフだから心配無用だぜ!」

出場代金を支払い、競技用の弓を手渡される。
馬に乗るのは初めてじゃないが、少し緊張してきたぜ…。
が、申し込んだ以上やるしかねぇ!

「行くぜ!」

合図により馬は勢い良く走りだす!

…勢いが良すぎる!

「うぉぉぉぉぉぉぉ!ちょっ!ちょっとまてぇぇぇ!!」

あまりの早さに一つ目の的を素通りしてしまう。
少しスピードを収めるよう促したが、全く聞く耳を持たない!

「なんの!でりゃぁ!」

すさまじい衝撃に揺さぶられながらもかろうじて矢を放つ。
快音は響かないものの、かろうじて当たったことが音で分かった。

「はっはー!やったぜ!」

調子に乗って声を上げたのがまずかったのか。
馬はさらに猛々しい動きをする!

「野郎!俺を落とす気か!
 ぜってぇ振り落とされねぇぞ!ぐぬぬぬぬ!」

力いっぱいしがみつき、猛烈な揺れを必死で耐えしのぐ。
もはや、流鏑馬どころではなかった。
何故、俺はロデオをしているんだ。
ぐるぐる回る視界の中でふとそんなことを思った。

そして、ゴール。
馬は動きを止め、俺は馬上から軽やかに降り立った。

「馬公…俺を振り落とすにはまだまだだったな
 また来年来な…フッ」

どこか悔しげな馬を背にする。

……

「えっ、俺何ももらえないの!?
 的当たったじゃん!当たりが悪い?
 じゃあ…ロデオ賞とか…無い?そうか…」

冷静に終わってみれば散々な結果に終わってしまった。
非常にがっくりとした表情で人混みに戻ろうとすると視界に黒い立派な馬が入る。

馬のことは分からないが、毛並みも整ってていい馬だ。
しかし、何故かこの馬を見ているとどこか出会ったような気がしてくる。
何故だ、俺は馬の知り合いは居ないはずだが。

「…何かこの馬アウゴに似てるな」

何となく、そう口走ったその瞬間。
バッタリと本人に出くわした、ハトハも一緒にいるようだ。

少し照れくさそうにしながらも挨拶をする。

「よっ、よぉ!
 いやー見てたぜ、ハトハ弓上手いんだな!
 あっ?俺!?いや俺はだなぁ…アレはそのなんだ…
 俺は実戦で輝くタイプなんだ!うん!」
 
苦しい言い訳をしながらも、黒い馬に視線をやる。

「俺の話よりだっ!この馬ってもしかしてアウゴのか?
 馬売ってるとこは見たが、知り合いで買う奴がいるとは…リッチマンだな」
 
「ところで、名前とかあるのか?」

=======================
PL・お祭りに乗り込む!(無残)

300ガメルを孤児院に郵送。
郵送代込みで315ガメル消費

地味に苗字がバレる。

流鏑馬に挑戦 10ガメル消費

やぶさめー 制御 2d6+4 Dice:2D6[3,2]+4=9
その2 2d6+4 Dice:2D6[3,6]+4=13
その3 2d6+4 Dice:2D6[1,2]+4=7

制御回数 1 

弓で 1回狙う 2d6+5 Dice:2D6[6,2]+5=13

結果 13点 景品なし!

エーリアン…!美味しいじゃないか!
くっくやしくなんかないしー(

アウゴとハトハに話しかけてみる。
ご飯でも食べましょうか(*‘ω‘ *)

タイトルRe: 4月の祭りと市場の風景
記事No11417
投稿日: 2015/04/18(Sat) 06:18:37
投稿者レイト

「‥‥(流鏑馬、か。弓は使ったことないけど‥)」

「俺の馬は少し荒っぽいぜ!振り払われないように気を付けな!」

「‥(あんな挑発的な態度だと、ね)」

無言でお金を払い。軽く弦を引いて感触を確かめる。

「‥うん、何とか‥」

苦労して鞍に跨り(結局、係りの人に手伝ってもらった)、いつもよりもずいぶんと高い視点。

「‥ちっちゃいわけじゃ、ないよ‥?」

誰にでもなく言い訳めいたことを言って馬の腹を蹴る。

これまでに経験したことのない速度と風を感じながら、天性の感覚で馬を操り、まずは一矢。
カン、と高い音を立てたのを聞き流しながら、矢を放った反動で逆に体勢を整え二矢。
引き手の握力が尽きてきたのか、狙いを十分につけられないまま放ってしまう。
コン、という堅い音が聞こえたのに安堵の息を漏らしつつ、視線は最後の的へ。
慣れない馬上であるはずなのに、なぜかしっくりくる感触。
風を切りながらまたも狙いは不十分なまま矢を放ってしまう。
先ほどの矢と同様にコン、と堅い音を立てて刺さる矢を見て手綱を引き、馬の速度を落とす。

