[リストへもどる]
一括表示
タイトル通りを眺める(7/3昼 大通り)
記事No11143
投稿日: 2014/07/03(Thu) 12:57:28
投稿者ミハイ
参照先http://bbs.swordworldweb.net/pc-list/read.cgi?no=529

「男」

ホイ当たり。右に銀貨1枚。
ゴツイやつだな。関わりたくねえ。

「男」

チッ、おばちゃんか。
ロスト。
安売りで超パワーを発揮しそうだ。
意外と隙がねえんだよな。


「女」

う、ねえちゃんだ。
ロスト。
人間が好きそうなねえちゃんだ。
オイラは興味ねえけど。


・・・。


退屈な時は、勘を鈍らせねえため、と称して道端で次に来るやつの性別当てに興じることがある。
人間観察にもなって、なかなかいいんだぜ、これ。
カモっぽいのがいりゃあ、スリもできるしな。

木陰に座り込んで銀貨を10枚、前に置いて遊ぶ。

当たれば右に置いて、外れれば左に置く。
10枚全部がどっちかに置かれたら終了だ。
・・・明らかなカモがいりゃあ、中断するけどな。



「よし、次こそ男だ」


大通りを来るやつを、じっと待つ。




------------
PL@たいまん:
うさんくさい遊びに興じるぐららんでした。

タイトル性別不明、種族不明、動機不明
記事No11147
投稿日: 2014/07/05(Sat) 18:06:18
投稿者ローニ

 ウサギの着ぐるみを着て外を歩いている。

 違うのだ。趣味ではない。
 朝起きたら服がみんなカビまみれになっていた。
 ちなみに寝ているときは下着だけだった。
 道具入れをあさった所、無事だったのはおととしの精霊祭で謎の男から渡されたこの仮装衣装だけだったのだ。

 ……まずは洗濯にいかねばならぬ……
 裸ではうろつけぬ……着るしかないのか……

 ここで問題が起きた。これは顔が隠せぬ。
 犯行を行うにあたっては身元は隠したい。


 チェインコイフを後ろ前逆に被ることで解決した。


 こうして、それがしは旅立ったのであった……

 むう……道端でグラスランナーがめっちゃ見ておる……
 じっと待ってこちらを見ておる……何がしたいのだ……
_____________________________
pl:
ブライトです。お久しぶりです。
たいまんさん新キャラデビューおめでとうございます。

何か急に頭が変になったので昔の日常でした変な格好をして外を出歩きますね。(以下参照)
http://bbs.swordworldweb.net/nichijou/wforum.cgi?mode=allread&no=9894#9909

何故か、りんさんからこの格好の絵を描いてもらいました。
http://f.st-hatena.com/images/fotolife/b/brightandzaren/20121227/ ..... 202408.jpg
今回はチェインコイフ(鎖頭巾)を前後逆さまに被ることによって顔を隠していますが、ヒゲだけははみ出ています。

タイトル技能の有効活用
記事No11153
投稿日: 2014/07/07(Mon) 11:23:06
投稿者ハトハ
ウサギの着ぐるみを着て外を歩いている人を尾行している。

趣味だ。



…………嘘だ。そんな趣味なんてない。
と言うか、うさぎの着ぐるみを着ている人なんてそもそもあんまりいない。

あんまりと言うか、これが私がオランに来てから初めての事だ。
うっかり後をつけたくなっても仕方がないだろうと思う。

その証拠に、さっきからそのうさぎの着ぐるみは注目の的だ。
主に子供や子供や子供や子ど……

ん?あれは子供に見えるけど、実は凄く年上のミハイじゃないだろうか。


――――――――――――――――――――――――
PL柑橘より

だって気になるんだもん!
と言うわけで、怪しいうさぎの着ぐるみを尾行してみました(*´∀`)

ハトハ : うさぎを尾行 2D6 → 6 + 5 + (5) = 16

これは気づかれない(`・ω・´)

タイトルUMA
記事No11161
投稿日: 2014/07/07(Mon) 16:35:16
投稿者ミハイ
参照先http://bbs.swordworldweb.net/pc-list/read.cgi?no=529

ああ、オイラは知ってるぜ。
ああいうのはUMAってんだ。
ウマじゃねえよ、ユーマ、だ。


「髭あんじゃねえか。
 男。
 当ったりィ」


銀貨を一枚右に寄せてたら、謎の兎の後ろを、でけえハトハが尾行してやがるのが目に入る。
どういう構図だよ、これ。


「・・・ああ、次の賭け、やってなかった」


しょうがねえ、ハトハをはさんじまったけど、次は女にすっか。


なんか目が合ったような気がしたから、ひらひらと手を振っておいた。
あのガタイでよくバレねえな。
感心するぜ。

タイトルUMA? いいえ、ケフィ(ry
記事No11265
投稿日: 2014/08/15(Fri) 22:56:44
投稿者バルカ
参照先http://bbs.swordworldweb.net/pc-list/read.cgi?mode=view&no=395
 狐のヒゲと私の髭が、辺りの空気に漂う何かを受信した。

 UMA! ──美味(うま)?!
 それは、美味しいものを口に含んだ時の叫びだ。
 でもあれは ウ サ 、即ちUSA!!

