[18] お昼御飯(9月上旬 正午 公園)

投稿者: アリシア・リッジウェイ
http://bbs.swordworldweb.net/bbs2.5/pc-list2.5/patio.cgi?read=20amp;ukey=1

「おっなかっが空いたっな、にゃっしっしー♪」

 やっほー。てけてけ歩きながら、お腹が空いたソングを歌っているアリシアさんだよ。
 あ、勿論、周りの人達の迷惑にならないような声量で歌っているよ。私は、どんな時でも気を使える素敵なお姉さんだからね! にしし。

 んー、それにしても困ったね。これは全くの予想外な出来事だよ。歌っていたら、更にお腹が空いてきちゃった! なんて予想外なんだー。うーん、これは今すぐご飯を食べないと、いつかのアラン君のように行き倒れてしまうかもしれないね。
 いやー、あの時は私が秘蔵の保存食を取り出さなければ、本当に危ない場面だったよ。まぁ、『青春だよアラン君! あの夕日に向かって走ろう!』って晩御飯前に引っ張りだした私が悪いんだけどね! 
 そう、太陽は近づこうとすると大変なことになるんだよ。何かのおとぎ話にあるようにね。――うん、異論は認めようっ。

 それはそれとして、今はお昼御飯だよ。どこにいこうかなぁ。
 
 やや? 美味しそうなサンドイッチ屋さんを発見! よし決めた。今日はサンドイッチを買って、公園で食べることにしようそうしよう。
 
 という訳で、卵のサンドイッチとスモークチキンのサンドイッチを買って、あと飲み物も調達して公園に向かいます。今日は、あのモフモフしたモフモフと遭遇出来るかなぁ。

「いったっだっきまーす」

 ベンチに座って、卵のサンドイッチを頬張ります。

 はむ、はぐはぐ、はむむ。

「もぐぐ、はむはむ。――もむむ? はむ!」

――うん。美味であるっ、だね。

「にゃしし、余は満足だよー。サンドイッチ屋、褒めてとらす!」

 これはスモークチキンのほうにも期待が持てるというものだね。にしし、美味しく頂いちゃうよー。

 公園でサンドイッチに舌鼓。うん、優雅な午後の始まりっていう感じがして、凄くナイスでグッドだね。アラン君にも食べさせてあげたいなぁ。

――――――――――――――――――――――――――――――― 
PLより

 アラン君、また倒れる、もとい、アリシアさんのお昼御飯、の巻き であります。

 公園でもぐもぐしていますので、興味のある方は是非、絡みに来てくださいな〜。もぐぐ。

- WebForum -