「‥初めて、だけど‥中々楽しかった‥」

満足気に笑みを浮かべながら、少女は賞品を受け取り。
彼女の"日常"へと戻って行った。

――――――――――――

PLこるべっと
初めて動かすのでまだ不安定なレイトちゃんw
ダイスに助けられて中々の成績をば。石製の馬げっとなのです。

絡まれたら喜びます(PLが)

【 投稿者修正】

タイトル腕試し
記事No11418
投稿日: 2015/04/18(Sat) 17:12:22
投稿者ドロッセル
参照先http://bbs.swordworldweb.net/pc-list/read.cgi?no=546
祭りをやってると聞いてきてみたけれど、こんなに馬ばっかりなんて聞かなかったなぁ

さすがに馬を買えるような身分じゃない
まあ、似たような人も多いし場違いではない、と思いたい


しばらく歩いてると面白いものを見つけた
馬の上から、弓を競うみたい
弓なら、挑戦しようか

> 「俺の馬は少し荒っぽいぜ!振り払われないように気を付けな!」

「馬にはあまり乗ったことがないのだけど」

いろんな人を背に乗せているはずなのにまだまだ元気がありふれてる

「お手柔らかに、ね」


そんなこと言ったのが気に入らなかったのか最初の的までには体勢を整えさせてもらえなかった

かと言って、その後上手くいったかと言うとそうでもないのがね…
動きながらって難しい

「もっと練習しないと」
----------------------------
PL:shokora
お祭り初参加
流鏑馬挑戦です
10ガメル消費
16:40:13 shokora@ドロッセル お祭りの流鏑馬挑戦!
16:40:51 shokora@ドロッセル 一回目 2d6+3+1 Dice:2D6[2,1]+3+1=7
16:41:36 shokora@ドロッセル 二回目 2d6+3+1 Dice:2D6[4,2]+3+1=10
16:42:05 shokora@ドロッセル 三回目 2d6+3+1 Dice:2D6[4,3]+3+1=11
16:42:19 shokora@ドロッセル えと…二回、か
16:42:54 shokora@ドロッセル 2d6+1+3 Dice:2D6[2,3]+1+3=9
16:43:15 shokora@ドロッセル 2d6+1+3 Dice:2D6[3,1]+1+3=8

・達成値が15以上:[木製の馬のフィギュア]をプレゼント

フィギュア握りしめつつぶらぶらと、ですかね

タイトルギャンブルジャンキーのうままつり
記事No11422
投稿日: 2015/04/19(Sun) 00:27:46
投稿者ミル・モフェット
参照先http://bbs.swordworldweb.net/pc-list/read.cgi?no=198
ようやっと寒さも抜けてきたオランの街

今日はお祭りってなもんで、ラフな恰好でぶらつくことにした。


なんでも馬の競りがでっかくなった催しだそうで、こうなるとがぜん、競馬やらなんやらが楽しめる予感がする

つーても、去年はその競馬で全財産スったんやけどな……はは



「やぶさめ?」

振り落とされないようにしなよ、てな説明を受けながら、矢を三本渡される

おお、荒ぶっとる荒ぶっとる……これに乗れってか?