 かく言う私は、少し前のお祭りで手に入れた狐フード付きのマントを羽織って
お出かけ中で、その私の目は、巨大なヒゲウサギを見かけたのだった。

“USA! あれすごい生き物ですね”
 ウサギに視線を送っていたグラスランナーに、ちらと視線を向け、私は道を急いだ。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
バルカ@魔音より
 うひひ。ちらっとお邪魔してみるテスト 三癶( 癶*・ω・)癶

【 投稿者修正】

タイトル「うさぎさーん!」
記事No11267
投稿日: 2014/08/15(Fri) 23:18:57
投稿者シェフィーリア
参照先http://bbs.swordworldweb.net/pc-list/read.cgi?no=481
お散歩してたら、うさぎのきぐるみさんが歩いてた。
大地を蹴って、思わず抱き着く。

……あ、なんか見覚えあるような気がする。
ええと、ええと。
だれだっけ。

そうだ、確か、精霊祭で。

あ、そうそう。一緒にお月見もした!

「ガラフさんだ!」

そうだよね、って顔を覗き込む。あれ違うっけ? あれぇ?

「シェフィーリアだよ、うさぎさんでどうしたの?」

お耳をなでなでしながら、そう問いかける。

――――
PL@りん;

実はだいぶ昔に、割とガチでガラフとローニを間違えてまして。
しょうさんに笑いながら突っ込まれた記憶がございます。
なお、間違えたのはPLです(

それを受けまして、ふと、「せっかくエルフの森で育ったハーフエルフである」ということから、
ドワーフ間違いをしてみました。
なおテッピンさんの許可は得ています。

23:16:08 テッピン@携帯 いいんじゃないでしょうか。ガラフもオートが女の心を持っていると勘違いしたままですし(笑)

ほら! ほら!!

ブライトさんは訂正してもいいし訂正しなくてもいい(真顔

タイトル見習いたい……?
記事No11280
投稿日: 2014/08/21(Thu) 21:17:23
投稿者ハトハ
兎の着ぐるみを来た人を尾行していたら、今度は狐耳のオッサンがいた。

………どういう事だろう。いつからオランは魑魅魍魎が跋扈する異世界になってしまったのか。

いや、ただ単に偶々狐耳のフードを被った人がいただけだけど。うん。


>「ガラフさんだ!」

狐のオッサンに気をとられていたら、今度は兎の方で動きがあった。
兎に抱きついている女の子がいる。

「………シェフィ?」

え、知り合いなの?その兎と?

>「シェフィーリアだよ、うさぎさんでどうしたの?」

しかも、かなり親しいらしく遠慮なくその耳を撫でている。

私は意味もなく、シェフィを尊敬しそうになった。


――――――――――――――――――――――――
PL柑橘より
見ーてーるーだーけー(笑)

タイトル髭ウサギは混乱している
記事No11282
投稿日: 2014/08/25(Mon) 21:44:07
投稿者ローニ
参照先http://bbs.swordworldweb.net/pc-list/read.cgi?no=471
「そ、わ、ワタシはガラフでは……
 いや、ガラフでも問題ないのか?!」

 ガラフ??
 聞き覚えがあるが……
 ガラフと言う人物はこんな格好をしているのか??

 というかこのノリと声は知っている。
 とても悶絶した記憶がある。

「三十六計逃げるに如かずッ」

 全力移動! 接敵離脱!

______________________________
PL:
そういえばガラフとは面識がない!
まあ名前くらいは知っててもおかしくないか……

悶絶した記憶→精霊祭の記憶。

タイトルさあ、どっち?
記事No11284
投稿日: 2014/08/25(Mon) 21:53:03
投稿者ミル・モフェット < >
参照先http://bbs.swordworldweb.net/pc-list/read.cgi?no=198

大通りで散歩してたら、でっかいうさぎと、それについていく一団があった

……なんやねんな、ありゃ

懐が寂しく、葉巻もないまま鼻歌交じりに歩いてると、こないだの新入り−ミハイが、じっと通りを眺めては、銀貨をちゃりんちゃりんと入れ物に放り込んでる

「よ、ミハイ」

のっぽのウチの影は、ちっちゃなミハイの姿に比していかさま大きい

「んで、その賭け、ウチのは当たったか?」

隣に腰掛け、夏の空を見上げる
のんきだねぇ