「おし、ちょぃと背ぇ借りるで」

目つきの悪い栗毛にまたがって、矢羽根をぺろりと軽くなめる
乗馬経験は、まあ、あるっちゃあるけど、前回戦闘で乗ったんは天馬やったしなあ……

これも体験しておいて損のあるもんでもあるまい

カッ、と踵で栗毛の腹を叩いて出撃

「うぉ! と……!」

暴れまくる栗毛にあやうくほんまに振り落とされかけたけど、なんとか持ち直して矢をつがえる

的は……あかん、最初のはいまので通り過ぎてもた

「よっぴいて……」

両腿で馬体をグリップしながら、狙いを付けて

「ひょうと放つ、と」

とと、慣れへんことは、うまくいかんもんやね
当てただけ、て感じか


「あんがと」

馬を降りて、栗毛に礼を言ってたら、参加賞がもらえた
馬の置物、かぁ
部屋の机にでも飾っておくかね

「んじゃな、シルバー」

一期一会の愛馬に別れを告げ、今日の本番に向かうことに



「ひゃっくち」

この日のためにとばかりに溜め込んだ金貨をじゃらりと受付の前に広げて馬券を買う

ペンを耳に挟んだままパドックをよう見て、羊皮紙にチェックを入れていく
正しい馬券買いのスタイルやね

「うーん……この牝馬ええな
 あとは流しで……でもやっぱ大穴はがっつりいっとかんと……」

念入りな馬券買い
投資金額も今回は大きいからなぁ
一発勝負やないから、純粋に長丁場のギャンブルを楽しむことにしよう
流してみたり、大穴押さえたり

買うだけ買うて、わくわくどきどきしながら、リサの店で買うた赤ワインを飲みつつ、出走を待つ


「いっけぇぇぇぇぇぇ!!」
「うわぁぁぁぁぁぁぁ!!」
「おっしゃぁぁぁぁぁ!!」
「ぎゃぁぁぁぁぁぁぁ!!」
「ひゃっはぁぁぁぁぁ!!」


んで、結果としては……

「ウチ……馬券あんまうまくないなぁ」

大穴ばっか狙ったせいで、それそのものは確率的にいけばけっこう当たったんやけど、トータルやとけっこうなマイナス

んまあ、すってんてん、てわけやなし、ええかな
楽しめたし、ね



当たり馬券の換金を終えて、勝負を終えた疲労感と、負けたにもかかわらず感じる達成感を共に身にまといながら、ウチは通りに出て春物なんかを買って、最後はミラルゴから来たってぇ食事処にて、珍しい馬乳酒を注文してみた

「ふーん……初めて飲むなあ」

口当たりは……ん!
これんまい!

「おっちゃーん、これカメで持ってきてくれへん?
 あと、肉料理適当に見繕って」

先ほどまで乗り、賭けた馬
最後はその肉をかっくらって乳を飲み、馬まみれの一日
酒は……まあ発酵物やし、有る程度保存はきくやろうから、家呑み用にも持って帰ろう

女らしゅう着物なんかも買えたし、やっぱしお金あるってのはええね

あ、でもハンスとエリーにまだ金返してないや
遊びに来てへんかな

度数の低い酒でええかんじに酔っぱらって、葉巻をふかして
結局最後はいつもの祭り、か

あはは


--------------------------------------------------------

ひゃっはー、競馬だー!
じゃらっとダイス、気分はT&Tだー!

大穴の的中率は平均より上ですが 平均2.77に対して4ならまあ、いいほうかも
うーん、6,5の目がもうちょっと逆に来てたらなあ……
思ったほどの大負けではなかったです


消費
やぶさめ参加費 10ガメル
馬券 3000ガメル
羊皮紙 1 枚
バニラ葉巻 1本

レモン水 1ガメル

毛織物のストール 60ガメル
麻のフード付きマント イニシャル付き 50ガメル
フェルトマフラー 50ガメル

馬肉のシチュー 1皿 ガメル
馬の炙り肉 3本 3ガメル
馬の挽肉焼き 1皿 3ガメル
馬乳酒 1瓶(50杯くらいで) 50ガメル 40杯ぶん持ち帰り

支出合計 3228ガメル

ゲット
石製の馬のフィギュア

ベージュと赤の毛織物のストール
麻のフード付きマント 「Mill」の文字付き
紅茶色のフェルトマフラー

馬券
300  ×4
90  ×2
60  ×5
45  ×6
外れ ×83

賞金
300×4=1200
90 ×2=180
60 ×5=300
45 ×6=270

合計 1950ガメル

収支差し引き 1278ガメル


ダイス
いあ : やぶさめ 1回目 2D6 → 2 + 1 + (5) = 8 (04/18-22:23:13)
いあ : 2D6 → 3 + 4 + (5) = 12 (04/18-22:23:15)
いあ : 2D6 → 4 + 4 + (5) = 13 (04/18-22:23:16)

いあ : 射撃2 2D6 → 2 + 4 + (6) = 12 (04/18-22:26:59)
いあ : 射撃2 2D6 → 2 + 3 + (6) = 11 (04/18-22:26:55)

競馬 ダイスチャット 2にて

22:41:14 いあ 馬券100口 いきまーす
22:41:25 いあ 200d6 Dice:個数の上限は100です。
22:41:50 いあ 100ずつだった…… 50口を2回いきます
22:42:10 いあ 100d6 Dice:100D6[2,5,6,4,4,1,4,2,1,1,4,2,2,5,5,5,1,5,1,5,1,6,2,5,6,3,4,5,6,1,3,1,3,5,4,1,6,3,6,5,6,6,4,2,6,3,6,2,2,3,3,1,2,2,2,6,6,5,6,5,4,5,6,1,4,4,3,4,2,2,3,4,6,5,4,6,6,5,2,4,2,3,1,6,1,4,3,4,3,1,6,6,3,6,6,5,6,5,5,3]=378

22:42:04 いあ 100d6 Dice:100D6[5,4,4,2,5,4,2,5,6,3,4,5,4,2,2,3,5,6,1,1,3,1,2,6,2,1,5,5,1,6,3,6,3,5,6,5,4,1,2,6,4,6,4,3,5,4,3,4,1,6,5,6,5,4,1,6,6,5,2,5,4,1,1,1,1,1,4,5,4,5,6,2,4,1,5,1,6,5,3,4,4,3,5,6,5,6,2,6,4,1,2,2,2,1,6,1,5,6,6,3]=371

出目整理
2,5(×) 6,4(×) 4,1(×) 4,2(×) 1,1(大穴 300) 4,2(×)
2,5(×) 5,5(当たり 45) 1,5(×) 1,5(×) 1,6(×) 2,5(×)
6,3(×) 4,5(×) 6,1(×) 3,1(×) 3,5(×) 4,1(×) 6,3(×)
6,5(×) 6,6(大当たり 90) 4,2(×) 6,3(×) 6,2(×) 2,3(×)
3,1(×) 2,2(当たり 45) 2,6(×) 6,5(×) 6,5(×) 4,5(×)
6,1(×) 4,4(当たり 45) 3,4(×) 2,2(当たり 45) 3,4(×) 6,5(×) 4,6(×) 6,5(×) 2,4(×) 2,3(×) 1,6(×) 1,4(×) 3,4(×) 3,1(×) 6,6(大当たり 90) 3,6(×) 6,5(×) 6,5(×) 5,3(×)

5,4(×) 4,2(×) 5,4(×) 2,5(×) 6,3(×) 4,5(×) 4,2(×)
2,3(×) 5,6(当たり 60) 1,1(大穴 300) 3,1(×) 2,6(×)
2,1(×) 5,5(当たり 45) 1,6(×) 3,6(×) 3,5(×) 6,5(×)
4,1(×) 2,6(×) 4,6(×) 4,3(×) 5,4(×) 3,4(×) 1,6(×)
5,6(当たり 60) 5,4(×) 1,6(×) 6,5(×) 2,5(×) 4,1(×)
1,1(大穴 300) 1,1(大穴 300) 4,5(×) 4,5(×) 6,2(×) 4,1(×)
5,1(×) 6,5(×) 3,4(×) 4,3(×) 5,6(当たり 60) 5,6(当たり 60)
2,6(×) 4,1(×) 2,2(当たり 45) 2,1(×) 6,1(×) 5,6(当たり 60)
6,3(×)

【 投稿者修正】

タイトル馬馬鹿
記事No11425
投稿日: 2015/04/19(Sun) 01:39:22
投稿者アウゴ < >
ハトハから遅れることしばし、馬場をひたすら跳ね回る馬と...馬上のエーリアン。
相変わらず、いざという時以外はピリッとしない奴だな。
ハトハと笑いながら、その様子を眺める。

>「…何かこの馬アウゴに似てるな」

いつの間に馬場から出て来たのか、我が愛馬の後ろからエーリアンの声がする。

>「よっ、よぉ!
>〜
> 俺は実戦で輝くタイプなんだ!うん!」

「見ていたでござるよ。
アレを流鏑馬とは呼ばぬであろうがな?
ハトハに少し習ってはどうだ。」

>「俺の話よりだっ!この馬ってもしかしてアウゴのか?
> 馬売ってるとこは見たが、知り合いで買う奴がいるとは…リッチマンだな」
>「ところで、名前とかあるのか?」

慌てて話をすりかえるエーリアン。
こちらも買ったばかりのこいつのことになれば、そこはなんとなく気分よく。

「なに、お主らほど身の回りの品に金がかからぬ故な。
名は、『クロ』でござる。
古の言葉で、日暮れを意味するでござる。
あまり深くは考えなかったのだが、気に入ってくれたようでな。
なぁ、クロ」

そう声を掛けながら、首筋を軽くたたけば、ブルルっと小さく息を吐き長い鼻を摺り寄せてくる。
うっとりと鬣をなでる俺の視界に、すでにハトハもエーリアンも映ってはいない...

-PLより-
親馬鹿です。

タイトルリベンジですわよ
記事No11429
投稿日: 2015/04/20(Mon) 06:03:54
投稿者バーラー
久しぶりのお祭りですわ
依頼で忙しかったので、これませんでしたわね


馬に乗って矢をいる競技ですわね
以前は木製の馬のフィギュアでしたわ
今度はどうかしら

「一度だけ、お願いしますわ」

お店の方にお金を支払い、馬に顔を摺り寄せましたわ

「お願いします、いっしょにがんばりますわよ」

わたくしは馬にまたがり、的へと向かいましたわ

馬の動きはとても安定していますわね
これならば、いけるかもしれませんわ

わたくしは、次々に的へと矢を放ちましたわ

最後以外はほぼ真ん中かしら

わたくしは、馬をおり顔を摺り寄せ、頭をなでましたわ

「ありがとう、貴方のおかげでうまくいきましたわ」

お店の方から商品を受け取りましたわ

「綺麗な馬ですわね、ありがとう」

素敵な馬のフィギュアですわ

----------------------------------------------
PL コレステロール満載

いつも、お祭りありがとうございます。
時間が無いので、あまり参加できずすみません。

05:50:00 コレステロール満載@バーラー ≫ 制御 2d6+3+3 <Dice:2D6[1,5]+3+3=12>
05:50:12 コレステロール満載@バーラー ≫ 制御 2d6+3+3 <Dice:2D6[1,4]+3+3=11>
05:50:23 コレステロール満載@バーラー ≫ 制御 2d6+3+3 <Dice:2D6[4,2]+3+3=12>
05:51:50 コレステロール満載@バーラー ≫ 的 2d6+4+4 <Dice:2D6[6,5]+4+4=19>
05:51:54 コレステロール満載@バーラー ≫ 的 2d6+4+4 <Dice:2D6[4,5]+4+4=17>
05:51:57 コレステロール満載@バーラー ≫ 的 2d6+4+4 <Dice:2D6[1,3]+4+4=12>

消費 10G
獲得 精巧な馬のフィギュア (達成値48)

タイトル遅ればせの賭け野郎
記事No11439
投稿日: 2015/05/07(Thu) 23:58:08
投稿者ティノ
何の縁か?
 
ミラルゴに行って帰ってきたらミラルゴ市をやってるとはねぇ。
自分の出身地でしかもこないだまでいた場所だ。色々ケチも付けたくなるが、まあそりゃ無粋ってもんか。

楽しもうじゃねぇか、祭りをよ。


「馬券!10枚だ!」





「ちげーし!食いが悪そうな奴らばっかだから恵んでやったんだし!」

ハズレ馬券はポイーで。
バサァバサァ。うん、綺麗な紙吹雪。

>「ウチ……馬券あんまうまくないなぁ」

>「今日からさらに倹約生活か……ひもじいなあ」

>「あっ、バカ野郎、そうじゃねえよ、ギャアアア!」

何か皆も調子良さそうじゃねぇなぁ。


◆     ◆     ◆     ◆     ◆

PL:

どうやって絡もうか絡もうか考えていたら5月になっていた。あると思います(
競馬にドカーン!マイナス195Gです!

23:49:39 zeno@ティノ 6.5と5.5で105G戻ってきたか…
23:43:42 zeno@ティノ 掛け! 20d6 Dice:20D6[5,1,3,5,2,1,6,1,2,6,6,5,1,5,5,5,1,3,6,1]=70

300G消費 105G入手